• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

すぐに始められる美肌生活!おすすめニキビ・毛穴ケア

Date:2014.11.25

オデコやほお、顎にできるニキビに、パックリ空いた毛穴。化粧品にも気を遣っているのに、どうして良くならないの?もしかしたらそれは、ケアの仕方が原因かもしれません。

美容法の見直しをすることで見違える程きれいになれるかもしれない、そんな美肌のコツをご紹介します。

オデコのニキビの原因と対策

細かくて色のないニキビがたくさんできる、オデコ。見た目にはわからなくても触るとざらざらしていやですよね。

原因

こんなニキビができる人は、シャンプーが皮膚に合っていない場合が多いです。界面活性剤を使ったシャンプーなどを使用していると、よく洗い流していてもオデコにはその成分が残っていることがよくあるそう。それが溜まりに溜まって、ニキビになるのです。

対策① シャンプーを自然のものに変えてみる

シリコンなどが入っているケミカルシャンプーを使っている人は、オーガニック系のシャンプーに変えてみましょう。ナチュラルなシャンプーでも界面活性剤が入っている場合があるので、ラベルをよく見ること。

対策② シャンプーの仕方を変えてみる

シャンプーが頭皮と顔、他の皮膚に残らないようにすすぎを長くしましょう。おすすめのシャンプー法は、

・お湯1、2分出したまま髪を濡らして頭皮をマッサージ

・シャンプーをいつもの半分使って髪を洗い、洗い流す

・もう半分のシャンプーを使って頭皮を洗う

・頭皮中心に2、3分かけてよく洗い流す

・コンディショナーを毛先中心につけてなじませる

・頭皮にコンディショナーがつかないように2、3分かけてよく洗い流す。特にオデコや顔周りに成分が残らないように、髪の生え際を丁寧にすすぎましょう。

このやり方を欠かさずすれば、ケミカルシャンプーを使っていてもニキビができにくくなります。

頬のニキビと開き毛穴の原因と対策

できているととっても目立つ、頬のニキビ。メイクしても隠しきれない、頬の毛穴。顔の広い面積を占める頬だけに、「ニキビがあるなぁ」という印象を残してしまい、残念ですよね。

原因

頬のニキビや毛穴の原因は、乾燥が多いです。

思春期のニキビならホルモンの影響が大きいのですが、大人ニキビになってくると過剰なニキビケア(さっぱり系の化粧品やアルコール入りのコスメ)によって顔の皮脂が取られすぎてしまい、インナードライの肌になっている可能性があります。

顔がぬるっとするくらい皮脂が出る方も、乾燥の疑いが。乾燥した肌を潤わせるために、体が体内の水分を皮脂として出しているかもしれません。

対策

とにかく潤わせる!化粧水を重ねづけしましょう。目安は、(自分の年代÷10足す1)回。つまり、30代なら4回、40代なら5回です。乾燥を自覚している方なら、それ以上つけてもいいくらいです。

手にたっぷり取った化粧水を最初は顔に滑らせ、手のひらでやさしくプッシュしていきます。手のひらのあたたかさでパックしていくようなイメージで行います。水分が手に残らなくなったら、次の化粧水を。

こうして何度も化粧水を付けていくうちに、かさかさ、ちょっと固めだった肌がぷるん、もちもちの感触になってきます。これが、「水分満タン」のサイン!

よく、「赤ちゃんの肌」が美肌の別名として言われていますが、本当に、そんな感じになるのです。ご自分の赤ちゃんや知り合いの赤ちゃんがいたら、触ってみてください。そんな感じになったら、OKです。

そのあとに、乳液を丁寧になじませて、乾燥が気になる方はクリームを。こうして丁寧にケアした翌朝の肌を触ってみると、もっちりさらさらの感触。きっと驚きますよ。

顎のニキビの原因と対策

赤く腫れて、痛いニキビができやすい顎。しかも一度できてしまうと長く居座る上に、何度も繰り返すというくせもの!マスクをして隠してしまいたい、このニキビの原因は…?

原因

曲面が多く、洗いにくい顎は、洗顔の洗い残し、すすぎ残しが起きやすいエリア。こうして残ったメイクや洗顔料、古い角質がにきびの原因になっていることが多いそう。

また、ストレスによるホルモンの崩れも無視できない原因。婦人科系の問題を起こしている場合もあるので、病院に相談することも視野に入れて。

対策

お家でまずできる対策としては、丁寧な洗顔、丁寧なすすぎです。

シルクプロテインなどの粒子が入ったごくごく優しいスクラブ系(目に見えるようなつぶつぶの入っていないもの)の洗顔料を泡立てずにつけて、優しくマッサージ。

皮膚が動くほど強く洗うと、毛穴が潰れてしまい、毛穴のヨゴレが出てきません。皮膚の強い方なら、手ぬぐいに石鹸を付けて、くるくると円を描くように洗っても。

洗いすぎると皮膚を削るので適度に行います。その後、よく洗い流します。耳の裏側の方まですっきりするように、「もういいかな」と思ってからさらに10回はたっぷりのぬるま湯ですすぎます

そのあと、頬と同じ要領で化粧水の重ねづけ、乳液を。

時間はかかりますが、ニキビレスの肌を目指しましょう

いかがでしたか?私も顔のニキビと毛穴に長年悩んでいましたが、以上のケアを続けて1ヶ月、家族にも気づいてもらえるほど目に見えて肌が変わってきました。お手入れの時間はかかりますが、その分あなたの肌は応えてくれますよ。

目指せ、毛穴レス・ニキビレスの肌!一緒に頑張りましょう★

この記事をシェアする

関連記事