• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ニキビ跡はバイオイルで綺麗に!女性憧れの美肌に近づくその効果とは

Date:2014.03.19

最近では美容グッズも様々な物が登場し、お肌の悩み別に様々なタイプの化粧品が揃っています。年齢を重ねるとお肌のたるみが気になってきたり、化粧品の使いすぎで黒い毛穴が目立ってきたり、女性には常にお肌の悩みはつき物ですよね。

それでも様々な化粧品を駆使して悩みを解決してきている女性はたくさんいらっしゃると思いますが、今回注目したいのは「ニキビ跡」です。

ニキビは青春時代、つまり、子供の頃から悩まされ、大人になったら大人ニキビで悩まされ、妊娠中にはホルモンバランスの崩れで発生したりと、30代位までの女性は常にニキビの恐怖と隣り合わせなんです。

しかも、やっかいなのは、ニキビ自体が治っても、きちんとケアをしていなければニキビ跡がいつまででも美肌を邪魔してしまうのです。そこで、そんなニキビ跡をケアしたいあなたに、今からでも遅くないニキビ跡のケアグッズをご紹介しましょう。

話題沸騰のバイオイル

それはずばり「バイオイル」です。肌に付けて使用するタイプの美容オイルなのですが、ピュアセリンオイルが配合されていることにより、優れた保湿効果を持っており、ニキビ跡を始めとするお肌の傷をケアしてくれるのです。

また、その保湿効果の高さから、顔に使う場合ですと1~2滴程度で十分ですので、大変経済的ですし、角質の深層部まで浸透するので使い心地がさらりとしており、全身に使うことができます。

ニキビ跡だけでなく、ヘアケア、妊娠線のケア、しわケアなど、様々な用途に使うことができます。使い方は簡単です。最もオーソドックスな使い方は、毎日のお肌ケアの際、化粧水の後に1~2滴お肌になじませるだけです。

通常の乳液のような感覚で使われると良いと思います。また、ラベンダー等のハーブのオイルも数種類含まれていますので、バスオイルとして、入浴の際に数滴垂らすのもおすすめです。さらにスペシャルケアとして、オイルパックもおすすめです。

洗顔後、少し多めにお肌に付けて、5分ほどお湯の蒸気を当てます。その後、クルクルと円を描くようにマッサージをして余分なオイルを優しく拭いてあげれば完了です。髪から爪の先まで全身に使えますので、その使い方はまさに無限大です。

実際に使ってみた

こんなに優秀なオイルだったら使わない手はないと思い、実際に妊娠中に使ってみました。まず、顔のニキビ、ニキビ跡に悩まされていたので、通常通り洗顔し、化粧水をつけた後、バイオイルを2滴付けてみました。

もともと脂性肌だったので、ベタベタしないか心配だったのですが、すっと肌になじみ、ベタベタ感はありませんでした。また、2週間ほど使い続けたところでニキビ跡どころか、ニキビ自体も減ってきたように感じました

保湿がしっかりと出来ていたからでしょうか。さらに妊娠中ということもあり、妊娠線とお腹周辺の肌のかゆみに悩まされていましたので、上半身にも付けるようにしました。

するとしっかりと保湿されるのはもちろんですが、何といっても、他の保湿クリームを使っていたときに気になっていたヌルヌル感が全くなく、使った後すぐでも安心して下着を着けることができました。

もちろん個人差はあるでしょうが、その保湿効果と浸透力はしっかりと感じることができました。もしニキビ跡でお悩みの方、他の化粧品でもなかなか効果が感じられないという方は試してみる価値はあるのではないでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事