• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

日光過敏症にお悩みの方への効果的な紫外線を防止する対策とは?

Date:2013.10.03

疲労感が強い方はなぜ疲労感が強いかと思ったことはありませんか?昨今は紫外線が強いということで日焼け止めは必要不可欠になっています。紫外線は年中照り付けているのです。3月から5月の春でも夏と同じくらいの紫外線が放たれています。

秋は春と同じくらいの紫外線が照り付けていると言われています。外出した次の日に必ずばててしまう、調子が悪い、また、顔に湿疹や水ぶくれができたり、痒かったりすることはありませんか?そのような場合は、日光過敏症という病気があります。

これは名前のとおり、日光にあたると顔に湿疹や水ぶくれが出来、熱中症のような疲労感に襲われるというものです。日焼け止めをしていても重度の場合は水泡や赤みが出てきます。ですが経度の場合は日焼け止めで保護されていてそこまでわかりません。

日光過敏症は放置して紫外線を浴び続けると皮膚がんになりやすいと言われていますから完全な紫外線対策をとって、出来るだけ日に直接肌が当たらないようにしましょう。

hhh日焼け止めクリームを必ずぬるhh

屋内にいる時でも紫外線は窓の反射光からも入ってきますから、日焼け止めは一日中つけるようにしましょう。そのためにも肌にあった日焼け止めを選ぶことが重要です。

もともと日光過敏症になる方は敏感肌ですから敏感肌用の日焼け止めがお勧めです。クーという会社の日焼け止めやアクセーヌという会社の日焼け止めは敏感肌用なのでお勧めです。

日傘や帽子を有効に活用しましょう

日光過敏症の方にお勧めなのはUV99%ではなくUV100%のものです。たった1%ですが、遮断布を使っている分だけ反射光でさえ照り付けるのをシャットアウトしてくれますから、1%の差なのに効果は全然違います。UV100%カットの傘や帽子を選ぶようにしましょう。

サングラスはスポーツ用が軽くておすすめ

サングラスはアクセサリー売り場で売っているUV使用と明記されている分ではUVの遮断が不十分です。ですからメガネ店で販売されているサングラスがお勧めです。

その中でもスポーツ用は横からの光も遮断してくれるものもありますし、軽いということでいいのではないでしょうか。軽さでお勧めなのがホワイト ビューティ社の超軽量UVカットサングラスです。

敏感肌のあまり日焼け止めさえもアレルギーが出てしまう方の紫外線対策法

敏感肌の方は化粧水や日焼け止めを塗ってもアレルギーがでてしまうこともあるのではないでしょうか?その場合におすすめなのはサングラスと帽子と傘ですが、肝心の頬から首にかけての紫外線対策としてお勧めのフェイスカバーがあります。

このフェイスカバーは鼻の下が空いているので呼吸がしやすいというメリットがあります。ホワイト ビューティー社のフェイスカバーがお勧めです。

また化粧品についてはアクセーヌがお勧めです。化粧水からアイシャドーまで敏感肌用に作られています。日光過敏症ではなくても、敏感肌の方は夏の紫外線には特に気をつけていただきたいものです。

この記事をシェアする

関連記事