• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

狙い目30代男性が好きなズキュンとくる女子の言動11選【3/3】

Date:2013.04.23

9:自分から手をつないでくる

「僕の性格もあるんだと思いますが、僕は自分から手をつないだり、肩を抱いたりということをしません。したいなあと思うときもありますが、しません。つきあって2年くらい経ちますが、いまだに恥ずかしいのです。彼女はわりと積極的な人で、彼女から手をつないできます。そういうところが僕は好きだなあ」(33歳・飲食)

昔、「ぼかぁ~好きだなあ~」と加山雄三が言っていましたね。告白は男からするもの、男から手をつなぐものというのは、もしかしたら幻想なのかもしれません。女性が軽くリードしたほうが、恋がうまくいくこともあるのです。

10:そんなのかんけ~ね~

「彼女のおもしろいところが好きですね。僕のほうを見ながら小島よしおの“そんなのかんけ~ね~”のポーズだけを黙ってやっている彼女を見ると、笑いのセンスは負けたなあと思います」(28歳・小売)

お姫様のように美しいけれど無口な女性より、ユニークなお顔立ちで笑いのセンスに溢れている女性のほうが、モテることもありますよね。

11:かりぱく

「借りた物をぱくるの略で“かりぱく”です。彼女は僕の時計とか帽子とかトランクスをかりぱくします。そういうところが僕は好きです。友だちみたいというか、男友だちどうしの安心感というか、そういう感覚を覚えます」(28歳・デザイナー)

女性は女性らしくと世間では言われますが、女性らしさとか男らしさとは、またちょっと違うベクトルで友だち感覚でつきあうというのも、高校生の恋のようで、また悪くないですよね。

いかがでしたか?全3回にわたってお送りしてきましたが、世間の“男好きする女”のセオリーを少し逸脱している感じがあったのではないでしょうか?

男受けする女性という1つの型にはまるべく努力することも結構なことだと思いますが、そのままのあなたの良さを素直に活かすと、案外、恋愛がうまくいくのではないでしょうか?

この記事をシェアする

関連記事