• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ネット恋愛は今や常識?SNSで出会う男女の6つの恋愛作法

Date:2016.01.06

迷う女性

インターネットは今や誰でも使える便利なツールとして広まり、年齢性別関係なく多くの人が利用しています。

携帯電話やスマートフォン、パソコンやタブレットと言った端末も、一人で複数所有していたり、一家に必ず一台はある、といったように、インターネットで繋がらない人はほぼいないほどです。

小さな子でも動画を見て楽しんだり、ゲームをしたり、小学生でも学校で習うほどです。それほど身近になったインターネットは、現在もはや恋愛においても欠かすことのできないツールです。

家に電話が一台しかなかった時代は、恐る恐る電話をかけたり、家族の人が出て居留守を使われることも。また、待ち合わせをしても時間と場所を間違えば、その日は会うことができなかったりします。

過去と比べると、「すごい!便利だ!」と感動してしまいますが、そのネットも日々進化しているもの。いつまでも昔の感覚でいては、新しい常識についていけません。

そこで、インターネットでのコミニュケーションツールと言えば、SNS。そのSNSでのマナーを含めた新しい恋愛作法をご紹介したいと思います。

ネットから始まる恋について、知っていきましょう。

1.SNSは公の場所!不正はすぐバレる&わかる

ネット恋愛
もしSNSを通じて恋人になったとしたら、当然お互いの更新には目を光らせることになるかと思いますが、SNSとは情報の公開。

もし浮気をしてしまうと、更新する度に墓穴を掘ることになるかもしれません。その他にも、秘密がバレるきっかけとなる場合もありますし、恋人だけでなく他の人の目もあります。

SNSをやっているということは、そのまま「悪いことができない」とも言い換えることができるのかもしれません。

彼の浮気防止になる…SNSで現在の彼を確認できる

1時間おきにメールして、とか、メール受信してから30秒以内に返信して、などという束縛をする人もいますが、ほとんどのカップルはそこまで強く束縛することはないと思います。

ただし、会っていない時間帯は不安が募るもの。もし彼が出張に行く、と言っていても、本当かどうか気になりますし、友達と買い物に、というのも「本当に友達?」と疑いたくなります。

そこでSNSが活躍します。確かにSNSにある情報も本人の申告なので、いくらでも虚偽の申告は可能です。

しかし、SNSで繋がっているのは一人だけではありません。

出張に行ったのが本当で、出張先の写真をアップしていたり、本当にいつもの友人との買い物であれば彼がアップした写真に友人の姿が収まっていれば間違いありませんね。

「SNSの更新をする」とは、そのまま現在の所在の証明となる場合があるからです。ただし、写真は別日に撮影したものをアップすることができますから、絶対確実な証明となるわけではありませんので注意しましょう。

他人の目はごまかせない…みんなが見ている

いくら彼女一人を騙そうとしたって、その他の大勢の目をごまかすことはできないかもしれません。会社の飲み会、と言っている彼に対して「そういえば、昨日街でみかけた時、知らない女性と一緒だったよね?」という報告が入る時も。

ネット上で繋がりがある、ということは、ある意味お互いを監視している状態です。矛盾があれば指摘しあうことになります。

それは彼に監視の目がついていることを指しますし、自分も同時に監視されている立場ということでもあります。

もしほんの些細なことでも、彼に嘘をつくことになればバレる可能性は十分あります。一人では気付けなくても、大勢いればその中の一人は気が付くこともあるでしょう。

浮気や嘘がつきにくい環境である、というのはお互いに同じ立場です。もし何かごまかしたいことがあれば、取り繕うほどに墓穴を掘ります。

「みんなが見ている」そう思うことで緊張感が保たれ、背筋が伸びるのかもしれません。良い意味でも悪い意味でも「悪いことができない」ということです。

2.SNSナンパに注意!出会い系サイトへ誘導する手口

ネットでの浮気が発覚

SNSでの出会いを希望する女性も多いかもしれません。たくさんの人が登録しているSNS。ちょっとしたきっかけで仲良くなり、そこから本物の恋愛に発展する可能性は十分にあります。

投稿した写真やアイコンなどを見て「かっこいい!」「イケメン!」と思うこともあるでしょう。ですが、ネットの向こう側がどんな人なのか、実際のところ「本当のことがわからない」のが現実です。

「かっこいいな」と思っているだけならいいのですが、もし相手の方からメッセージが来たら「嬉しい!」と思って舞い上がってしまうことはありませんか?

