• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

職場での良好な人間関係の築き方。ストレスフリーで仕事を!

Date:2017.10.18

職場での人間関係に悩む人は少なくありません。

友人であれば気が合うもの同士付き合うことが出来ますが、職場では様々な世代、様々な性格の人間と接し、働かなければなりません。

そのため苦手だと感じる相手が存在することもあるでしょう。

あなたも職場に苦手な人がいることで仕事に行くことが億劫に感じたことはありませんか?

職場は1日の3分の1を過ごす場所です。もっと長い時間を職場で過ごしているという人も多いでしょう。

職場で過ごす時間も人生の貴重な時間です。その時間も有意義に過ごすためにも、良好な人間関係を構築しましょう!


いつも人間関係で悩んでしまう。良好な関係を築けない人の特徴とは

良好な人間関係を築けないという人にはいくつか特徴があります。

そのため人間関係で悩み職場を変えても、新しい職場でもまた同じようなことで悩んでしまうという人も多いでしょう。

ではそんな人の特徴とは具体的にどのような事でしょうか。

協調性がない人

あまり自分から人と関わろうとせずに仕事でも

  • 人に頼らず自分1人でどうにかしようとする
  • 人が困っている時も助けようとしない

など、いつも一人で仕事をこなし、仕事は自分の力だけで成果をだすものだという考えを持っている人は、人が困っている時も手伝おうとはしない、または困っている事にも気が付かないことが多いでしょう。

しかし、組織の中で働くということは自分だけの力で全てやれているということはありません。

自分が気づかないところで自分以外の人が関わっているものです。そういったことを意識してみることも必要です。

また、協調性がない人は職場の飲み会などを毎回避けてしまうため「付き合いが悪い人」という印象を持たれてしまいます。

仕事以外の時間まで拘束それたくない、家でのんびりすごしたい思いもあるでしょう。しかし、お酒の場では同僚や上司などの職場では見ることのできない意外な一面が見られることも少なくありません。それがきっかけで親近感が沸くこともあるでしょう。

気乗りしなくても何回かに一度はそういった飲み会などにも参加してみることです。

真面目すぎて融通がきかない

仕事をする上で「真面目」という性格は悪いことではありません。

しかし、その真面目さゆえに自分の考えには自信がありそれを人にも押し付けてしまうことがあります。

自分にも考えがあるように、他人にもそれぞれに考えがあります。自分の意見ばかり通そうとせずに相手の話にも耳を貸すことが必要です。

空気が読めない人

空気が読めない人は周りから自分がどんな風に見えているか、周囲がどんな気持ちになっているか、と客観的にみることができません。

そのため自分だけの感情を優先してしまい、つい行き過ぎた行動や言動がみられます。

それらのことが他人に嫌な印象を与えてしまう場合があります。

他人を見下している人

自分の意見や考え方に絶対的な自信があり他人の意見を全く受け入れないという人の多くは自分では気づかないところで他人を見下してしまっている場合があります。

そんな気持ちはおのずと態度にも現れてくるでしょう。傲慢やワンマンな態度は接する相手に良い印象を与えません。

自分の考えや意見をきちんと持つことは大切なことですが、一度冷静になり人を尊重することも良好な人間関係を保つためには大切なことです。

人を第一印象だけで判断してしまっている

第一印象はその後の人間関係を築く上でとても重要なものです。人の心理現象により第一印象で受けたイメージがその人のイメージとして印象づいてしまうことも少なくはありません。

この第一印象が悪く「付き合いにくい」と感じた相手とはその後距離を置いてしまいその人がなんとなく苦手な人になってしまっていませんか?

第一印象も大切ですが、その後深く接してみれば思っていた印象と違った、という場合も多いです。ですから他人を第一印象だけで判断してしまうのではなく、もっと人に興味をもって接してみましょう。

