• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ネイルシールならデザインを選ぶだけ!簡単に爪をおしゃれにしよう

Date:2014.01.25

キレイな爪やおしゃれなネイルは女性の心をアゲてくれますよね。今では爪や手元をケアするアイテムがたくさんあり、マニキュアやジェルネイル、つけ爪などネイルアートを楽しめる方法も増えてきました。

そして今もなおネイルアートの方法は進化しています。現在注目されているのは、ネイルアートがすでに出来上がっているものがシールになったネイルシールというアイテムです。

ネイルシールとは?

ネイルシールはネイルシート、ネイルラップ、ネイルフィルムとも呼ばれ、すでにネイルアートされているシート状のものです。爪のサイズに合った大きさのシールを貼り、余ったシールの部分はヤスリで削るなどして切り落として使用します。

また、ネイルシールの種類によっては、あらかじめ爪のサイズにカットしてから貼った方が良いタイプのものもあります。

デザインはシンプルなものから派手な柄ものまでかなり種類が豊富で、シンプルなタイプのネイルシールなら上からストーンなどを前もって貼るとさらにネイルアートの幅が広がります。

ネイルシールを上手に貼るコツ

マニキュアを使用するときも同じですが、爪みがきで表面をなめらかにしてからネイルシールを貼ると長持ちします。さらに長持ちさせたい場合はネイルシールの上からトップコートを塗りましょう。

また、ネイルシールはお湯につけると簡単に剥がれるのですが、とった後は爪専用のオイルを塗って保湿すると良いでしょう。

どれくらいもつの?お値段は?

筆者は家事などで水を使うことが多いのですが、特に気を遣うことなく過ごしても10日間キレイな状態が保てました。お値段はネイルシールのメーカーや種類によって様々ですが、100円均一のものを除けば500円~2000円くらいのものが多いと思います。

ちなみに筆者が使用したものは1200円くらいのものです。マニキュアのコスパに比べると割高かもしれませんが、ジェルネイルをネイルサロンでしてもらうよりは安いですし、デザインの良さや剥がれにくさから妥当な値段かなと感じました。

ネイルシールを使うメリット

ネイルシールはマニキュアやジェルネイルのように塗って乾かす手間も時間も必要ありません。さらに、マニキュアの独特なニオイもないので小さなお子さんが近くにいても安心して使えます。

家事をしていても剥がれにくいので、おしゃれなネイルを楽しみたいママにも最適なアイテムではないでしょうか。さらに、ジェルネイルよりも爪への負担がかなり少ないので爪が薄くなったり割れる心配がありません。

何より嬉しいのは、短期間でもネイルアートが楽しめることです。ネイルアートがOKの職場でない限り、社会人の女性が派手なネイルアートを普段楽しむのは難しいと思いますが、ネイルシールなら特別な日だけつけるといった使い方も可能です。

なお、シールを爪に貼るととれにくいイメージがありますが、ネイルシールをとる時はお湯につけると簡単にとれます。除光液ではがす手間がないのも嬉しいですね。是非一度お試しください。

この記事をシェアする

関連記事