• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

合コンにレギンスはNG!?モテたい女性がしてはいけない服装とは

Date:2014.01.26

合コンに限らず、初対面の人との出会いの場で大切なのは第一印象を良くすることです。

ありのままの自分を見てもらうことも大切ですが、第一印象が悪いとその後のお付き合いに結び付かず、ありのままの自分を知ってもらう前に関係が終わってしまうことも少なくありません。

そこで、異性に良い印象を持ってもらうためにも避けたい女性のファッションアイテムを5つ挙げましたのでチェックしてみましょう。

1.レギンス

素材やデザインが豊富なレギンス。伸縮性があるので履きやすくおしゃれなものが多いので女性には人気のアイテムです。しかし男性にとってレギンスは股引きに見えるという残念なアイテムであり、どうしても女を怠けているように見えるようです。

かといって生脚を出す必要はなく、履くのであればタイツやストッキング、若い世代ならニーハイソックスを選んで欲しいと思うようです。また、レギンスの柄によってはかえって脚が太く見えることもあります。出会いの場でレギンスを履くのは避けましょう。

2.タトゥータイツ

まるで脚にタトゥーが入っているかのように見えるファッションアイテムです。ワンポイントのイラストが入っているものや柄モノ、模様に色が入っているものもあり、海外セレブや日本の女性芸能人が愛用していることで流行しています。

一方男性から見たタトゥータイツは柄がラクガキに見えたり、本物のタトゥーやアザなどに見え、痛々しい印象を受けるようです。

3.全身高級ブランド

高級ブランドの服、バッグ、靴、ジュエリー…。気合いを入れているのは良いのですが、出会いの場を考えると1点豪華主義にとどめた方が良いでしょう。

高級ブランドのものばかりを身につけていると、浪費家なイメージや何においても理想が高いイメージを男性に与えてしまいます。ブランドを身につけるばかりがおしゃれではないということを肝に銘じておきましょう。

4.フリルが多い服

トップスボトムス問わず、「フリルが多いファッションの女性とは一緒にいたくない」「一緒に歩いていると恥ずかしい」という男性は少なくありません。

女性から見るとフリルが多い服は可愛らしく見えますが、一方で幼い少女のイメージを持ちやすいものです。大人になればなるほど、女性はフリルの多い服には注意する必要があるのです。

フリルが入っている服を着る時は量の多さや年齢相応のアイテムかを考えてみましょう。

5.アニマル柄のアイテム

女性に大人気のアニマル柄。しかし、例えばヒョウ柄の服が「大阪のおばちゃんに見える」というイメージを持ちやすいことは、多くの日本人が知っています。

というのもアニマル柄は野性的に見えるだけでなく、ファッションに使用している面積が広ければ広いほど悪目立ちしてしまうのです。出会いの場だろうとアニマル柄を取り入れたい!というのであればパンプスなどの小物遣いがオススメです。

この5つのアイテムが教えてくれていることは、女性が可愛いと思うものと男性が可愛いいと思うものは違うということ、そして男性ウケを狙うなら着飾るよりもシンプルなファッションにした方が良いかもしれないということです。

我が道を行くファッションをつらぬくのも良いですが、男性の目を引きたいと思うのであればコーディネートを見直してみましょう。

この記事をシェアする

関連記事