• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

職場の人間関係の悩み改善!嫌いな人との上手な付き合い方

Date:2014.02.19

転職するナンバーワンの理由、それは職場の人間関係です。その職場が楽しいか楽しくないか、やりがいを持てるか持てないか、の違いは職場の雰囲気、つまり人間関係で決まるといっても過言ではありません。

あなたの職場に嫌いな人はいますか?その嫌いな人との関係で悩んだりしていませんか?ここでは職場にいる嫌いな人との上手な付き合い方のコツを紹介いたしましょう。

(1)「嫌い」という感情を表に出すべからず

職場にいる苦手な人と一緒に仕事をする機会もあるでしょう。そのとき、気をつけてほしいのが「嫌い」「苦手」という態度を表に出さないということです。

「自分を好きでいる人に対して好意的な思いを持ち、自分を嫌っている人には敵対心をもつ」これが人というものです。もし、あなたのことを嫌いな人がいたらその人を好きになれますか?「あの人に嫌われている」と分かれば相手のことを好きにはなれませんよね。

それは自分のプライドを傷つけられるからです。なので「あの人いやだわ」と思ってもその気持ちを態度に出さないことが重要なんです。ビジネスライクで付き合うことが大切ですね。

これで職場の苦手な人との関係がうまくいくわけではありませんが、今以上に関係性が悪化するのを避けるためには必要なので努力してみてください。逆に相手があなたに対して敵意を表しても何食わぬ顔で気が付かないふりをするのも賢い大人の対応です。

めげないで頑張りましょう!

(2)嫌いな人の悪口は絶対に他人にいってはダメ!

職場に嫌いな人がいる場合、誰かに「その人の愚痴や文句を聞いてほしい」「私の気持ちを共感してー!」って思ったりしますよね?しかし、その人の悪口や愚痴は絶対に職場の人には言わない方がいいと断言します。

というのも悪口や噂話とうのは、人によっては蜜の味ですから。「これ、誰にもいわないでね」なんて、ここだけの話は女性特有の悪いクセ。一度、口に出した言葉は、誰かにしゃべられると覚悟しておいた方がいいでしょう。

あなたが苦手な人の悪口や愚痴をこぼせば、遅かれ早かれ、その苦手な人のもとへまわりまわって流れ伝わってしまいます。人から人へなので話が膨らんでひどい結果になりかねません。苦手な人の悪口こそ絶対に職場の人には言ってはいけませんよ。

(3)”柳に風”で受け流す

常日頃から上司に嫌味な言動をされているとします。私たちの腹の中では(そんな言い方しなくてもいいのに)そう思いますよね。また、真面目な人であれば(また、私が悪かった)と落ち込んでしまうかも…。

そうなったら「もう限界!会社に行きたくない」と思い始めるのも時間の問題です。そのような事態にならぬようスルー力を身に付けましょう。

(上司は、何らかしらの事情があるからそのような言葉でしかいえないんだ)とか(嫌味な言い方しか言えないかわいそうな人なんだ)と考えるのです。そう考えるとまた嫌味な言動をとられても前より辛いという気持ちが薄まるはずです。

また、苦手な人からの助言や叱りの言葉であっても、自分の仕事に役立つ場合もあります。

単なるはけ口の場合もありますが、大切なこととそうではないことをしっかりと自分の中でフォルダ分けして、大事なことは今後の参考に、大事ではないことはどんどん切り捨てて気にしないように!

重箱の隅をつついたようなことをチクチク言われても”柳に風”でいちいち気にしない。人の言葉に左右されず自分の仕事には責任を持って取り組むことに専念してくださいね。

(4)協力には協力で、対立には対立で

嫌いな人と一緒に仕事をする際、険悪なムードだとうまくいく仕事もうまく行きません。

相手から嫌な目になっても無理にでも合わせた方がいいのか、相手から舐められないためにも高圧的な態度で接すればいいのか、どちらが相手と協調して仕事をしていくことができるのでしょうか。

仕事だからこちら側が折れて相手の言う通りに合わせてばかりいると相手から舐められます。相手はこちらを弱い人間というレッテルを貼り、脅してでも従わせようとするかもしれません。

逆に相手に舐められないよう高圧的な態度をとれば、ますます相手はケンカ腰な態度にでてくるでしょう。そんなときは、”テットフォータット”で接することをおススメします。テットフォータットを訳すと「しっぺ返し」という意味。

「相手が協力的に接してきたら、こちらも協力的な姿勢で返す」「相手が優しく接してきたら、こちらも優しさで返す」「二人だけのとき、嫌味や意地悪をされたら、こちらも冷たい態度で接する」といった感じです。

相手も「自分が協力的だったらあの人も協力的になり、自分が対立的だとあの人も対立的な態度になるんだな」と考えながら接してくるに違いありません。

(5)「苦手は苦手でよし」割り切りが大事

嫌いな食べ物をガマンして食べてもおいしいと思えないですよね。それと同じことで苦手な人を好きと思おうとしてもそれはムリです。苦手な人ともうまくやろうと思っても出来ないこともあります。

(あの人が苦手だ)→(仲良くしないとダメだ)→(相手に嫌われたり自分が相手とうまくいけないのは私が悪い)→(うまくいかなくて苦しい)この悪スパイラルにハマると会社に行くことだけでなく、仲良くできない自分自身を受け入れられなくなります。

「苦手は苦手でよい」と割り切った方が精神的にラクです。

終わりに

職場では嫌いな人や苦手な人とも一緒に仕事をしなくてはなりません。以上の5つのポイントを上手に活用し、嫌いな人とも自分なりの付き合い方でうまくやっていっていただけたら幸いです。くれぐれもストレスを溜めないことが大事ですよ!がんばってください。

この記事をシェアする

関連記事