• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

会社での苦手な女性の上司に嫌われないタイプ別対処法

Date:2013.05.02

会社勤めで何がつらいかというと人間関係ですよね。仕事がいくら楽しくても、好きな仕事でも人間関係がうまくいっていないと、会社に行くのが憂うつになってしまいます。特に仕事をしていくうえで上司との関係は重要ですね。

現在では女性の上司もたくさんいることでしょう。上司にもさまざまなタイプがいますね。苦手はタイプの上司と仕事をしなければならなくなったらストレスもたまるでしょう。

でも、お仕事ですから社会人としてそんな人間関係もうまくこなしていかなければなりません。上司に嫌われないように、上手にコミュニケーションを取るコツとは?どんな態度で接していけば仕事がやりやすくなるのでしょう?

基本は「NO」を言わないこと

女性の上司にもいろいろなタイプがあると思いますが、基本的には上司や先輩の言うことに「NO」と言ってはいけません。それ、違うじゃないかな?と思っても、最初は「そうですね」と肯定することが必要です。

最初から「そうは思いません」とか「それは違うと思います」なんて言ってしまうと、「生意気!」と思われてしまいます。まずは肯定。それからやんわりと自分の意見を言うようにしましょう。

姉御肌の上司や先輩には

頼りがいのある姉御肌タイプの上司や先輩には、甘える後輩でいましょう。頼られると喜ぶタイプですから、何でも相談してみることです。でも、相談の内容はまずは自分で考えてから相談しましょうね。

何でもかんでも相談したり、教えてもらおうとすると、楽をしようとしている、とかそれくらい自分で考えなさい、と言われてしまいますよ。自分でも努力している姿勢を見せつつ、最後に頼れるのは○○先輩ですね、という接し方をしましょう。

お友達タイプの上司や先輩には

「上司という雰囲気は出したくない」という後輩でも親しみやすい友達のような先輩でいたい、というタイプの上司や先輩には、プライベートな悩みを相談するといいかも。

彼のことなんて親身になって相談にのってくれますよ。親近感を持って接することができれば、相手も親近感を持って優しく接してくれるでしょう。

寡黙でマイペースな上司や先輩には

ひたすら一生懸命仕事をしている姿勢を見せましょう。そしてその上司や先輩の得意分野を見つけて、その分野に対する質問や相談を持ちかけるようにしましょう。

得意分野に関する質問や相談なら、いつもの寡黙さが消えていろいろ話をしてくれるでしょう。そうするうちに打ち解けていけますよ。ただ、あまり話しかけてほしくないタイプでもありますので、しつこくない程度に話しかけましょう。

優しい上司や先輩には

誠実に接しましょう。優しいタイプの先輩や上司は誰にでも優しく、公平に接することを心がけています。その分、相手にも公平さや誠実さを求めます。表ではいい顔をして裏では人の悪口を言うような人を嫌うタイプです。裏表なく接しましょう。

ヒステリックな上司や先輩

気性が激しく、誰かれかまわず噛みつくような、言い方を変えればパワフルな上司や先輩には、ひたすらおとなしく言われたことを正確に処理することを心がけましょう。

また、特に機嫌が悪そうなときには声をかけない方が無難です。機嫌お良さそうなときを見計らって、質問をしたり、仕事の相談をして「やる気」を見せましょう。

自信をもっていない優柔不断な上司や先輩には

イイところや魅力的なところを見つけて「すごいですね」と自信をつけさせる言葉を用いましょう。信頼していること、安心して仕事ができることなどを時々伝えてあげましょう。

女性の上司の前でやってはいけないこと

どのようなタイプの上司でも女性ですから、男性に媚びを売るような部下や後輩は嫌われます。自分との態度が違う、男性の前ではなよなよしている、など女性の部分を全面に出しているのも嫌われますので注意しましょう。

また、マイペースな態度も控えましょう。特に新人のときは会社の規律やルールをしっかりと守ることが大切です。遅刻や無断欠勤なんてもってのほか。時間にルーズなのも嫌われる原因になります。ランチタイムの時間、会議の始まる時間など時間はしっかり守りましょう。

さらに、どんなに親しくなってもため口はいけませんよ。会社ですから、年上の人や先輩には敬意を払ってていねいに話をしましょう。

この記事をシェアする

関連記事