• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

寝る前のお手入れで美肌を底上げ!洗顔から保湿までの5つのコツ

Date:2014.07.14

一日頑張ったあなたの肌をじんわり癒してくれる、夜のお手入れ。正しくきちんと行うことで美肌への効果をより確かに感じることができます。あなたの肌をより美しく、肌触りをよくするための夜のお手入れ方法をこの記事でご紹介しましょう。

1.クレンジングは良いものを

質の良いクレンジングで行う、1日1度の洗顔は、美肌の底上げに重要な要素。クレンザーを手に取って肌と首に塗り、優しくマッサージ。ぬるま湯でよく洗い流し、最後に水で毛穴を引き締めます。

その後清潔なタオルで水分を抑えましょう。唇を洗うのも忘れずに。ぬるま湯で洗い流したら、保湿のためのバームを塗りましょう。唇と肌の汚れをきれいに取り去ることが、きれいな肌になるための第一歩です。

2.保湿はしっかりと

保湿をせずにベッドに行くのはご法度。特に寒い季節になりますと、空気も乾燥してより肌が乾きやすくなります。ベッドサイドに加湿器を置くのもいいアイディアですが、まずはあなたの肌に合うモイスチャライザーをじんわり肌にふくませて。

3.アイクリーム

効果のあるアイクリームを選ぶのはそれほど難しいものではないでしょう。しかしながら、その付け方を間違っている女性が多いようです。目の際の際まできっちり塗るのは、実は間違い。

アイクリームが夜の間、あなたの目元をふっくらぴんとさせてくれるのは間違いないことですが、目の際に塗ったクリームがまつ毛から目の中に入ってしまうと、目の炎症の原因になってしまいます。

4.レチノイドで肌年齢をキープ

30代をこえたら、レチノイドの入ったナイトクリームを使いましょう。レチノイドはコラーゲンの生成を助け、長い目で見てふっくらとハリのある若々しい肌を保つのに一役買ってくれます。

最近ではクレンジングにもレチノイドを配合しているものもありますから、チェックしてみては。

5.ベッドルームにも美肌のヒント

これまでのコツを網羅したうえで、フレッシュな翌朝の顔のためにさらにできることがあります。枕の高さをあげることで、腫れぼったい目を防ぐことができます。

枕カバーも重要。こまめに取り換えることで、あなたの顔の皮脂が枕につき、それが後々あなたの顔にまた付着してニキビやその他のトラブルが起きるのを防ぐことができます。

背骨が曲がらないようにして寝るのも大切。せめて横向きで寝るとしたら、いつもと逆の向きで寝るようにしてください。

美肌を底上げする寝る前のお手入れ5つのコツ、いかがでしたか?質の良いコスメを選び、それできちんとお手入れすること、寝室の環境にも気を使うことで、寝ている間にあなたの肌をどんどん美しくしてくれます。

この記事をヒントに、翌朝の肌が楽しみな生活、始めませんか?

この記事をシェアする

関連記事