そこは嬉しい気持ちを少し踏みとどまって、本当にこの人なのか?とまずは疑ってかかったほうがいいでしょう。SNS上には騙そうとしている人がゴロゴロいるという点を常に頭に入れておきましょう。

筆者の体験談…出会い系サイトへ登録させる手口

これは実際に筆者が体験した話ですが、以前、ツイッターをやっていたところ知らない男性からフォローされました。

フォローしてくれた人には、そのまま何も見ずにリフォローしていたのですが、早速DMが届きました。「フォローありがとう!よかったらメールしない?」

このような軽い感じの男性が大嫌いな筆者は「何か企みがあるに違いない」と思って、改めてその人のアカウントを確認しました。

写真は有名俳優の写真、ツイートはほとんどなし。自己紹介文も「よろしくね」くらいしか書いてありません。それでも、どこまで誘導されるかやってみたくて、返事をしてみました。

すると、「ここにメールしてね」というアドレスが。フリーメールのアドレスでした。なるほど、なるほど。面白半分で、使っていないメアドで返信すると、「何の仕事してるの?いくつなの?」と来ました。

そんなことは、ツイッターの筆者のアカウントを見れば全て載っていることなので「ツイッターを見れば全部わかるよ」と返しました。

すると「ごめん、読んでないんだ。あまりツイッターやらないから。それより写真送ってよ」と来ました。写真もツイッターで公開していたので「ツイッター見れば」と返しました。

彼は懲りずに「うん、ごめん、ツイッター見てなくて。これが僕の写真だよ」と、どっかのホストみたいな写真を送りつけてきました。

このスマホの時代に、明らかにガラケーで撮影したような小さな写真でした。そして「俺、ブログやってるんだけど、よかったら見て」とURLが載っていました。

そこで私は「わかった、ブログ見るから、それより何か怖い話はないか。怖い話が聞きたいんだ」と返信しました。

すると彼は苦笑いの顔文字と一緒に「ごめん、あまり怖い話は詳しくないんだよね。ブログ見てくれれば僕のことよくわかってもらえるよ」と返してきました。

当然、そんなに簡単に見てやる筋はありません。「怖い話知らないのか、何か怖い話、一つや二つは知ってるでしょう?」と食い下がりました。

流石に嫌気がさしたのか「ブログ見ればわかるよ」しか返事を返してくれなくなりました。しょうがないのでブログを見ようとすると、登録制のブログで携帯電話のメールアドレスを登録しなければならない画面に飛びます。

このように、携帯電話のメールアドレスを登録させることによって小遣い稼ぎをしている業者なのです。メアドを登録すれば、当然広告メールの嵐になります。

そこで私は「フリーメールアドレスしか持ってない」「登録できない」「見れない、どうしてくれるんだ」「ブログ見せたいんじゃないのか」「見てやるから見れるようにしろ」とメールを送りつけると、流石に観念したのか返事はこなくなりました。

悪意ある人・騙す人がネット上には存在するということ

SNSに登録していても、素性を明らかにしていない人が多いのですが、さらのその中には「騙そうとしている人」や「悪意のある人」も含まれています。

SNSは油断できないツールでもあります。仲の良い人と同じ目線のところに、見知らぬ得体の知れない人たちもやってくるからです。

友人だけに公開しているつもりでも、対策していなければ全世界に公開しています。「女性である」「独身である」という情報さえわかれば、そこにつけ込もうとする人がたくさんいます。

かっこいい男性の写真などを使ってなりすまし、若い人を引っ掛けようとするのは朝飯前です。SNSで出会いを求めることが悪いことではありませんが、悪意ある人や、詐欺を企んでいる人が存在していることを忘れないでください。

3.お互い嫌な思いをしない為に・SNS内で守る最低限のルール

ルール
現実世界にもルールがあるように、SNSを利用する上でも守らなければならないルールがあります。誰でも簡単に利用できる、ということは便利なことのようで危険なことでもあります。

誰もが不快な思いをしたくないものですが、もし自分が発信したことで、誰かを不快にさせてしまったら。気をつけていたつもりが、ルール違反だったら。

折角楽しくSNSを利用し、好きな人もできたのに、そんなことになってしまっては台無しです。お互いに嫌な思いをしない為に、自分を守る為にもルールを守って利用しましょう。

相手を不快にさせない為に…不快になるものを控える

SNSを利用する上で、いいねを押したり、リツイートしたり、コメントの返信というのは基本的には自由です。

ただし、大勢の人が利用していて、年齢性別問わず不特定多数の人が閲覧出来るものです。その為、猥褻な画像や発言、特定の人を差別した発言は控えるべきでしょう。

「見たい人は見ればいいし、見たくないなら見なきゃいい」と思って投稿する人もいますが、ネット上に投稿して公開する、ということは望まない人の目にも触れる危険性があります。あやしいものは限定公開や鍵付きでの投稿にしましょう。