予想外に良い部分を見つけることができたら人間関係を良好にするきっかけにもなることでしょう。

またこの第一印象の効果を利用して初めて会う人にあたなの事を「付き合いやすそう」という印象を与えられれば良好な人間関係を構築していけるきっかけになりますね。

八方美人になってしまう人

八方美人と言われる人は誰とでもうまくやっていきたい!と良好な人間関係を意識しすぎるあまりに、結果的に誰にでもいい顔をしてしまいます。

そんな人は

  • 自分の意見がない人
  • 何を考えているか分からない
  • 人から信用されず信頼関係を築きにくい

という印象を持たれてしまいます。

謙虚さも大切!上司との良好な関係を築くためのコツ

上記のような特徴が他人に嫌厭されてしまう原因にもなりかねません。自分にはいくつ思い当たることがあるか冷静に考えてみましょう。

それらを踏まえた上で職場の人間関係を良好にしていくコツを身に着けていくことです。

職場では上司、同僚 部下と、様々な関係性がありますよね。まずは上司との良好な人間関係の築き方を紹介します

上司とは適度な距離感でいることが重要

上司とより良い関係を築きたいあまり親しくなり過ぎるのはよくありません。プライベートに立ち入りすぎると仕事でも私情を挟んでしまいがちです。

またあまりにもプライベートに立ち入ってしまうと、図々しいと思う人も少なくありません。

上司のタイプを見極めながら接することです。あくまでも仕事上の上司と部下という関係性は大切にしなければなりません。

しかしながら信頼関係を築いておくことも重要なことです。

上司ときちんとした信頼関係が築けていないばかりに、仕事で行き詰ったり、トラブルが発生したりしたとき相談しにくいということがあります。

上司とは人生の先輩でもあります。私生活での悩みも相談できるくらいの関係性を築いておけば仕事上のトラブルなども相談しやすく、仕事もスムーズに進められるはずです。

話は素直に聞くこと

上司と歳が離れている場合は考え方に大きな違いがあり過ぎてなかなか尊敬できない、共感できない、ということも多いかもしれません。

しかし、歳の差の分、人生経験も豊富です。上司のアドバイスや意見は素直に耳を傾けるようにいましょう。そして意見を求められれば自分の意見はしっかりとアピールしましょう。

それだけであなたの印象はぐんとアップすることでしょう。

無能・理不尽さが目立つ上司の接し方

上司でも人間です。様々な性格の人がいて、上に立つ人間だからと言って必ずしも尊敬できる人とは限りません。あきらかに仕事が出来ず、部下の足を引っ張るタイプも存在するでしょう。

そういった人は大抵自分のミスを部下に押し付けます。そして理不尽な発言も多い傾向にあります。

しかし、そんな上司を劇的に改善するのははっきり言えば難しい話でしょう。上司の嫌な部分を本人に思い切って指摘したとしても素直に受け入れて改善してくれる可能性は極めて低いと言えます。

それどころか今後の人間関係をさらに悪化させてしまいかねません。そのようなリスクを負うよりも「この人はこういう人なのだ」と受け入れてしまうことができればそれに越したことはありません。

▼嫌味な上司への対策についてはコチラも参考にしてください!

嫌味な上司対策の記事のトップ画像キャプチャ

▼気分屋な上司への対策についてはコチラも参考にしてください!

気分やな上司対策の記事のトップ画像キャプチャ

あなたに原因がある場合も!?上司との関係が悪化する原因

上司との関係が上手くいかない原因として以下のことが挙げられます。

  • 自分の都合の良い報告しかしない
  • 不平不満が多い
  • 責任感がない

などがあります。

あなたにこれらの要素があることで上司に嫌な印象を与えている可能性もあります。

思い当たることがあるという人は改善することで、上司のあたなに対する接し方がこれまでとは変わってくるかもしれませんよ。

▼嫌われる部下の特徴についてはコチラも参考にしてください!

嫌われる部下の特徴の記事のトップ画像キャプチャ

気の合う人でも境界線が必要!同僚と良好な関係を築くためのコツ

同僚と友人は似ているようで微妙に違います。もちろん、同僚から親友になる場合もありますが、良きライバルという位置づけが理想的です。次はそんな同僚との良好な関係の築き方を紹介します。

気持ちのよい挨拶が基本

毎日の挨拶は笑顔と一緒にしっかりすることが重要です。あなたが気持ちのよい挨拶を徹底することでたとえ暗い職場でも明るい雰囲気に変えることが出来るでしょう。挨拶にはそれだけの効果があります。
そのため、挨拶を怠ればなんとなく気まずい空気が流れてしまうものです。あなたから積極的に挨拶をすることで同僚も心を開きやすくなります。

悪口には加担しないこと

同僚とは上司としない気軽な会話も多いでしょう。しかし同僚との会話はポジディブな内容のみと徹底することです。相手から上司や他の同僚の悪口が始まったら「そうなんだ~。」くらいにとどめて決して悪口に加担しないことです。加担してしまうことで職場での人間関係のトラブルの原因となることもあります。

また、そういった話題が多い人とは深く関わらないことです。会えば挨拶をする程度にしておきましょう。

プライベートまで見せる必要はない

逆にとても気の合う同僚とは仲を深めたいと思う事でしょう。しかしあくまでも同僚です。仕事をする関係性であることを忘れないようにしましょう。

気が合うからとすぐにプライベートを見せる必要はありません。

あまり距離が近くなりすぎるとその関係性が仕事に影響を与えてしまうこともあります。気が合う相手でも仕事上の付き合いと割り切った方が上手くいく場合もあります。

信頼関係を築くことは大切。コミュニケーションはしっかりと!

