• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

鼻の下を伸ばしてる彼・・・でも、人相学的には素晴らしいんです!

Date:2012.07.22

男性は、美人を目の前にしたりいやらしい類いの本を見たりする時に、なぜ「鼻の下がのびる」といわれるのでしょうか。ニヤニヤと鼻の下を伸ばした顔は恋人からするとイラつきの原因にもなりますし、見た目も決して良いとはいえません。

しかし、実際に鼻の下がグンと伸びるわけではありませんよね。この言い草にはある人相が関係しています。そして、その人相は決して悪くはない、むしろ人相学的には良いというのをご存知ですか?

鼻の下が伸びるとは、どういう状態?

口元が下がって、鼻下の「食禄」という部分が広がった状態です。男性は女性に関心か向いたりいやらしい事を考えると、血流が一時下半身に集中します。

そのために急激に上半身や顔の血液が下がるようになります。その時に顔の皮膚や筋肉が下にひっぱられるような感覚となり、結果上唇が下がります。鼻の位置は固定されたままで下がるため、食禄を占める範囲が大きくなる訳です。

もちろんこの時には目尻もさげられますから、結果としてデレデレとした表情になるのですね。

これがいわゆる「鼻の下を伸ばした状態」となります。反対にまじめな話や怒っている時などには、決してできない顔つきとなります。血流が上へ上へと流れ、頭に血がのぼった状態となるからですね。

食禄=食物との縁が表れる場所

では、なぜこのような鼻の下を伸ばした状態の人相が良いといえるのでしょうか。実は、この「食禄」が広くて大きい人は、食物の縁が深いために女性を食うに困らせない=女性をしっかり食べさせて行けるという判断になります。

特にここの長さも必要ながら、幅が広い人は金銭的にも不自由せずに女性を養っていける相なんですね。たしかにこの食禄が大きい人は、恰幅もよくてどっしりとした印象を受けます。

ただし、この食禄の色が黒っぽかったり大きな傷がある場合は注意が必要とされています。余計な濃淡がなく、綺麗で広大な食禄をもった人についていくと金銭的な不自由はなさそうです。

「好きこそものの上手なれ」とは言いますが、鼻の下が伸びるようにやはり女性好きなタイプの人が多いようです。ただし、単純な女好きというわけではなく、好きな人を食べさせるための苦労はいとわないといった感じでしょうか。

芸能人では、ナインティナインの岡村さんが、いつも自分の事を「ここ(食禄)が長いからイケてないねん・・・」とぼやいていますが、実は立派な顔相の持ち主なんですね!

この記事をシェアする

関連記事