ちょっとした発言が炎上に…発言には責任を持つ

もし付き合っている彼に対する不満を、彼に直接ではなくSNSでみんなに向けて公開していたら。それを知った彼はどう思うでしょうか。

簡単に発言できてしまう、ということは、言ってはいけないことまでつい簡単に投稿できてしまいます。ちょっとした発言をきっかけに炎上…なんてことも。

自分の考えをはっきり伝える、ということは大切です。しかし、本人に直接言うならともかく、陰口を叩くように公開するのは「正々堂々としている」とは言えないかもしれません。

正々堂々とした発言であれば、誰かに批判されてもしっかり返答できますが、後ろめたい発言の時は返答も苦しいものです。

簡単に発言できますが、発言内容は吟味しましょう。もしちょっとした発言が原因で炎上すると、辛い思いをするのは自分です。発信する側に立っているのですから、一つ一つの発言には責任を持ちましょう。

情報漏えいや誹謗中傷に注意!情報の扱い方

ついうっかり自分の電話番号を公開してしまうと、どうなるでしょうか。暗証番号や、知られたくない情報も、一旦公開してしまえば、不特定多数の人の目に触れます。

自分の情報だけではなく、ついうっかり誰かの秘密を漏らしてしまうことも情報漏えいになります。働いている会社で知り得た顧客の個人情報も、意図して発信することができてしまいます。

また、喧嘩した相手の個人名を出して誹謗中傷することもいけません。SNSはメモ替わりに使う場所でも、感情のはけ口に使う場所でもありません。

一旦公開してしまったものは引っ込まないのです。慌てて削除しても後の祭り。誰かがそれを見ていて、悪用することが可能なのです。

これらは自分だけの責任で終わらない場合があります。彼や友人にも迷惑をかける可能性があるということです。自分の発言や行動には責任を持ちましょう。

4.SNS上での愛情表現とは?ネットと現実は切り離す

SNSと現実
ネットの世界と現実世界は、地続きなようで別の世界です。現実世界では当たり前のことも、ネット世界でやると、受け取られ方が違う場合もあります。

SNS上で彼に愛情を表現しようとしても、彼はそれを嫌がるかもしれませんし、ラブラブアピールすることも、良く思わない人もいます。

例えSNSで出会い、そこから恋愛に発展したということでも、現実の恋愛であればSNSとは切り離して考えた方がいいでしょう。

公私混同しないように…SNSは公の場所!

恋愛はごくプライベートな問題です。付き合い始めた、喧嘩した、別れた、復縁したなど、日々様々な変化があるのが恋愛だと思います。いわば私的な行為です。

しかし、SNSは私的な発信ができるものの、公開することができるツールですので、プライベートを知らぬ間に覗かれていることになります。匿名であったとしても、個人を特定しようとすれば可能かもしれません。

また、彼に関しても、プライベートが覗かれるのは嫌だ、という思いがあるのに、自分の恋人によって二人の関係を公開されるようなことがあれば…辛い思いをすることになるかもしれません。

恋愛は現実世界で二人で楽しむもので、SNSは公の場所。その区別がついてこそ、はじめて大人の恋愛ができるというものです。

好きだから!なんでも彼について書きたくなる!今の感情をぶつけてしまいたい!と思うのであれば、それは公開しない方法で友人に聞いてもらうなどして、全体に公開しないようにしましょう。

5.朝起きてチェック!寝る前にチェック!ネット恋愛は疲れる

SNSチェック
ネット依存、という言葉を聞いたことがあるかもしれません。ネットをしないではいられなくなっている依存性のことですが、ネット恋愛においてはその危険性が高くなります。

「彼とずっとメッセージのやりとりをしている」「彼の更新をずっと見ている」「確認していないと落ち着かない」いつの間にか気が付くとネット画面しか見ていない。

そんな状況に陥ってはいませんか?彼との出会いがネットであればなおさら、彼のことを知りたいと思った時に、直接の対面ではなくネットに頼ろうおする傾向があるのです。

ネットは本当に万能?調べたって出てこない彼の情報

付き合っていると、彼に関してふと気になることが出てきます。昔の彼女はどんな人だったのか、どんな友人と付き合いがあるのか、以前はどんな職業についていたのか、など。

直接聞きにくいことでも、もしかしたらネットで調べればわかるかも!と色々検索したことはありませんか?

しかし、なかなかそんな情報は出てきませんし、もし公開されていたらそれは個人情報流出です。もしくは根も葉もない噂でしょう。

このように、彼のことが気になってしょうがない、と思うのが恋愛ではありますが、その気持ちがどうしてもネットに向かってしまうことがあります。

彼に関することは、彼に隠れて探すのではなく、直接彼に尋ねればいいのです。ネットは何でも調べることができますし、あたかも正解のように検索結果が出てきますが、恋愛はわからないからいいのです。

魔法使いか超能力者でしかわからないような彼の今の気持ちを、探りながら距離を縮めていく過程を楽しむのが恋愛です。ネットでは何もわかりません。

SNSをお休みしよう!ネット恋愛に疲れる人々

朝起きてすぐチェック、通勤中もチェック、ご飯を食べながら、休憩時間、寝る直前までチェックする。そんな生活をしてはいませんか?

