• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

意外と知らない?妊婦中は少し避けた方がいい、代表的な飲み物たち!

Date:2013.08.23

妊娠中には、例えばビタミンAだけは摂りすぎない方がよいであるとか、生ハムやナチュラルチーズは避けた方がよいであるとか、口にしない方がよいと言われているものが細々と多くありますね。

タバコや食べ物だけでなく、飲み物にも、そうした「避けた方が良い」と言われているものは多くあります。

代表的なものがアルコール飲料ですね(グラスで2〜3杯のビール程度のものなら影響はない、とも言われていますが)。しかし気をつけた方が良い飲み物は、アルコール飲料だけではありません。

「一切口にしてはいけない!」ということではなく、「妊娠中には多量の摂取を避けた方がよい」という程度のものではありますが、やはりそうしたものに関してはしっかりと知っておいて、気をつけられることは気をつけていたい、そしてその上で、「大丈夫なもの・範囲のものは不安なく楽しみたい!」と、感じることは多いのではないでしょうか。

今回は、意外と知られていない、けれど妊婦さんは避けた方がいいと言われている飲み物について紹介していきたいと思います。

妊婦さんが気をつけた方がいい飲み物にはどんな種類のものがあるの?

妊婦さんは、一体どのような飲み物に気をつけるのがよいのでしょうか。端的に言ってしまうと、3種類あります。「アルコール飲料」「カフェインの含まれた飲料」そして「ハーブティー」です。

わかりにくいのは、「カフェインの含まれた飲料」と「ハーブティー」かと思います。意外に感じるものにカフェインが多く含まれていることも多くありますし、ハーブティーの中には、妊娠中は口にしない方がよいものとは逆に「積極的に摂取したいもの」も存在しているのです。

ウーロン茶は少しだけ避けた方がいい……けれど、麦茶は大丈夫!

自宅で手軽に作って飲む飲料と言えば、ウーロン茶と麦茶との2つが、その代表的なものかと思います。

両者は同じくらい人気があり、一般的な飲み物ですが、妊婦さんの身体のことを考えた場合「ウーロン茶は少し避けた方がいいけれど、麦茶は大丈夫」ということになります。

あまり知られていないことではありますが、ウーロン茶にはカフェインが含まれているのです。しかし主要なメーカーの中には、妊婦さんでも飲みやすいよう、カフェインの少ないものを用意してくれている会社もありますので、ウーロン茶好きの妊婦さんも安心して下さいね!

コーヒーは少し避けた方がいい、けれど1日に2〜3杯は大丈夫!

カフェインの含まれている飲料と言われて、真っ先にコーヒーを思い浮かべる方は、非常に多くいらっしゃるのではないでしょうか。その通り、コーヒーにはカフェインが含まれています。

営業のお仕事をしている人であれば出向いた先でコーヒーが出されることも多くあるでしょうし、「朝コーヒーを飲まないと1日が始まらない!」という方も多いかと思います。

しかしコーヒーは、カップで1日に5〜6杯は飲んでも大丈夫と言われています。ですので、あまり神経質になりすぎる必要はないと言えるでしょう。

ただしつわりの時期は、においに敏感になっていたり、胃などの粘膜が荒れてしまっていたりすることも多いので、気分が悪くなってしまう可能性もあるかとは思います。

またコーヒーに関しては、カフェインレスのものも多く販売されています。タンポポコーヒーや、日頃CMで多く流れているような商品のカフェインレスバージョンなどもあります。

妊娠を機に、それまでには試したことのなかったカフェインレスの、様々なタイプのコーヒーを楽しんでみるのもよいかもしれませんね。

紅茶と緑茶にもカフェインが含まれていた!

カフェインと言えばコーヒーです。そこで「コーヒーをは避けて紅茶にしておこう……」と考える方は多いかと思います。しかし実は、紅茶にはコーヒー以上にカフェインが含まれていることが多いのです。

そして、全くのノーマークだったという方も多いのが緑茶です。緑茶には、コーヒーよりも紅茶よりも多くのカフェインが含まれているのです。これらのいずれにしても、もちろん「一切口にしてはいけない」というものではありません。

カップに数杯であれば、基本的に何の問題もありませんので、参考程度に頭に置いておいてもらえるとよいかと思います。

ジャスミン茶など、ハーブティーは避けた方がベター!

ハーブ類は医薬品ではありませんが、国によってはそれに準じるものとして扱われているくらい、身体へ作用する力の大きなものと言われています。

そのため不用意にハーブティー等を口にすることは、不用意に薬を飲んでしまっているのと似たようなことになるかもしれない、と捉えておいた方がよいかもしれません。

一口にハーブティーと言っても多種多様なものがありますので、その全てを説明することはできませんが、一旦は避けておくか、飲みたくなったものがあれば、事前に調べておくことをオススメします。

ちなみに、やや酸味が強く妊娠中の女性にも飲みやすいローズヒップティーは妊婦さんでも安心して飲めると言われています(名前が似ていますがローズマリーは推奨されていないので注意が必要です!)。

またハイビスカスティーに関しては、妊娠中に積極的に摂取したいビタミンが非常に多く含まれており、むしろ積極的に飲みたいものとして有名です。酸味の強いままでも、少しハチミツを垂らして飲むのも、どちらも美味しくてオススメです!

いかがでしたでしょうか。いろいろなものをご紹介してきましたが、1点、注意して欲しい点もあります。それは「大量にがぶ飲みするのでなければ、基本的には深刻な影響はおこりづらい」ということです。

ここであげるようなものを少しでも口にしてしまったからと言って、すぐさま赤ちゃんに影響が出てしまう、などということは滅多にありませんので、気にしすぎたり、不安に感じすぎたりすることも無い様にして欲しいのです。

あくまで目安であり、参考程度にして頂ければと思います。そしてどうか妊婦のみなさんには、リラックスして、楽しいマタニティ生活を送って欲しいと思います。

この記事をシェアする

関連記事