• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

食べ物ばかりではない!?ニキビが悪化してしまう見落としがちな原因

Date:2014.03.09

朝起きて、ふと鏡を覗き込んだら、顔に大きく赤いニキビが…そんな経験、貴女も一度はしたことがあるのではないでしょうか?

頭の中をめぐらせて原因を探ると、「昨日ポテトチップス食べ過ぎちゃったなあ」とか「夕食後のチョコレートかなあ」とか、「そういえば昼にファストフード、がっつり食べたっけ…」なんて、食べ物のことを中心に思い浮かべることが多いことと思います。

でも、ニキビは食べ物ばかりが原因ではありません。無意識に貴女が行ってしまっている行動や癖がニキビを勃発させてしまったり、悪化させてしまっている原因になっているかもしれないのです。

ニキビに悩まされている方、自分の行動を少し見直してみませんか?

1. 帽子

紫外線対策のために帽子をかぶる方も多いかと思います。帽子はお洒落のアクセントともなりますから、かぶるのも楽しいものですよね。でも、その帽子がニキビを引き起こしてしまっているかもしれないのです。

帽子がおでこなどの皮膚にこすれたり、帽子をかぶりっぱなしで通気性を悪くしてしまったり、帽子を小まめに洗わないことで殺菌が発生してしまったりといったことが、ニキビを発生させたり悪化させる原因となってしまうことがあります。

帽子をかぶるなら、ずっとかぶりっぱなしにしないように心がけたり、通気性の良いものを選んだり、洗濯をまめにしたりといった心がけをしましょう。ニキビを隠すために帽子というのはもってのほかです。

2. 携帯電話、スマートフォン

今の私たちの生活には、携帯やスマートフォンはまさに必需品と呼んでも過言ではありません。でも、携帯は汚れがつきやすいのです。

一説では携帯やスマートフォンはトイレの便器よりも細菌が付着しているとか…そんな汚い電話を指で触って、自分の顔に触ってしまったり、汚い電話を耳や横顔に当てた状態で通話したりなんかしたら…ニキビが発生したり、悪化しても納得ですよね。

携帯はまめに汚れをふき取ったりといった対策を取るといいでしょう。

3. ヘアケア製品

もしおでこにニキビが大発生なんてときは、髪に使っている整髪料やヘアケア製品を疑ってみてもいいかもしれません。特に前髪がある方は要注意です。

前髪についたヘアスプレーなどの整髪料がおでこにずっとついてしまっていたり、こすれてしまったりしてニキビが悪化してしまうことが多くあるのです。

心当たりがあったら、ヘアケア製品が肌に触れないように工夫したり、製品を買い換えるのを検討しましょう。

4. めがね

今は視力が悪い人はコンタクトをつけるのが主流となっていますが、好んでめがねをかける人も多くいらっしゃいます。また、紫外線対策としてサングラスを使う方も多いでしょう。

でも、そのめがねのフレームなど、肌に触る部分に細菌や汚れが発生したり付着したりして、ニキビの原因となることがあるのです。

めがねが清潔に保てるように、めがねのクリーナーを携帯すると良いでしょう。

5. スポーツ用品

スポーツをやる方は、何かしらの道具を使う機会があるかと思います。

テニスラケットなり、ジムのマシーンであったり、ダンベルであったり、はたまたヨガマットであったり…そのような器具は汗や汚れが付着してしまっているものです。

それが肌に触れることでニキビを悪化させてする原因となりえます。スポーツ用品は使用後しっかりと汚れを落としましょう。

そしてスポーツ後にシャワーを浴びたり、しっかりと洗顔をすることも忘れずにどうぞ。

6. スキンケア製品

肌の調子を整えたり、美肌を得るためにスキンケア製品を使われることと思います。でも、そのスキンケア製品がニキビの原因となってしまっていることがあるのです。

例えばオリーブオイル。炎症効果や毛穴の黒ずみ対策を初めとして、肌に良いとされているオリーブオイルですが、ニキビ肌には必ずしもプラスに働くとは限らないのです。

オリーブオイルに含まれるオレイン酸はニキビの元となるアクネ菌に好まれるため、ニキビを悪化させてしまう恐れがあるのです。

でも、毛穴の角栓を溶かしてくれる働きもあるため、化膿するニキビができないという方はその限りではありません。自分の肌質を見極め、それにあった対策をとることが大切なのです。

7. 洗顔

ニキビ予防やニキビ改善には洗顔は必要です。でも、洗顔をしすぎたりして、必要以上に皮脂を取り除いてしまうと、乾燥肌になり、それを潤そうと余計に身体が皮脂を分泌しようとしてしまいます。

それがニキビに結びついてしまうのです。

洗顔するとき化学薬品いっぱいのきつい洗顔料を使ったり、必要以上に洗顔しすぎないように気をつけ、肌を潤すために保湿をし、程よい油を肌に与えてあげることを心がけましょう。

この記事をシェアする

関連記事