• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ニキビをなくしてつるつる肌に!2つの手作りパックレシピ

Date:2014.06.07

ニキビ。おそらくほとんどのオイリー肌の女性たちにとって一番望まない、しかしいつまでも変わらぬ悩みとして君臨するものではないでしょうか。この記事ではニキビについての知識と、その解決法となる2つのパックの作り方についてご紹介します。

ニキビの原因

ニキビは、過剰に分泌された皮脂が毛穴につまり、炎症を起こすことでできます。オイリー肌の一番の悩みが、このニキビでしょう。オイリー肌の皮脂腺は常に皮脂を出し続け、肌をヌルヌルにするので、毛穴に皮脂が溜まりやすくなります。

そして、その皮脂は空気中のホコリや汚れを吸い付け、さらに毛穴につまりが出てきます。結果、ニキビができやすい肌になってしまうのです。

オイリー肌の方は適切なケアを継続的にしていないと、ニキビや毛穴の黒ずみ、その他の悩みに見舞われる可能性がどんどん高まっていきます。

オイリー肌の方がこういった悪循環から抜け出すには、適切な洗顔、保湿、肌の再生への助けとなるようなプロセスが必要不可欠です。また、空気中の汚れや質の悪いメイク用品などを避けるような生活習慣も、ニキビのない肌にとって重要といえるでしょう。

ニキビをケアするパック①

クエン酸をたっぷり含んだレモンは、皮脂の量をコントロールし、肌表面の状態をニュートラルにしてくれます。また、ニキビを悪化させる原因となる細菌を殺菌したり、ニキビ跡を薄くしたりといった効果もあるため、オイリー肌さんにとって理想的な素材。

また、はちみつは天然の保湿成分とアンチバクテリア成分を含んでおり、肌の潤いを守りながら、ニキビに負けない肌作りに貢献してくれます。この2つの強力素材を使ったパックの作り方をご紹介します。

方法:

①レモンを絞り、大さじ1の量のレモン果汁を清潔なボウルに取ります。

②そこに、同じ量のはちみつを入れてよく混ぜます。

③できたペーストを清潔なコットンに取り、顔から首まで均一に伸ばしていきます。

④そのまま15分から20分待ちます。

⑤時間がきたら、冷たい水で洗い流しましょう。

洗い流した瞬間に、ニキビへの効果と輝く肌に驚く方もいるかもしれません。ニキビ跡にも何らかの効果が見られる方もいるでしょう。このパックを週に2回、定期的に続けることで、さらなる改善が期待できます。

ニキビをケアするパック②

インド料理に欠かせないひよこ豆の粉、ベサンとヨーグルトで作るパック。プロテインとビタミンを豊富に含んだベサンと、ビタミンAとCに富んだヨーグルトは肌を柔らかくし、潤わせてくれます。

ベサンは肌の余計な皮脂を取り去ってくれるのにも役立ってくれるとか。このパックもニキビに悩むオイリー肌の効果的なレメディといえるでしょう。

方法:

①ベサン大さじ2にヨーグルを小さじ1を加え、よく混ぜます。

②そこに、レモン果汁を2滴とターメリックをひとつまみ加えてさらに混ぜます。

③洗顔をした顔と首にできたペーストを均一に塗り、乾くまで待ちます。

④20分から30分ほどたってパックが乾いたら、ぬるま湯でパックをふやかします。

⑤ふやかしたパックで顔をマッサージしながらペーストを落としていきます。ぬるま湯で完全にパックを落としきったら、冷たい水で引き締めましょう。

ターメリックとはちみつは、消毒効果のあることで知られています。これらを加えることで、肌をより落ち着かせ、強化することができます。ターメリックにはまた、日焼けを軽減したり、くすみを抑える効果もあります。

ヨーグルトは殺菌効果があることで知られており、ニキビを悪化させる原因となるバクテリアの増殖を抑えてくれます。ニキビが落ち着くまで、このパックを週に2回行いましょう。

効果が現れてきたら、2週間に1回のペースでこのパックを行ない、肌の安定を保ちましょう。

ニキビをケアする2つのパック、いかがでしたか?簡単にナチュラルにできるパックで、ニキビのできにくいツヤのある健康肌を手に入れられたら嬉しいですね。この記事があなたのお役に立てば幸いです。

この記事をシェアする

関連記事