• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

こんな時はどうしてる?なんとなくイライラして眠れない夜への対処法

Date:2013.10.30

「仕事で疲れて帰ってきているのに、なんだかイライラして眠れない」、困ったことはありませんか。ストレスによる睡眠障害は、「おひとり様」と言われる女性には非常に多い悩みです。

眠りたいのに眠れない、身体を休めたいのに休まらない、という状態、かなりつらいと思います。そんな悩みを解消するため、みんなの「なんとなくイライラして眠れない夜への対処法」についてまとめてみました。

自分にあった方法を見つけて、上手に1人の寂しさと向き合いましょう。

対処法1 好きなミュージシャンの音楽を楽しむ

眠れないときには、心のアイドル、ジャニーズのCDを聞くのが日課です。イライラした気持ちもすっとおさまる。(28歳 女性 事務職)

イライラするときは、自分の部屋に閉じこもって1人カラオケ状態。同居の母にあきれられたが、関係無し!(24歳 女性 飲食店勤務)

音楽を聴いてすっきりするもよし、自分も一緒に口ずさむもよし、できれば心が明るくなるような曲が良いと思います。好きなことだけをしていると、すっと心が軽くなることもあるものです。

対処法2 お笑い番組を見てお腹の底から笑ってみる

お笑い番組やアニメを見ている。腐女子と言われようが関係無し!彼氏にはこんな姿とても見せられません!笑(32歳 女性 事務職)

無理してでも笑顔でいると、心が明るくなることありますよね。ストレスが溜まっているときに小難しいニュースや経済、政治の話は逆効果、ただただ明るいお笑い番組で気分を持ち上げるといいでしょう。

思い切り笑い、気分が少し上向くと、小さなことに悩んでいるのがばかばかしくなり、すっきり眠れるかもしれません。

対処法3 ホットミルクにハニーをプラス

ストレスが溜まっているときには甘いもの。甘めのホットミルクを飲むと、眠りが深くなるような気がします。(30歳 女性 主婦)

イライラしたときの私の定番が「ハニーミルク」。はちみつ多めでやさしい味がお気に入り。ミルクを温めている間に、甘い香りがただよってきて気持ちがふんわり落ち着きます。(23歳 女性 会社員)

ベタでも人気の対処法がこれ、牛乳が苦手な方は、ハーブティーもおすすめです。蜂蜜の甘い香りで、とがった心も穏やかになってきます。

対処法4 友人や彼氏と長電話をする

困った時こそ頼りになるのが女友達。飽き飽きしないで電話に付き合ってくれるみんな、いつもありがとう!(27歳 女性 大学院生)

人に愚痴を聞いてもらうと、気持ちがすっきりすることありますよね。あまりに深夜に長電話につきあわせるのは気が引けますが、どうしても、という時のために相談できる相手を見つけておくのは大切です。

もちろん、友達がそうなったときには、逆に愚痴につきあってあげる姿勢も大事。もちつもたれつ、周りの人と支えあって生きていくのがいいでしょう。

対処法5 心もほぐす癒しの香りのアロマセラピー

眠れない夜は、アロマオイルでマッサージしています。ラベンダーの香りがするとイライラがすっきりする。(26歳 女性 大学院生)

ストレスが溜まると頭が重く、もやもやするので、ミントのアロマがお気に入り。部屋を暗くして、アロマキャンドルを楽しむのが私流ストレス解消法です。(30歳 女性 金融業)

アロマと一口に言っても、マッサージやキャンドル、ルームフレグランスなど、取り入れ方はいろいろあります。好きなスタイル、香りを見つけておくと重宝しますよ。

対処法6 ブログやFacebook、SNSに気持ちを綴る

自分の気持ちを吐き出すところがあると、ストレスと上手に付き合えます。ブログやFacebook、Twitter、自分にあったサービスで構わないので、思ったことを素直に綴る日記のようなウェブサービスを利用するといいでしょう。

友達同士で気持ちを共有するグループ機能を使うのも楽しいです。自分の書いた事に対して励ましてくれたり、フォローするコメントがあると、「自分は一人じゃないんだ!」と思えて孤独な気持ちを抑制できます。

対処法7 ゴルフボールで足裏マッサージ

ストレスに効果抜群、とっておきの簡単足裏マッサージをご紹介します。用意するものは、ゴルフボール一つだけ。床の上にボールを置いて片足ずつ上に乗り、ゆっくり体重をかけていきます。

痛いところが見つかったら、そこがツボなので重点的に行いましょう。ゴルフボールの表面はごつごつしているので、たくさんのツボを簡単に刺激することが可能です。疲れが取れた途端に眠気がばっと襲ってくることも。本当に手軽なので、ぜひ試してみてください。

ストレスが溜まって眠れない状態が続くと、うつ病になってしまうリスクがあり非常に危険です。早めの対処が心と身体の健やかさを保つのだと心得て、上手に自分を守ってあげてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事