• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

妊娠中の方へ!辛いツワリを乗り切る方法

Date:2014.01.17

少子化と言われていますが、お子さんの誕生はいつの時代も喜ばしいものです。待望の妊娠が発覚すると、今度はツライつわりが始まってしまいます。ところで皆さん妊娠にはどうやって気が付くのでしょうか?

生理が遅れていることで検査薬をやってみたら妊娠していたというケースが多く、テレビドラマのように急に気分が悪くなって調べてみたら妊娠だったというパターンはほとんどありません。

それではつわりとはどんな状態なのでしょうか?これは経験した方でないとわからないというのが率直な感想です。個人差もあるのですが一日中車酔いをしているような気分が悪い状態が2か月程、人によってはそれ以上続いてしまうのです。

つわりの原因は科学的に証明されていません。しかし妊娠することで体の中でホルモンバランスが大幅に変わることが原因だと考えられています。体がそれに対応しきれず不調が起こるのです。中には寝込んでしまうほどつわりが重い方もいます。

本当に一時的な物ですが、その期間は妊婦さんにとってはつらいものです。そこで少しでもその症状を和らげる方法について紹介します。

つわりがあることは赤ちゃんが育っている証拠

つわりが起こるということは体の中で赤ちゃんが育っている証拠なのです。私の従妹の知り合いに、お子さんを4人産んだ方がいました。3人目を妊娠した時にいつもはつらいはずのつわりが短期間しか起こらず不思議に思っていたのだそうです。

ところが後日初期流産したことがわかりました。その方は助産師さんだったのでつわりが軽かった時点でそのことをある程度予測できていたのだそうです。もちろん体質的につわりが全くなくても無事に赤ちゃんが育っている方もいます。

妊娠初期というのはお腹の中を自分でチェックすることができません。それなので無事に赤ちゃんが育っているのかが不安で仕方がないと感じることもあるのです。つわりがあるということはお腹の中で頑張って赤ちゃんが育っている証拠です。

それを考えるとつわりが決してつらいことだと思えなくなってくるのです。

食べたい物を食べればいい

赤ちゃんができると子供のためにと今まで以上に食べる物に気を遣うようになります。しかしつわりの頃は味覚にも変化が起きるのです。今まで普通に食べれていたものが急に食べたくなくなったり特定の食べ物だけが食べたくなったりするようになるのです。

栄養バランスを考えて、無理して食べたくない物を食べると、それが却ってつわりを悪化させてしまうのです。赤ちゃんもまだその時期は小さいのでお母さんから受け取る栄養はごくわずかな物です。

それなので苦しいつわりの時期は無理して栄養のある物を食べようとする必要はありません。自分の食べたい物を食べればいいのです。

苦しい時は無理しない

もしもお仕事をしているなら妊娠が分かり次第、できるだけ早く職場に報告しましょう。職場は妊婦に対して配慮する義務があるので、妊娠による体調不良を理由にすれば遅れて出社することや休暇を取ることも認められています。

無理して仕事を続けても体にはよくありませんから、どうしても辛いなら仕事を休んでゆっくり静養しましょう。

この記事をシェアする

関連記事