• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

時間も費用も半分以下!オシャレ女子に話題のネイルシール使ってる?

Date:2013.05.06

爪の先まで気を配るのは、オシャレの基本!でもマニキュアは乾くまでに時間がかかるし、油断すると朝起きたら布団の跡が…なんてこともありますよね。

ジェルネイルはサロンだとお金がかかるし、セルフでも取るときが大変。どちらにしても、利き手のアートがイマイチって事もよくある話。

そんな悩みを一気に解消するのが、爪全体に貼るタイプのネイルシール。おしゃれ女子にはもはや常識となりつつあるネイルシール、もう使っていますか?

ネイルシールってどんなもの?

今までは「ネイルシール」というと「ネイルアートの際に使う飾りのシール」でしたが、ここで話題にするのは「爪全体に貼るマニキュア代わりのシール」です。

シールが爪の形になっており、単色の物もありますが、すでにネイルアートがされているものがほとんど。好みでストーンやシールを足すこともできるので、オリジナルのように楽しめます。

爪に貼る前にアートができるので、利き手のネイルまで完璧なのも嬉しいポイント。平たい普通のシールタイプは「ネイルラップ」や「ネイルフィルム」とも呼ばれ、印刷ならではの細かい柄も楽しめます。

ジェルネイル風のプックリしたシールも人気で、どちらも手だけでなく足の爪でも楽しめます。

どうやって使うの?

平たいネイルラップとジェルネイル風タイプでは使い方が少し違います。

ネイルラップはシールを爪の根元に合わせて張り、根元からしっかり空気を抜き密着させます。爪の先の余ったシールを爪の内側に折り込み、爪やすりで削って切り取るだけ。

慣れれば10分程度でできるようになるそうです。上からトップコートを塗れば持ちもアップしますし、ジェルネイル風トップコートでプックリ感をプラスするのも可愛いです。

ジェルネイル風タイプはあらかじめ爪の大きさに合わせてカットしておき、爪の先から貼っていきます。爪の先ピッタリではなく、0.5ミリほど内側に貼る方がはがれにくいです。こちらはネイルラップに比べるとはがれやすいので、トップコートは必須です。

はがす時は手をお湯につけてはがすと、ペリペリと一枚のまま簡単にはがれます。持ちはネイルラップなら1週間〜2週間、ジェルタイプなら3日〜1週間程度ですが、個人差があります。

いくらぐらいするの?

LAを代表するネイルブランド「ncLA」や様々なコラボで最近話題の「vlli vlli」など1500円前後のものからセリアの100円均一ネイルラップまで値段は様々。ネットで検索すればたくさんのアイテムがヒットします。

お値段によって柄やシールの質感などは多少違ってきますが、100均のものでもネイルと間違えられるほど優秀ですし、500円ほど出せば柄の種類もグッと広がります。

お仕事でなかなかネイルができない人でも、お休みだけ簡単にネイルアートを楽しめますし、待ち時間なく貼ってすぐ用事に取り掛かれるので、子育て中のママさんにもピッタリです。

この記事をシェアする

関連記事