• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

絶対諦めないキレイな姿勢!猫背改善エクササイズの重要ポイント

Date:2015.08.10

sample

猫背は悪姿勢の一つで、さまざまなデメリットがあります。一つは見た目が悪いこと。どんなに美人でも猫背だと魅力が半減してしまいますね。

猫背は肩こりや腰痛、頭痛の原因になり、背骨や骨盤のゆがみを引き起こし、下腹ぽっこりの原因にもなります。

デメリットばかりの猫背。しっかり改善することが大事です。もともと猫背だし、なんてあきらめずに猫背を改善していきましょう!

猫背を改善するさまざまな方法とは?

猫背の改善方法にはエクササイズや矯正などさまざまな方法があります。自分に合った方法で改善することが大切ですよ。

日常生活における猫背改善の方法とポイント

猫背を改善するには、日常生活での姿勢が重要です。猫背になっている姿勢を意識して改善することがポイントになります。

まずは次のことを心がけるようにしましょう。

  • パソコンや事務作業をしている時、猫背になっていると感じたら肩甲骨を寄せて背筋を伸ばす
  • 背筋を伸ばした時に腰に負担がかからないように、お腹に力を入れるようにする
  • 椅子の背もたれと腰の間にクッションを入れる
  • 椅子には深く腰かけて、両足は床にしっかりとつけるよう、イスの高さを調節する
  • 仕事の合間に肩甲骨を動かす
  • アゴが前に出ていることに気づいたら、アゴを引く習慣をつける
  • 背筋を伸ばした状態で、パソコン画面の一番上が目の高さになるように調節する

以上のポイントに注意することが猫背改善につながります。

猫背を改善する簡単エクササイズを実践

猫背になってしまうのは、背中の筋肉や腹筋が弱いことが原因です。腹筋や背筋をつけるエクササイズをすることも、重要ポイントですよ。

・腹筋で猫背を改善する

腹筋がないと背中が丸まってしまいます。腹筋を毎日10回でもいいので続けるようにしましょう。

・ダンベルを使って背中の筋肉を鍛える

  1. ダンベルを両手に持ち、足を肩幅に開いて腰を落とします。
  2. 少し前かがみになり、肘を直角にしてそのまま後ろに引きます。この時、腕で持ち上げるのではなく、肩甲骨を寄せるように意識しましょう。
  3. これを15回3セット行います。

・肩甲骨周りの柔軟性を高める
肩甲骨周りの柔軟性を高めることで、肩が前に入らなくなり猫背の改善につながります。

  1. イスに深く腰かけ、背筋を伸ばします。
  2. 両肘を背中の真ん中に合わせるように、肩甲骨を寄せ、5秒間キープします。
  3. 肩甲骨を広げるように、背中を丸め、5~10秒間キープします。
  4. これを繰り返します。

・背中を柔らかくするヨガのポーズ
背中が硬いと猫背になりやすくなります。背中の柔軟性を高めるヨガのポーズを紹介しましょう。

  1. 床に両手と膝をつき、四つんばいになります。目線は床に向けます。
  2. 息を吐きながら天井に背中を尽き出すように丸めます。
  3. お腹をへこませて、おへそを覗きこむように頭を両腕の間に沈め、30秒キープします。
  4. 息を吸いながら背中を反らせ、顔を上に上げ、胸を張ります。その姿勢を30秒キープします。
  5. これを5回程度繰り返します。

猫背だとどのようなデメリットがあるかを認識しましょう

猫背をそのままにしておくと、美容面だけでなく健康面においてもデメリットが生じますよ。どんなデメリットがあるのかを認識することも、猫背改善につながるでしょう。

猫背は肩こりや頭痛につながる

猫背の姿勢は肩が前に入り、アゴが前に出ている状態です。その姿勢は首に負担がかかり、首周りや肩周りの血行が悪くなります。そのため、肩こりや首こりが引き起こされるのです。

さらに肩こりや首こりは頭痛、腰痛や手足のしびれの原因にもなります。

心肺機能の低下を引き起こす

猫背の姿勢は内臓を圧迫することになります。そのため酸素を十分に取りこむことができなくなり、体に必要な酸素が不十分になります。脳への酸素も十分に行き届かず、集中力も低下します。さらに横隔膜も動かしにくくなり、心肺機能が低下します。

内臓が圧迫されると、消化機能も低下するので体調不良になるばかりか、太りやすくなります。

猫背が肌荒れの原因にもなる

肩や首周りの血行が悪くなれば、当然顔への血流も悪くなります。それは肌荒れにもつながりますね。新陳代謝も悪くなるので、肌がくすみ、シミができやすくなります。

老廃物も流れにくくなるので、二重アゴや顔のたるみの原因にもなります。

普段から常に正しい姿勢を意識することが大切!

shutterstock_147636449 - コピー
猫背の改善において重要なのは、普段から猫背になっていないかを気にして、背中が丸まっていたら肩甲骨を寄せ、胸を張り背筋を伸ばすことです。

特にデスクワークが多いと、手元に集中し背中が丸まってしまうことが多いです。「背中が丸まっている!」と感じたら、すぐに背筋を伸ばすことを心がけるだけで、猫背の改善につながるでしょう。

それと併せて、腹筋でお腹の筋肉をつけ、ヨガなどのストレッチで背中の柔軟性を高めることで、肩甲骨を動かしやすくなり、自然と背筋も伸びるようになりますよ。

この記事をシェアする

関連記事

コメント