自覚はなくても、知らぬ間にそんな生活いなっている可能性があります。SNSに彼と登録している場合、自分の更新もさることながら彼の更新は常に監視していたいと思います。

ほかの女性とのやり取りも気になりますし、今どこにいるのか、ご飯は何を食べたのか、細かなことまで気になってキリがありません。

最初はそんな夢中になっている自分に気がつかないものですが、ふと「疲れたな…」と思ったら、それは「SNSを休むタイミング」です。

彼の情報が欲しい、と思ったときに彼の情報が入ると、もっと欲しいと思います。もっと更新してくれないかな、もっと写真を投稿してくれないかな、と思います。

ところが、SNSで得た情報ではお腹が膨れた気がしません。実際に彼と会って、直接話をした、手をつないだ、食事をした、という記憶と違って、立体感がないからです。

その為「もっと欲しい」と思います。本当は満腹であっても、満腹中枢が刺激されない為、もっともっと!と欲しがるのです。

例えると、映画館で映画を見た時、その映画をよく覚えていると思います。誰と見に行ったのか、どんな映画だったのか。しかし、もしメールで映画のあらすじだけ送られてきて文章で読んだ場合はどうでしょうか。

あまり記憶に残らないかもしれませんし、それは映画のあらすじ、という情報にすぎません。同じ映画のストーリーであっても、満腹感は異なるはずです。

SNSが気になってしょうがない、もっと彼の情報がほしい、と思っている時、すでにあなたは満腹かもしれません。そこにどんどん詰め込もうとすれば、当然疲れてしまいます。

ネットは休んでも置いていかれる、ということはありません。皆、好きな時に見て、好きな時に休んで、気が向いた時だけやっていいものです。疲れきってしまう前に、休むという選択もあることを覚えておきましょう。

6.顔出し写真はOK?NG?最低限守りたい写真のマナー

マウス
写真の公開には賛否ありますが、少なくとも本人の了承を得る必要があります。自撮りなどで自分だけが写っているのは構わないのですが、彼との写真を公開してもいいものでしょうか。

また、場所が特定できるところでの撮影によって、住んでいる場所が特定できてしまったり、写ってはいけないものが写りこんでしまっている可能性もあります。写真から得られる情報は多いです。そこで、写真を公開することのマナーについて考えてみましょう。

確認必須!撮影許可と公開許可は必ず取り付けること!

もし歩いていて、かわいい犬を散歩している人と出会ったとします。「わんちゃんの写真撮ってもいいですか?」と言って写真を撮らせてもらいました。

しかし、この写真はSNSで公開してもいいものでしょうか。もし撮影した写真をSNSに投稿したい場合は、公開してもいいかという許可も取り付ける必要があります。

気軽に写真撮影できるようになり、簡単に投稿できるようになった今、あまり深く考える人が少なくなっているかもしれませんが、勝手に写真撮影することも、勝手に公開することも、肖像権の侵害に当たる可能性があります。

刑事責任を問われることはありませんが、民事での訴訟は有りうる、ということです。誰かわからない撮り方ならまだしも、個人が特定できる写真であった場合、本人が不快な思いをすることもありますし、不利益が生じることもあります。

その為、撮影許可と公開許可はセットで考えておきましょう。もしどちらも無断で行った場合は、トラブルの原因になります。

親しき仲にも礼儀あり…彼にも公開許可は取った?

上記のことは、彼に対しても同じことが言えます。「付き合ってるから、いいよね」という安易な考えは、やはりトラブルの元です。

むしろ、彼にこそ許可を取った方がいいでしょう。キスしている写真をアップしたり、動画をアップする人もいますが、彼の中ではプライベートなものだったのに、彼女によって公開されてしまえば傷つくでしょう。

女性だって、いくら彼のことは好きでもプライベートな姿を写真に撮られて勝手に公開されたら嫌な気持ちになるはずです。親しき仲にも礼儀あり。身近な存在である彼にも、撮影許可と公開許可は確認するようにしましょう。

顔が見えないネットだからこそ、気をつける点は沢山

サイトで出会ったカップル
ネットは確かに便利です。すぐにいろんな人と繋がることができますし、気になる人ができたらメールを送って様子を見ることも出来ます。

しかし、中には本当に悪い人間もいるのです。会ったことのない人間をうかつに信用してはいけません。もし、トラブルがあった時に逃げられる方法をいつも考えておくきましょう。

ネットで広がった出会いやきっかけには感謝して、ほどほどに楽しむこと。信用し過ぎないことが大切です。

この記事をシェアする

関連記事

コメント