• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

日本はフランスブーム、フランスは日本ブーム

Date:2013.07.29

日本に帰省する際、お土産探しに苦労しています。フランス、パリにあるもので日本人が知らない物はないのでは?と思うほどの情報量と情報の早さ!

欲しい物ある?と聞くと即座に○○のチョコレートと、△△のバター、××の□□味のクッキーなどいろいろなメゾンやブランドの名前がでてきてフランス人もビックリするほどの情報量!

日本でのフランス特集、パリ特集の番組や雑誌、本も多く、レストランやショップの情報収集はフランスでフランスのメディアに頼るより日本のメディア、情報に頼った方が正確でたくさんの情報が得られる事も多々あります。

隣接している国ではなく、歴史的にも地理的にも遠い両国ですが、全く違うからこそお互いがお互いの文化、習慣、芸術を認め合い、惹かれ合っているように感じます。今、というかここ数年フランスではアジア、日本ブーム。

フランスの日本食ブーム

日本=お寿司=ヘルシー、はフランスに限らず今では世界に知れわたりSUSHI、SASHIMI、WASABIなどお寿司用語はほとんど日本語のままローマ字になっており、ちょっと嬉しくなります。

以前はお寿司屋さんでもフォークを使っている人が多かったのですが、今では子どもも大人もお箸で食べる事がステイタス、お箸を使える事が誇らしい!ようです。

数年前まで日本食というとお寿司でしたが、最近ではすき焼き、じゃぶしゃぶ、うどん、そば、天ぷら、丼ものから焼きそば、たこ焼きまで知れ渡り、普通のスーパーでもいくつかの日本の食材は気軽に買えるようになったり、ワインショップでは和食に合うワインのレシピが置いてあり日本食の人気の高さが伺えます。

また日本独特の食材、大根やさつまいも、ごぼう、シソなども時々スーパーで見かけます。”ゆず”はフランスでは人気も知名度も高く、ケーキ屋さんでもYUZUケーキがあり日本食ブームはまだまだ続いています。

フランスの日本文化ブーム

アニメ、漫画の影響あり、フランスの普通の本屋さんには日本の漫画がフランス語訳され、ものすごい量売られていてます。

宮崎アニメだけでなく、昔懐かしい1970、80年代のアニメも多数DVD化されていたり、小説も数多くフランス語訳されていて村上春樹さん、吉本ばななさんなどはフランスでも人気の作家です。

浮世絵、葛飾北斎、広重などの絵は大人気で友人宅で見かける事も多々あり、小さい子どもから大人まで日本の文化に魅了されています。

日本のフランスブーム

ルイ ヴィトン、エルメス、シャネル、カルティエ、クリスチャン ディオール、、、と数多くのフランス高級ファッションブランドをはじめラデュレ、ピエール エルメ、メゾン ド ショコラなどのパティスリー、シャンゼリゼ、凱旋門、エッフェル塔など知名度の高い観光場所など。

とにかく今の日本の好みの衣食住にフランスは大きく関わっています。

違うからこそ惹かれ合う

日本とフランス、全く違った文化、歴史、習慣だからこそ、物珍しく、そしてお互いの良い物を認め合い、そして魅了され惹かれ合うようです。

どちらの国の文化も歴史も全く違いますが衣食住に対する根本的な考え方やポリシー、プライドなどの感性が両国似ているため惹かれ合っているようです。

この記事をシェアする

関連記事