• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

パパにも知ってもらいたい!妊婦さんとベイビーの様子〜5ヶ月目〜

Date:2013.08.24

妊娠期間中は、身体も心も、日々大きく変化していきます。

とは言え、つわりに大きな苦労をすることの多い妊娠3〜4ヶ月目あたりまでは、それを乗り越えるのに精一杯で、つわり症状以外では「自分が妊娠していること」をなかなか実感できない、という妊婦さんも多くいらっしゃいます。

そんな状態が変化してくるのが、お腹が少しずつ目に見える程度に膨らみはじめ、戌の日の「帯はじめ」というイベントも迎えることになる、妊娠5ヶ月目の時期です。そこで今回は、妊娠5ヶ月目の時期がどのようなものであるのか、ご紹介してみたいと思います。

妊娠5ヶ月目とは

妊娠5ヶ月目とは、16〜19週目の時期をさします。洋服の上からでもお腹の目立ってくる妊婦さんが増えて来たり、戌の日・帯はじめのイベントがあったりと、「妊娠している」ことを意識しやすくなりはじめる時期です。

また、16週目以降は「安定期」と呼ばれる時期に入る妊婦さんが多く、マタニティスポーツなどを楽しむことのできる場合も多くなります。妊娠初期の「どれだけ気をつけていても流産してしまう」時期の終わる頃なのです。

妊娠生活を、積極的に楽しめるようになる妊婦さんも多いことでしょう。つわりのおさまってくるこの時期あたりから、体重管理が重要になってきます。この時期から始められるようになるマタニティスポーツは、積極的に行いたいところです。

もちろん、スポーツを行う際は、お医者様に確認・相談してから行ってくださいね!

妊娠5ヶ月目の妊婦さんの様子

早い方であれば、この時期から妊婦さんは、ついに胎動を感じることができるようになりはじめます。

とはいえ、胎動を感じられるようになる時期は平均すると20週前後と言われていますし、活発に活動・お仕事をされている方では、8ヶ月目に入ることにやっと感じられるようになった、という方もいらっしゃいますので、この時期になれば感じられる、と一概に言えるわけではありません。

感じられない場合でも、あまり気に病まないようになさってくださいね。また胎動は、初産の方よりも経産婦さんの方が感じやすいようです。

この時期の妊婦さんですと、この他にも、便秘になりやすかったり、おりものが多くなったりする方も多くいらっしゃるようです。お腹が大きくなるに従って、お腹が冷えやすくもなってきます。妊婦帯や腹巻きなどを積極的に利用して、冷えを防止したいところです。

妊娠5ヶ月目のお腹の赤ちゃんの様子

妊娠5ヶ月目になりますと、お腹の中の赤ちゃんの身長は、おおよそ25cm程度、体重はおおよそ280g程度になります。妊娠4ヶ月目ではレモン程度の重さでしたが、妊娠5ヶ月目ではオレンジ程度の大きさになるのです。しっかりと成長してきているのですね。

また、身体の組織がよりしっかりとしてくることで、脂肪がつきはじめるのもこの頃です。頭身は3頭身くらいとなるでしょう。

妊娠5ヶ月目の時期まで、妊婦検診の超音波写真では赤ちゃんの全身を見られていたかと思いますが、赤ちゃんが大きくなってきたため、それが難しくなります。顔・身体・手足など、これ以降は部分的に確認していくことになるでしょう。

またこの頃になると、赤ちゃんの感覚が発達してきます。嗅覚・視覚・聴覚も成長し始めますし、触覚に関しては、ほとんど完成に近づいています。なお、一番最後に発達し始めるのが味覚であると言われていて、これは妊娠7ヶ月目あたりから発達し始めるようです。

また、指先には指紋ができてきたり、爪も生えて来たりもする時期です。脳が発達してくる時期でもありますので、動きが活発になったり、器用な動きができるようになるのですね。

お腹の赤ちゃんの性別が検査でわかるようになり始めるのもこの頃です。「事前に知りたい」という方は検診の際にぜひ、先生に聞いてみてください。逆に「生まれてくるまで知りたくない!」という方であれば、先生には事前にその旨を伝えておく方がよいでしょう。

妊娠5ヶ月目を過ごすポイント

妊娠5ヶ月目を過ごすにあたっては、お医者さんと十分に相談の上、「積極的に活動する!」という感じになってくるかと思います。妊娠初期の不安定で、かつつわりのある時期も超え、妊娠後期のようにはお腹が大きくなりすぎてもいない時期です。

妊娠5・6・7ヶ月の間は、活動をするのには、妊娠期間中でもっとも「ちょうどいい」時期なのです。

戌の日の帯はじめのイベントも、もちろん行わなくても何の問題もないものではありますが、気分転換にも記念にもなりますので、参加できるようでしたらぜひ参加しておきたいものですし、どういった腹帯を使うのか(もしくは使わないのか)などをいろいろと調べてみたり、試してみたりもできますね。

出産後のことも考えながらマタニティ下着を選んでみたり、マタニティファッションを楽しんでみるのもいいでしょう。体重管理のためにももちろん、出産に向けての体力作りとしても、マタニティスポーツは積極的に行いたいところです。

お腹が大きくなるに従って、「妊娠線」が気になり始める妊婦さんも増えるかと思います。妊娠線は、未だ完全に防げる方法の見つかっていないものです。

しかし、妊娠線ができてしまう理由・メカニズムに関してはわかっていることも多いですので、気になる方であれば、お腹が大きくなり始める前から、ケアを始めることをオススメします。

妊娠線ケアのためのクリームなどのグッズには、成分ももちろん、においにも様々なものがあります。好きな香りのものを選べばリラックス効果も得られますので、楽しんで選びたいですね!

また活発に動けるようになるこの時期、パートナーとのセックスについて、行っても大丈夫なのかと不安に感じ始める方も増えるかと思います。妊娠初期・後期は避けた方がよい場合も多いですが、中期であれば、激しいものでなければ基本的には問題ないと言えるでしょう。

いかがでしたでしょうか。妊娠生活をより楽しめるようになる日々の幕開けである、妊娠5ヶ月目。みなさまもどうか、楽しんで過ごしてくださいね!

この記事をシェアする

関連記事