• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

いざという時の強い味方!流行の「妊婦タクシー」ってどんなもの?

Date:2013.11.30

出産のための入院の際は、とにかくバタバタしていて、焦ってしまうことが多くありますね。何が起こるのか、わからないのが出産です。強い陣痛があったり、すでに破水してしまっていたり、といったこともめずらしくありません。

経産婦さんでも焦ってしまったり、冷静になれなかったりしても当然ですし、これが特に初めての出産の方であればなおさらです。そんな時に心強いのが「妊婦タクシー」ですが、一体どのようなものなのでしょうか。

まさに「タクシーに頼りたい!」のに断られちゃう妊婦さん続出?!

「急な陣痛や破水が起きてしまって、すぐに病院に行かなければならない!」……出産予定日まであと1ヶ月、ともなった妊婦さんにとっては、よく起こる事態です。

そんな時、例えば「家に車があり」「夫やその他の運転できる家族が近くにいる」ような状態であれば、すぐに病院まで連れて行ってもらうこともできるかと思います。しかし、全ての妊婦さんがいつでもそのような状況にいられるわけではありません。

そんな時の強い味方が「タクシー」なのですが、陣痛に苦しんでいたり、すでに破水してしまっているような場合ですと、「何か」があっては困るということで、乗車拒否されてしまうという事例が多々あるようなのです。

このような差し迫った状況で乗車拒否をされてしまったら、パニックになってしまう妊婦さんも多いかもしれません。そうした状況で強い味方になってくれるのが「妊婦タクシー」です。

以下では、代表的な例としての特徴をあげてみたいと思います。会社ごとの個別詳細に関しては、お住まいの場所がサービス地域内となっているタクシー会社さんに直接問い合わせたり、ホームページを調べるなどしてくださいね。

妊婦タクシーの特徴・1;事前登録で素早く対応してもらえる!

妊婦タクシーでは、事前に妊婦さん・ご家族(夫の場合が主です)・向かう先の病院の名前や連絡先、住所などを登録しておくことが多いです。

事前登録を行っておくことで、例えば陣痛で苦しんでいたとしても、家までの道のりや病院までの道筋を運転手さんに案内する必要がなくなるのです。

妊婦タクシーの特徴・2;トレーニングを受けた運転手さんが対応!

妊婦さんを病院まで運ぶにあたって、どのような注意が必要なのか、またどのような事態に陥る可能性があるのかなど、事前にトレーニングを受けた運転手さんが対応してくれる場合が多いのも、妊婦タクシーの特徴です。

もちろん運転手さんは医療従事者ではありませんので、医学的に頼ることはできません。しかし少しでも勉強してくれている運転手さんであれば、そうでない場合よりも心強く感じることができますね。

妊婦タクシーの特徴・3;特別な金額はかからない!

送迎料金としての通常の追加料金はかかりますが、その他の特別な費用は一切かからない、という場合がほとんどです。

また本当に緊急で財布さえ持って出るのを忘れてしまった・支払えるお金が財布の中に入っていなかった、という場合には後払いが可能なこともあります。費用の面でも安心ですね。

妊婦タクシーの特徴・4;優先的にタクシーをまわしてもらえる

妊婦タクシーに登録してあり、かつまさに「その時」の利用である場合は、その他の場合よりも優先的にタクシーを向かわせてくれることが多いです。

妊婦さんからの連絡があった際、センターよりも近くを走っている車があれば、例え他のお客さんに先に呼ばれていたとしても、その車が優先して迎えに来てくれるのです。

また万が一、車両トラブルがあった場合には、GPSにて近くの車を探し、病院までの送りを引き継いでくれることもあります。一刻を争う事態となっているでしょうから、これもまた心強いですね!

妊婦タクシーの特徴・5;乗車までに手を貸してもらえることも!

例えば妊婦タクシーに来てもらった際、付き添いの人がおらず、けれど家から出てタクシーの止まっている場所まで一人で歩くのが困難であるような状況であった場合、部屋まで運転手さんが迎えに来て、肩を貸すなどしてくれるような場合があります。

妊婦タクシーの特徴・6;代理で家族に連絡までしてもらえる?!

登録の際、出産予定日や出産先の病院の他、夫などの家族の連絡先を伝えておくことで、妊婦さんが自分で家族に連絡することができないような場合には、配車センターが代理で連絡を入れてくれる、というサービスを行っている場合があります。

入院先の病院でも家族への連絡は行ってくれる可能性が高いですが、緊急時ですので、タクシー会社でも行ってくれるのであればより安心です。

以上、いかがでしたでしょうか。ただでさえ出産には不安がつきものです。事前に登録しておくことで、少しでも安心して、その時を迎えられるようにしたいですね!

この記事をシェアする

関連記事