• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

にきび跡をお家で消す方法。4つの天然素材できれいになろう

Date:2014.07.15

やっとニキビが治ったと思ったら、後に残ったニキビ跡。できていたニキビの状態にかかわらず、肌の内部が傷ついているとくっきり肌に跡が残ってしまいます。ニキビが治ってからもずっと残っているこの跡のせいで、肌の印象はがくんとダウン。

お化粧をして隠そうとしてもなかなか隠しきれるものでもないですよね。お店で売っているニキビ跡用の化粧品を使うのも良いですが、お家でできる手当てを試してみるのもいいアイディア。この記事では自然のものを使ったニキビ跡のケア方法をご紹介します。

1.ラベンダーエッセンシャルオイル

エッセンシャルオイルを使ったニキビケアは昔からの手法。すでに活用されている方もいらっしゃるかもしれませんね。ラベンダーのエッセンシャルオイルはニキビ跡にも有効に作用してくれます。

方法:

①お水を数滴含ませたコットンにこのエッセンシャルオイルを1滴。

②このコットンをニキビ跡が気になる部分にのせましょう。

※これは洗い流す必要はなく、気にならないのなら一晩中コットンをつけたまま眠っても大丈夫。1日2回、1週間。この手当てを続けて様子を見てみてください。

2.はちみつ

はちみつは、あなたの肌に透明感を与え、柔らかく滑らかな感触をもたらしてくれます。

方法:

①ナチュラルなはちみつを綿棒にとり、ニキビ跡にちょんちょんとつけます。

②そのまま10分から15分おいてぬるま湯で洗い流しましょう。

※自然のものを使った手当ては効果が表れるのに少し長い時間がかかります。1日1回、この手当てを1週間続けてみましょう。

3.緑茶

天然のコスメのいいところは、使っていることで市販のコスメに含まれる化学物質の影響を減らすことができることです。緑茶の抗酸化作用で、ニキビ跡がだんだんと薄くなっていくことが期待できます。

方法:

①熱いお湯で緑茶をいれ、冷めるまでおいておきます。

②そこにコットンを浸して、気になる部分を優しくふきとります。

※この手当ても洗い流し不要。一晩たってあなたの肌がどうなっているか楽しみですね。

4.きゅうり

きゅうりを使ったお家ケアは昔から肌に悩む女性の間で伝わってきた方法。ニキビにかぎらず、シワやその他のトラブルにこの天然のコスメは役立ってきました。このきゅうりはニキビ跡のトリートメントにももちろん有効です。

ただし、新鮮なきゅうりを使うことがポイントです。

方法:

①きゅうりをおろしてガーゼなどで汁を搾り取り、コットンを浸してニキビ跡の気になる部分に塗ります。

②そのまま15分から20分おき、冷たい水で流して毛穴を引き締めましょう。

※この手当てを毎日のお手入れに取り入れ、ニキビ跡以外の肌トラブルにもいい仕事をしてもらいましょう。

にきび跡をお家で消す方法、いかがでしたか?ほとんどがすでにお家にあるものですから、思いついたときに始められそう。これらの自然の手当ては継続が命です。いったん始めたら1週間は最低でも続けることで、効果がだんだんとみられてくることでしょう。

この記事をシェアする

関連記事