• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

二枚爪、凹凸、ささくれ…よくあるネイルトラブルの原因と対処法

Date:2014.03.29

また爪が割れた…。寒くなってささくれがひどくなってきた…。爪が凸凹…これって体調不良!?ネイルをしているとよく聞かれる爪の悩みトップ3です。

爪の色が変わっているなどになるともう病院の範疇ですが、上記3つは自分でケアできたり、気を付ける事でトラブルを防いだりできるものだったりします。そこで上記の3大爪のトラブルの原因と対処法についてご紹介します。

二枚爪

先の方が薄く剥がれたり割れたりする爪。もろくなっている状態なので、繰り返したり、寒くなってくると起こりやすく、誰もが一度は経験するほど最もよくある爪のトラブルです。

「原因」

  • 爪の油分や水分量が乾燥などによって減っている。
  • 元々爪の油分・水分が少ない。
  • 爪が薄く、もろい。
  • マニキュアをする方はリムーバーの使い過ぎや使い方が間違っている事が考えられる。
  • 爪の切り方が乱暴だと爪の層が離れる。
  • 切り方が深く切ってはいけないところ(爪のストレスポイント)まで切っている。

「対処法」

  • ネイルを含めた乾燥対策をする。炊事の時は手袋をつける、ネイルまでクリームをつけるなど。
  • リムーバーの使用頻度を減らす。リムーバーを使う際はこすらない。それでも乾燥する場合はリムーバーを使用した後は油分補給をする。
  • 爪切りでバチンと切りっぱなしにしない。ファイリングをする。カットやファイリングするときにも水分や油分を含ませてからするとなお良い。
  • ファイリングは一方方向にする。
  • ・お風呂上りなど爪が柔らかい時にカットし、保湿。
  • 切りすぎない。ストレスポイントをカットしない。
  • 症状が出たら毎日ネイルエッセンスやネイルケア用のクリームなどをつけマッサージをする。

ささくれ

爪周辺がひどく乾燥した状態で皮膚の弾力が失われて白く皮が剥けたりひび割れたりする事。

「原因」

  • 水仕事による乾燥。
  • 季節や体調による爪先の乾燥。
  • 甘皮をカットしすぎた時。
  • 古い皮が残っている時。
  • 爪周辺の皮が硬くなっている。

「対処法」

  • ささくれになった部分は放置せず、剥かず、ニッパー(爪切りなど)で切る。
  • オイルやクリームで潤いを与える。
  • 甘皮をカットする際は切りすぎないようにする。
  • 古く硬くなった皮はマッサージで柔らかくする。
  • リムーバーの後は潤いを与える。
  • ・特に爪と指の皮の間にすりこむようにマッサージしながら潤いを与える。

凹凸

爪表面に横線や凹みが生じる事。
「原因」

  • 甘皮を深く切り込む習慣がある。
  • 爪の先などに常に負担がかかっている。
  • 洗剤や薬品にいつも触れていると爪の根本が弱くなる。
  • 一時的に爪の根本が弱くなり(体調・ストレスなど)爪の成長にムラができる。

「対処法」

  • 甘皮を深くしすぎるなど刺激を与えない。
  • ・甘皮にマニキュアをつけない。
  • 手荒れを防ぐ。
  • 爪の根本をマッサージし、機能を助ける。
  • 体調・ストレスなどを整えれば伸びてくる爪は正常に戻りやすい。

意外と爪にこだわりを持っている人ほどできやすかったりするのは、爪のお手入れとも関係があるからです。上記3つはよくなりやすいトラブルですが、逆に気を付ければ自分でケアでき比較的すぐ改善するものです。

寒くなってきたこの季節も指先・爪先までオシャレでいられるよう気をつけてみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事