• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

動くのは怖いかもしれないけれど……妊婦さんにもオススメのスポーツ

Date:2013.08.23

妊娠中の生活というのは、気をつけること・気をつけたいことがいっぱいです。

特に妊娠しはじめ、初期の頃は、特に初めての妊娠の場合、何に気をつければいいのかもハッキリとはわからず、ひたすらに、できる限り慎重な生活を続けることになってしまったりということになりますね。

けれどつわりが少しずつおさまってくる頃でもある、安定期と呼ばれる5ヶ月目に入ったあたりからは、体力づくりと体調・体重管理のためにも、積極的に身体を動かすことが推奨されてもいます。

もちろん体調に関しては、出産の直前までつわりが続く妊婦さんもいらっしゃるなど、とても個人差の出てくるものでもありますし、お医者さんとの相談が必要なことでもありますが、スポーツを楽しみたいのは出産の体力づくりのためだけではありません。

身体を動かすことで、腰痛や肩こりが解消して妊婦さん自身が楽にもなりますし、汗を流すことでスッキリと気分転換することもできます。

しかし「スポーツを楽しむ」といっても、当然、妊娠前と同じように……というわけにはいきません。やはり気をつけなければならないポイントもありますし、「特にこういうスポーツがオススメだよ!というものもあります。

そこで今回は、妊婦さんには避けた方がよいとされているスポーツと、妊婦さんにオススメされているスポーツとについて、ご紹介してみたいと思います!

注意して!妊婦さんは避けた方がいいスポーツがあります

避けた方がよいスポーツを知るためには、「どのようなポイントから、スポーツが妊婦さんに推奨されているのか」を知ることも必要ですね。

妊婦さんにオススメされているスポーツの条件とは、「お母さんもお腹の子どもも安全であること」「しっかりとスポーツを行ったことによる効果が身に付きやすいものであること」の2点です。

外因的な条件ではありませんが、「妊婦さん自身が行っていて楽しいと感じられるもの」というのも入れてもよいかもしれません。つまり、行わうことを避けた方がよいスポーツというのは、この逆のもの、ということになりますね。

妊婦さんの身体は、体型も内部器官もホルモンの様子もそうですが、筋肉や関節の様子に関しても、妊娠前と比べ大きく変化してしまっています。そうしたことを総合して考えると、「激しいスポーツは避けるべき」という結論になるかと思います。

具体的な例をあげるのであれば、バレーボールやバスケットボールやテニスなどの激しい対戦競技、スキーやスケートなどのスピードを伴うもの、山登りや各種ダイビングなどの過酷で環境負荷の高いもの、がこれにあたるかと思います。

妊婦さんにオススメのスポーツ・1;マタニティスイミング

妊婦さんにオススメされているスポーツの1つに、マタニティスイミングがあります。マタニティスイミングは古くから妊婦さんに親しまれているスポーツで、効果も非常に得やすいと、高い評判を持っているものです。

水中では、水の浮力のおかげで、身体が軽くなったように感じることができます。水の中にいるだけで水圧による刺激をうけられるので、全身の筋肉に作用し、腰痛をやわらげてくれたり、全身運動の効果を得ることができたりします。また水泳の動きによって、肩こりにも効果があります。

マタニティスイミングに関しては、専門のプログラムを持っている場所が多々ありますので、そうしたところをぜひ利用して、安全に取り組んで行って欲しいと思います。

そうした場所の中には、室温や水温や湿度を通常の室内プールとは違い、妊婦さんに一番適したものに変えてくれている場所もありますよ!

妊婦さんにオススメのスポーツ・2;マタニティビクス

次にオススメなのが、マタニティビクスです。マタニティビクスとは、妊婦さん向けに開発された、大きなお腹でも無理なくできるエアロビクスのことです。

ただ、エアロビクスを行ったことのある方ならご存知かとは思いますが、このマタニティビクスは、「思っていたよりも激しいかも……?」と感じられる方もいらっしゃるかもしれません。エアロビクスも、外から見ているよりも、激しいものですものね。

ですので、妊娠前は全く運動をしていなかったというような方ですと、少し驚かれるかもしれません。お産に向けての体力アップや、妊娠中の体重コントロール、産後の体型戻しに効果があります。

マタニティビクスは、これもマタニティスイミング同様、腰痛や肩凝りに効果のある動きが取り入れられています。また、妊婦さんにありがちなこむら返り(足がつる)といったような症状をおさえたり、便秘を予防するような効果もあるようです。

妊婦さんにオススメのスポーツ・3;自宅で自分だけでもできるもの

最後にご紹介するのは、自宅で、妊婦さんご自身だけでもできるものたちです。マタニティスイミングやマタニティビクスは、専門の指導員のもと、管理された環境で行うものです。

動きや内容を覚えたからといって、ご自宅や自分の判断だけで実施することはあまりオススメできませんので、ご注意くださいね。

一方、以下のものは、ご自宅でご自分ひとりだけしかいなくても、気軽に行うことができます。
それが、「散歩」「ウォーキング」「妊婦体操やストレッチ」です。

散歩やウォーキングは、水分補給と、熱射病・日射病や、体温調節にさえ気をつけていれば、いつでも行うことができます。もちろん、疲れたと感じたらすぐに座って休憩して、無理をしないことが必須条件です。

妊婦体操やストレッチに関しては、ご自宅から出る必要もありませんね。一日に2〜3回、リラックスして行える自由なタイミングで実施するのがよいかと思います。「ただのストレッチ」だと侮るなかれ!

伸ばすところを伸ばすだとか、呼吸に気をつけるだとか、指定通りの正しい姿勢を行うだとか、細かいところに少し気をつけるだけで、驚く程の発汗効果があったり、意外と心地よい疲労を感じたりすることさえできるものです。

以上、いかがでしたでしょうか。手軽なスポーツを楽しむことで、身体も心も元気な状態で、出産までの日々を過ごしてくださいね!

この記事をシェアする

関連記事