• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

妊婦さん必見!場合によって違ってくる、妊婦さんのもらえるお金一覧

Date:2013.12.09

現在日本では、自治体によって金額などの差はありますが、基本的に全ての妊婦さんが、無料で妊婦検診を受けられるようになっています。

しかしそれでも、妊娠・出産にはお金がかかります。産後はさらに出費のかさむことが多いため、妊婦さんは出産に向けての身体の変化だけでなく、経済的な点にも頭を深く悩ませることになる場合が多いのです。

ですから妊婦さんにとって「もらえるものはもらっておく」というのは、とても大切になってくるのですね。そこで今回は、どんな妊婦さんがどんなお金を受け取ることができるのか、ご紹介してみたいと思います。

妊婦さんが受け取ることのできるお金・1;出産育児一時金

出産育児一時金とは、出産に際し、健康保険から受け取ることのでできる手当金です。基本的には、健康保険組合から産院に直接支払われることとなっています。

金額は赤ちゃん1人につき42万円で、赤ちゃんのお父さん・お母さんの両方ともが健康保険に加入している場合は、どちらの保険から支給を受けるか決めておく必要があります。

この手当金に関しては、健康保険に加入している人であれば全ての人が受け取ることができます。また、出産に際し42万円以下の金額しかかからなかった場合は、後日、差額が給付されることになっています。

妊婦さんが受け取ることのできるお金・2;乳幼児の医療費助成

こちらは、妊婦さんの住んでいる自治体から受けることのできる助成となっています。赤ちゃんが健康保険に加入することが条件で、こちらも出産育児一時金と同じく、どのような環境にいる妊婦さん(赤ちゃん)でも助成を受けることができます。

手続き・申請は自治体の窓口で行うことになりますので、事前に調べておき、出生届を提出した後は早めに申請手続きを行うようにするのがよいでしょう。

なお自治体によって、助成が行われるのが乳幼児までの場合・小学生や中学生までの場合・高校生までの場合など、大きく差が存在しています。

妊婦さんが受け取ることのできるお金・3;医療費控除

医療費控除とは、確定申告の際、その年に払った医療費が一定よりも高額になっている場合に受けることのできる控除のことです。これには、妊婦健診代や出産のための入院費なども含まれます。

妊婦さんは、通常時よりも様々な病気や不調に見舞われることが多くありますので、妊娠・出産のあった年の医療費は控除の対象となることが多いです。医療費に関わる領収書は必ず保管しておいて、確定申告の際に規定の方法で提出するようにしましょう。

この控除に関しても、全ての妊婦さんが受け取ることができます。

妊婦さんが受け取ることのできるお金・4;出産手当金

出産手当金とは、出産日を含めた産前・産後休業中に受け取ることのできない給与相当分として、加入先の健康保険から支払われる手当金のことです。日給の3分の2に相当する金額が、休んだ日数分支払われます。

この手当金は、申請をできるのが産後であり、また受け取ることができるのは「勤務先の健康保険に加入している」「保険料を支払っている」「産後も仕事を続ける」という3つの条件を全てクリアしている妊婦さんのみになりますので、注意が必要です。

妊婦さんが受け取ることのできるお金・4;育児休業給付金

育児休業給付金とは、育児休業中、月給の半分に相当する金額を受け取ることができる、というものです。勤務先に事前に申請書などをもらい、育休前に勤務先に提出する必要があります。

受け取りは、申請してからおおよそ4〜5ヶ月後(産後57日目以降)で、2ヶ月分ずつ支給されることになります。

またこちらの給付金も、受け取ることができるのは「勤務先の健康保険に加入している」「保険料を支払っている」「産後も仕事を続ける」という3つの条件を全てクリアしている妊婦さんのみとなっています。

妊婦さんが受け取ることのできるお金・5;失業給付受給期間の延長

被雇用者が退職をした場合、ハローワークから再就職までの間、失業給付金を受け取ることができますが、妊婦さんの場合は妊娠・出産を控えての再就職が困難なため、特例措置として、受給期間を延長することができるのです。

もらえるのは、日給の5〜8割の金額×規定の日数分です。この制度を利用できるのは「勤務先の雇用保険に入っていた」「妊娠・出産が理由で退職した」「産後も就業したいと考えている」妊婦さんのみですので、こちらも注意が必要です。

以上、いかがでしたでしょうか。数ある制度を賢く利用して、少しでも経済的な不安のない出産を迎えられるようにしたいですね!

この記事をシェアする

関連記事