• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

私とあの子の違いは?年収600万円を稼ぐ女の8つの条件

Date:2012.12.19

歩く習慣を身につける

それなりにたくさんお金を稼ぐ人は、いつも快活です。いつでも機微にこまめに動くし、よく笑います。そういうパワーは歩くことを習慣化することで得られます。

背筋をまっすぐ伸ばして大股で元気に歩くことで、自律神経がほどよく刺激されて、ウツっぽい出口のない悩みから解放されて、やるべきことと、悩んでいても意味のないことが整理されます。まずは歩く習慣をつけましょう。

「ありがとう」をたくさん言う

世の中に成功法則を書いている本はたくさんありますが、そのほとんどすべての本に書いていることがこの「感謝をすること」です。多くの成功者が語っていることなので、説明を割愛しますが、「ありがとう」と言うことで、いい人やいい情報があなたのまわりに集まってくるということです。

相手のいいところを1日に3つ褒める

人は他人に褒められたら脳内からドーパミンが出てきて明るい未来や楽しい発想を想像することができると言われています。自分が他人に褒められようと思えば、まずはあなたが他人を褒めることです。1日の最低3つは相手のいいところを褒める習慣を持ちましょう。

電車の中で本を読む

今の年収が300万円の人は、あと倍の努力をしないと年収600万円になりません。しかし1日は24時間しかありません。労働時間を長くするのではなく、知恵を使うのです。知恵とは新しい情報と今脳の中に入っている情報とが化学反応を起こして生まれます。

空き時間にどんどん本を読みましょう。乱読でいいのです。たくさん読むことで、自分が興味を示す仕事や業界が見えてきます。読まないとなにも見えません。

専門知識を身につける

乱読をして興味が湧く業界や仕事が見つかれば、その分野の本を集中的にたくさん読みましょう。インターネットで情報を収集しましょう。年収600万円ある女性は、人知れず自分なりに情報を集めています。つまり自分の世界を持っているのです。

本と言えばファッション雑誌だけというのでは、いつまで経っても600万円は無理。専門知識を身につけると、ファッション雑誌の読み方だって変わってきます。漫然と読んでいる雑誌が、あなたの好奇心の扉を開く重要な鍵になることだってあるのです。

今の仕事をしながら転職活動をする

専門知識を身につけて、その分野の仕事をしたいと思えば、いつまでも勉強をするのではなく、とりあえず応募(転職活動)をしてみましょう。今の世の中はスクールが大人気です。しかし中にはスクールで勉強をしてディプロマをもらわなくともやっていける仕事もあります。

スクールで学ぶより仕事をしながら現場で学んだほうが効率がいいということも。どうしてもスクールで学びたければ、その仕事に就いてからでも遅くはないということだって考えられるのです。

男に頼らない考え方を身につける

女性が甘えを活用して生き延びるというのは、女性の特権であり、活用できるだけ活用したらいいのだと思います。

しかし、女性であることを売りにするわけでもなく、かといって男性と完全に同化して働くわけでもなく、まさしく第三の道を行くことが年収600万円稼ぐ女性の生きる基準です。つまり、女であることを特別に主張することもなく、卑下することもないということです。

過去の自分のこだわらない

大学受験に失敗して高卒であれば「どうせ私は高卒だし」と思う女性もいるでしょう。ダメ男にばかりひっかかった過去を持っていれば、「どうせ私は男を見る目がないし、こんな私がなにをやってもうまくなんかいきっこない」と思う女性もいるでしょう。

しかし、人はどのような過去があっても、自分が望むように変わっていくことができます。これは脳科学的にわかっている人の真実です。

この記事をシェアする

関連記事