• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

10kg増しの私もキレイ!妊娠中の美発見

Date:2013.09.24

妊娠時の体の変化やマイナートラブルは、時に女性をブルーにしてしまうもの。体重や体型の変化でもう私ってキレイじゃないかも…なんて思ってしまう女性も少なくありません。

でも妊婦って女性が一番輝ける時期!妊娠中の美を発見する少しのアドバイス集めてみました。

見くびらないで化粧の力

つわりで体調がすぐれなかったり、ホルモンのせいでストレスがたまったり、とにかく疲れたり…幸せなのになんか元気になれずモチベーションもわかないそんな時、お化粧をして髪をきれいにセットするだけでも気分が少し晴れます。

もし時間があるならこの機会にいつもとは違うスタイルに挑戦してみたり、かわいいネイルにしてみたり…なんたってお化粧もネイルも気に入られなければ落とせばいいもの!お化粧は女性に自信を与えてくれる秘密兵器です。

妊娠中の体型変化をエンジョイ!

赤ちゃんが大きくなるだけではなく、体全体が出産に向けて準備をする妊娠中。お腹だけではなくて背中から丸みを帯びたりお尻が二倍の大きさになったように感じたり…ある私の友人は妊娠するたびに最終的に20kg強増しに!

体重増加をはじめ、たった10カ月という短期間の急激な変化にぞっとしてしまうこともありますが、それは何よりも赤ちゃんが育っている印です。毎週お腹の写真を撮って変化記録をつけたりするなど、むしろこの急速な変化を楽しみに変えてみてはいかがでしょうか?

一番きれいな時期を思い出に

私が妊婦さんに一番お勧めしたいことは、マタニティフォト撮影です。女性としての役割の中で最も尊く美しいこの時期を写真に残しておかない手はありません!インターネットで検索してお好みのスタイルを探してみてください。

地域によってはマタニティフォトを専門にしている女性写真家の方もたくさんいます。また最近では子ども写真館でもマタニティ写真を取り扱っているところがあるので、ぜひお問い合わせしてみてくださいね。

知っておきたい妊娠線のこと

出てしまってからではもう遅い恐怖の妊娠線…でもちゃんと毎日のケアをしていれば防ぐことができます。妊娠線は急激に皮膚が引き伸ばされ張り裂けることによってできるものです。皮膚が引き締まっていれば引き締まっているほどできやすいこの妊娠線。

とにかくお肌を柔らかくすることが予防のポイントです。お気に入りのボディーバターや妊娠線予防専用のクリーム等、自分の肌に合ったものを見つけて、毎日しっかり保湿マッサージをしてください。お腹、胸はもちろんのこと、意外な落とし穴・太ももとお尻もお忘れなく!

妊娠中のおしゃれ

出てきたお腹を隠そうとするのではなく、むしろ強調しておしゃれを楽しむのも妊娠中の美を最大に引き出す方法です。

がぼがぼのチュニックはやめて、ピタピタのトップやワンピース、お腹の丸みをきれいに見せてくれる胸元切り替えのベビードールやマキシドレスで妊娠中のおしゃれをエンジョイしてくださいね!

この記事をシェアする

関連記事