• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

妊娠7ヶ月ってどんな感じ?…私の身体やお腹どうなっちゃうの?!

Date:2013.10.02

妊娠中は、日々、身体も心も大きく変化していきます。

「安定期」と呼ばれる時期に入ると、そうした変化にも慣れ妊娠生活を楽しめる妊婦さんも増えてきますが、「妊娠後期」と呼ばれる8ヶ月目以降になってくると、近づいてくる出産への緊張や、一段と大きくなってくるお腹のため、純粋に楽しむことが難しくなってくる妊婦さんも増えてくるかもしれません。

そのため、妊娠後期に移行する一歩手前の時期である、妊娠7ヶ月目の時期は、出産前では比較的自由に動ける最後の月であると言われることが多いですね。

そこで今回は、妊娠7ヶ月目の妊婦さん・お腹の中の赤ちゃんの様子や、この時期に気をつけておきたいことなどを紹介してみたいと思います。

早産に気をつけたい……妊娠7ヶ月目ってどんな時期なの?

妊娠7ヶ月目とは、24〜27週目の時期のことを指します。お腹が大きくなってくることもあり、早産の可能性となる要因が増える時期でもあります。

7ヶ月目の終わりくらいには、たとえ早産してしまっても赤ちゃんが生きていける状態に近づいて来てはくれていると言われています。

しかし、お母さんのお腹の中で、できるだけ出産予定日近くまでいられることが、やはり一番、赤ちゃんにとっては望ましい環境であるという場合が多いです。

お腹のせいでバランスを崩して転んでしまうなどしやすくなっていますので、この時期の妊婦さんは階段や段差はもとより、平らな場所でも十分に気をつけていたいですね。

高血圧であったり筋腫があったりなどの場合もありますが、早産の原因の多くは子宮内感染である、と言っている方もいらっしゃいます。

特に外陰部を中心として身体や下着を清潔に保っておくことや、激しい運動を避け、けれどストレッチなどで身体を動かしてもおくこと、そして、十分にリラックスして過ごせる環境を整えておくことが大切です。ストレスは妊婦さんの敵!なのです。

ストレッチやヨガなどであっても、行う前にはお医者さんに相談を必ず入れるようにしておくことも大切です。

妊婦さんにとって、出産前、身軽に動ける最後の月になる可能性も高くあります。そのため、パートナーの方との旅行や、入院や出産後の準備のための買い出しなどは、この時期に済ませておくのがよいかもしれません。

妊娠7ヶ月目、妊婦さんの体調はどんな感じ?

一口に妊婦さんと言っても、体型の変化は様々です。4ヶ月目くらいからお腹がふくらみ始める方もいれば、出産までほとんど体型の変化が目立たない方もいらっしゃいます。

とは言え7ヶ月目くらいからは、それまであまり目立たなかった人でも「妊婦さんぽい体型」になってくる方が増えてきます。背中や腰への負担がますます大きくなるということですので、腰痛などに悩まされる妊婦さんも増えてきます。

体型の変化だけでなく、足をつりやすくなったり、むくみやすくなったり、便秘や痔に悩まされたり、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病のリスクも高くなります。

夜、仰向けで寝ることがなかなかできなくなったり、胃などの内臓が圧迫されるため、ご飯を十分に食べることが難しくなってきたりもします。また食事の時間にご飯をしっかりと食べることが難しいせいで、間食の増えてしまう妊婦さんが多い時期でもあります。

間食の取り過ぎは体重の増加や、糖分・塩分の摂り過ぎに繋がってしまいますので、注意が必要ですね。

3食での合計の摂取量を変えずに、食べるタイミングを小分けにすることで、必要な栄養をしっかりと摂り、間食することも防いでいる、という妊婦さんもいらっしゃるようです。

またこの時期は、貧血やお腹のハリに苦労される妊婦さんも多くいらっしゃるようです。血液量が増加するため貧血は非常に起こりやすいものでもありますが、赤ちゃんの成長のためにも、貧血はどうにか避けておきたいものです。

お医者さんとも相談の上、サプリメントを取り入れることを考えてもよいかもしれませんね。

お腹のハリに関しては、ごくごく生理的なものではあるのですが、これは身体が疲れていたり、身体に負担がかかりすぎていることの印であると、考えておいた方がよいでしょう。お腹にハリを感じた時に大切なのは、ともかく、出来る限り身体を横にして休むことです。

身体を少し休めることですぐにおさまるようならば良いですが、もし、ハリを感じるのが定期的であったり、休んでいてもおさまらなかったり、出血もしている、などということもあるようであれば、必ず、すぐに病院に連絡をするようにしてくださいね。

妊娠7ヶ月目の時期、お腹の赤ちゃんはどんな様子なの?

この時期の赤ちゃんは、身長はおおよそ30〜36センチ程度、体重は800〜1000g程度と言われています。メロン1つ分くらいの大きさ、と言えばイメージしやすいかもしれませんね。

お腹の赤ちゃんの性別が、よりわかりやすくなるのもこの時期です。ですので、もし「生まれるまで知りたくない!」ということがあれば、早めにお医者さんにはその旨を伝えておいた方がよいでしょう。

妊娠7ヶ月目の大きな特徴と言えば、音が「聞き分けられる」ようになってくる、ということがあげられるかと思います。周囲の、例えば妊婦さんのパートナーの方の声も認識しているかもしれません。

この時期は、赤ちゃんが比較的自由に身体を動かせるということもあり、キックゲームでできることも、幅が広がってくる時期かもしれませんね。

またこの時期は、赤ちゃんが逆子になっていることもありますが、なにしろ赤ちゃんは自由に動ける時期ですので、それほど心配する必要のないことが大半です。出産前には頭を下に向けてくれるようになることが多いですので、ひとまずは安心していてください。

いかがでしたでしょうか?何時も肌身離さず、メロンよりもずっと大きく・重くなっていくものを抱えているのは、とても大変なことです。また羊水は38℃程度あると言われていますので、夏の時期では夏バテや熱中症もおそろしいものですね。

体調に気をつけつつ、楽しいマタニティライフを送れますように!

この記事をシェアする

関連記事