同僚とは様々なことで協力し合う機会が多いことでしょう。

仕事だけでなく、職場の行事や飲み会の幹事など一緒に協力しコミュニケーションをとることで信頼関係を築くきっかけになります。

パワハラのリスクを恐れない事!部下と良好な関係を築くためのコツ

少し前の日本は縦社会で、入社すれば終身雇用であり、能力とは関係なく年功序列というシステムでした。

しかし現在では若くても実力次第で上を狙っていける時代です。

そのため年齢や性別が関係なくなり、年上の部下や、女性の上司と男性の部下など、そんな関係性でどう接したらよいか分からないという人も少なくありません。

次はそんな場合も含めて部下との良好な関係の築き方をご紹介します。

部下のことを知ろう

最近ではパワハラと騒がれてしまうリスクがあるために部下とのコミュニケーションの取り方が難しい時代です。

しかし、部下の仕事内容だけでなく多少のプライベートも把握しておくことは上司として必要なことです。部下が今興味のあることや悩んでいる事をどの程度把握できていますか?

普段しっかりとコミュニケーションが取れていなければ、部下のプライベートなことが原因で起こるトラブルは防げる可能性もあります。そしてそれが信頼関係へとつながっていきます。

部下との壁は取り払ってしまうことです。部下を褒めるとき、ついでに仕事以外の話も振ってみて、部下のプライベートな部分を知る機会を作りましょう。

年上の部下には言葉の使い方に気を付けよう

年功序列の時代では部下が年上というケースは稀だったことでしょう。しかし能力主義となった現代では部下が年上というケースは少なくありません。

これには能力主義社会という理由の他に会社の倒産やリストラにあい、40代や50代で転職しなければならない人が増えたということもあります。

年上の部下、年下の上司とは良好な関係が築けていなければなんとなく接しにくい相手となってしまいますよね。

特に年齢を重ねていればその分、変なプライドがあります。部下という立場をわきまえてはいるつもりでも余計なプライドが邪魔をしてしまう人も多いでしょう。

上司であればそんな年下の部下の上手な使い方も極めなければなりません。ではそんな部下にはどのような対応が理想的でしょうか。

それは逆にそのプライドを利用するのです。しかし、年上部下が天狗になるような言葉を使ってはいけません。

「〇〇さんは経験がある分やっぱり仕事が早いね」
これは、「当然」と年上部下を天狗にしてしまう言葉です。

「〇〇さんの効率よい仕事のおかげでとても助かります」
この言葉は年上部下のプライドも守られやる気も起こす言い方です。

同じ内容のことでも言い方1つで変わってきます。年上の部下と良い関係性を保つためには言葉を選んで使うようにしましょう。

部下を叱る時の注意点

仕事をしていれば部下を叱らなければならない場合も出てくるでしょう。

しかし間違った叱り方をしてしまうと逆に部下のやる気をなくしたり、悪い印象を与え関係が悪化したりすることがあります。

部下を叱るきには以下のことに気を付けましょう

感情的にならない
感情が入ってしまうと部下は委縮してしまいその時の気持ちをずっと引きずってしまうことでしょう。感情的になっていると感じるときはまず深呼吸をしましょう。一度気持ちが落ち着いてから冷静に話をするようにしましょう
他の人がいる前で叱らない
他の同僚などがいるところで叱ってしまうと部下はみんなの「見せもの」になってしまいます。

その場合、部下は叱られている内容よりも恥ずかしさや悔しさの方が強くなってしまうものです。それではお互いになんのメリットもありませんね。

今後のことに重点を置いて話すこと
上記の理由から1対1で話すようにしましょう。また話す内容も今後どうしていけばよいか?ということに重点を置いた話し方をするようにしましょう。ミスを責めてしまってはいけません。

ミスが起きた原因や解決方法を考えさせる言い方をすればこの失敗が今後の仕事に活かせるはずです。

▼部下の叱り方のコツについてはコチラも参考にしてください!

部下の叱り方のコツの記事のトップ画像キャプチャ

限界を感じたら転職もあり。改善できることがあれば努力しよう!

最近では学校だけでなく職場でも悪質ないじめが行われている場合もあります。

どんなに努力しても良好な人間関係を築くことが難しい場合は思い切って転職してしまうことも1つの方法です。無理をして過度のストレスを抱えてしまえばうつ病の原因にもなりかねません。

しかし職場の人間とうまくいかない悩みを常に抱えてしまうという人は転職してもまた同じ悩みを抱える可能性が高いでしょう。

自分の努力次第で改善できることがあれば是非挑戦してみるべきです。

良好な人間関係がもたらす効果は人生を素晴らしいものに変える可能性が秘められています。人は他人と接してこそ体験できる感情や学びがあります。

ポジティブな気持ちを忘れずにまずは毎朝、笑顔で挨拶することから始めてみましょう!

職場で良好な人間関係がストレスフリーへの毎日へとつながっていくことでしょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント