• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

食事に取り入れれば美肌になれる!ニキビを治す7つのハーブ

Date:2014.04.17

ニキビ肌には適切な外側からのスキンケアが必要ですが、それに合わせて内側からのケアも必要になってきます。

その代表としては、油いっぱい、砂糖いっぱいのジャンクフードを避けて、野菜やフルーツを中心とした食生活を送る、水を一杯飲むといったことが挙げられますよね。でも、更にそれにプラスして取り入れていただきたいのがハーブなのです。

ハーブには身体のサビに効く抗酸化物質を含んでいるものや、炎症を抑えてくれるもの、若く見せてくれるものなど、美容効果があるものも多くあるのです。料理のスパイスやアクセントとして、ハーブをもっと食生活に取り入れてみませんか?

1. バジル

パスタやビザ、サラダなどに大活躍のバジルですが、これはニキビ肌に非常に効果を発揮し、健康全体を促進してくれる最高のハーブなのです。

特に肌に置いては、バジルはバクテリアを撃退してくれ、身体のサビの原因となり、更にはしわや炎症、そしてニキビの元となってしまうフリーラジカルを遠ざけてくれるのです。

ぜひサラダのアクセントとして新鮮なバジルを使ったり、スムージーに少し混ぜてみたりと、食生活に積極的に取り入れてみましょう。

2. オレガノ

オレガノは胃腸の荒れや食欲不振、うつなどに非常に効果があるばかりでなく、ニキビ撃退にも大いに活躍してくれる万能ハーブです。オレガノには殺菌効果に加え、抗酸化作用があるクロロフィルを含んでいます。

ニキビにつながってしまう肌の炎症にも効果があり、美肌の強い味方です。サラダやドレッシングに入れてみたり、肉料理に使ってみたり、ハーブティーに入れてみたりしましょう。生でも乾燥のものでも効果があります。

3. コリアンダー

タイ料理やベトナム料理などのアジア料理を中心に、世界で幅広く使われているコリアンダー(別名:シラントロ、パクチーなど)ですが、ちょっと癖があるから苦手という方もいらっしゃるかもしれません。

でも、大丈夫な方は、ぜひコリアンダーもニキビ対策として取り入れてみましょう。コリアンダーは身体のデトックスに効果があり、ニキビにとても効果があるのです。

また、抗酸化効果があるクロロフィルも含んでおり、身体の中を綺麗にしてくれ、低血糖にも効きます。スープやサラダドレッシングなどに入れて試してみましょう。

4. パセリ

料理の色どりや飾りといったイメージが強いパセリですが、ニキビのためには残さず食べましょう。パセリにはデトックス効果があります。また、クロロフィルも豊富ですし、安価なのもうれしいところです。

また、美肌の味方、ビタミンCも豊富に含んでいるのです。そのまま食べたり、刻んで色々な料理に入れたりして、積極的に食べましょう。

5. セージ

セージは薫り高く、その香りからもストレス解消に役立ったり、炎症を鎮めたりという効果が期待できます。また、殺菌効果が高く、病気やニキビにつながるバクテリアを除去してくれる効果があります。

少量で肉の臭みを消してくれたり、深い香りで、シンプルな料理を味わい深いものにしてくれたりするので、肉料理やスープなどに取り入れてみましょう。

6. ニーム

ニームは和名をインドセンダンといい、虫よけなどにも使われているハーブです。身体の中を綺麗にしてくれたり、癒してくれたりする効果があります。

また、過剰な皮脂の分泌を抑えてくれ、皮膚細胞を綺麗にして、ニキビを防いでくれる働きがあります。お茶にして飲むのがお勧めです。

7. ミント

ミントは清涼剤として私たちにも一番と言っていいほどなじみが深いハーブですが、ニキビにも効くのです。ミントは炎症を抑えてくれ、ニキビを防いでくれるクロロフィルが含まれています。

ミントティーやスムージーにして飲んでみましょう。リフレッシュ、リラックス効果もありますよ。

いかがですか?ドライハーブも売っていますが、お勧めはやはりフレッシュな生のハーブです。自分の庭やバルコニーなどで、ハーブを自分で育てると、使いたい時にすぐに新鮮なハーブが手に入るので、お勧めです。どうぞ試されてみてくださいね!

この記事をシェアする

関連記事