• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

日本のよさを再発見。外国人に喜ばれるジャパニーズ・グッズとは?

Date:2013.12.21

「日本からのお土産」について考えたことがありますか?今回は、日本のことを詳しく知らない外国の方にはどういったお土産が喜ばれるのかを紹介してみたいと思います。

はじめに

グローバル化が進んでいる今、外国人のお友達がいるという人も多いのではないでしょうか。

また、日本の文化は海外でも注目されているので「海外オフ会」なるものも行われているようです(余談ですが…わたしは先日ロンドンで原宿系ファッションに身を包んだ白人の女の子軍団に遭遇しました。本当にお人形さんみたいでびっくり!)。

そういった場面で外国人の方と接する機会があれば、日本からのちょっとしたお土産を渡して、日本のことをもっと好きになってもらえたらいいですよね。

まずは敵を知ることから…

あなたがお土産を渡すことになる人は、少なからず日本に対して興味や関心がある人でしょう。

「日本が好きだ」と言う人は、日本の何が好きなのでしょうか。例えば「伝統」なのか、「流行」なのか、一言で「日本」といってもそこにはいろいろな側面があります。

和柄の手ぬぐいや浴衣、扇子などを喜ぶ人もいれば、つけまつげやスキンケア用品など、私たちが普段使っているものをありがたがる人もいます。

ハローキティやポケモンなどのキャラクターもの、ビレッジバンガードに売っていそうな変わったグッズに興味を持つ人もいるでしょう。

どういう人に渡すのかが分かっている場合は、お土産を選ぶ前にちょっと探りを入れてみて、その人に喜んでもらえそうなものを探しましょう。

実際に喜ばれたもの

わたしは現在イギリスに住んでいますが、イギリス人には「便利グッズ」系のものが特に喜ばれました。

じゃがいもの皮を剥くための突起がついたゴム手袋や、ポテトチップスを食べるためのトングは「その発想はなかった!」と驚かれましたし、実際に気に入って使ってもらっています。また、ねるねるねるねのような変わったお菓子も興味津々で食べてくれました。

贈らない方がいいもの

基本的にはお土産をあげるという行為自体が喜んでもらえるものなのですが、食べ物は一歩間違うと全く食べてもらえないどころか「日本ではこんなものを食べるの?」という目で見られてしまうこともあります。

実際に、わたしは良かれと思って買った抹茶味のお餅のようなお菓子を「苦くて甘くてぐにゃぐにゃして嫌い!」と、全否定されたことがあります。日本とは全く違う食文化を持つ人に渡すときは、あえて日本らしい食べ物は控えた方がいいかもしれません。

また、中国など、特にアジアの国々では送るものの「数」に意味があると考えられていることもあります。日本では、結婚祝いなど「偶数」が好まれることが多いですが、中国では「奇数」が好まれます。

また、数字の「9」は「久」の発音と同じなので特に縁起がいいとして好まれています。色の持つ意味なども文化によって違いますので、贈り物をする際には簡単に下調べをした方がいいでしょう。

終わりに

外国の方にお土産を渡すときに注意したい点を紹介しましたが、参考になるものはあったでしょうか。

基本的には深く考えすぎず、あげたいものをあげるという姿勢でいて大丈夫だとは思いますが、相手との付き合いのレベル(趣味仲間なのか、仕事相手なのかなど)によってはより慎重に選ぶ必要が出てくることもあるでしょう。

どんなものを渡すにしても、気持ちを込めて選んだものであればきっと喜んでもらえるでしょうし、選んだ経緯などを自信を持って話せれば、もし誤解が生じてもちゃんと解決できるはずです。

この記事をシェアする

関連記事