• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

にんにく、玉ねぎ、魚の臭いは台所にすりすりすれば消える?

Date:2013.12.11

料理の後の手の臭い、気になりませんか?中でもにんにくや玉ねぎ、魚の臭い…しっかり洗っても臭いが全く消えない…そんな経験ありませんか。これらの臭いは水洗いはもちろん石鹸でも洗剤でも全然消えません。

私はエステやメイクの仕事をしていたので、特に料理後の手の臭いには困っていました。色々試してみて本当に臭いを避けたい方や避けたい時のためのポイントをご紹介します。

調理用手袋で予防

予防が一番です。いつもは面倒で使わないにしても、臭いが取れないものは限定されていますので、気になるものの時だけでも手袋をすれば心配する事はありません。調理用手袋であれば、素手のように動かせるので慣れない方でもみじん切りも容易です。

使い捨てで良ければ100枚入って200円くらいでも売っています。フィット感の良いものは100枚で1000円くらいだせば購入できます。

臭いがついてもそのまま捨てれば良いですし、毎日使うものでなければ100枚あればかなり長い期間大丈夫なので、一箱ストックしておいてはいかがでしょうか。

触るところに気をつける

臭いがつくのは切った面から。普通ににんにくなどを持ってもそんなに臭いはつきません。しかし、みじん切りをしたり、切ったものを扱うと強い臭いがつき、どんなに洗おうとも臭いが取れてくれません。

例えばみじん切りの場合、一片の塊のまま左手で端の方をおさえ、それ以外の部分を切っていきます。切りにくくなったら包丁の先を固定し根元でつぶすように細かくしていきます。包丁と切ってない外側の部分しか触れていないので、ほとんど臭いはつきません。

ちょっと気をつけるだけで臭いの移り方が違います。

シンクに指をすりすり

臭いがとれなくなってしまった…という時には一番簡単な方法です。ステンレスでできている台所に臭いのついた指などをこするだけです。とれにくい臭いのプラスイオンがステンレスのマイナスイオンに反応し、くっついてくれるようです。

その際、お水で流しながら行うと効果があります。くっついた成分がとどまらず流れていくのか、石鹸で洗ったりするより確実に臭いが軽減されます。

皮膚にくっついた臭いは染み込んでいるのかプラスチックとかガラスと違って長時間残るので指でシンクを磨くようにしっかりこすりましょう。

もし、ステンレスのシンクではない場合スプーンや鍋などでもOK。ステンレス石鹸も今や販売されているようです。私は手軽でこすりやすいシンク派です。
(20記事目1)

酸系のものも効果あり

オレンジの皮でこする、酢をつけるなどはよく言われる方法ですが、これを使う場合は以下がおすすめです。

一度軽く洗剤などで洗い、取れない臭いはキッチンペーパーやおしぼりなどに酢をつけしっかり拭くと効果があります。直接より繰り返し酢とこすれるからか、またペーパーなどに臭いが移るのか直接よりとりやすかったです。

こすれる部分は色々試しましたが、ステンレスが一番とれたような気がします。しかし、爪と指との間に臭いが移るとこすれないのでやはり液体の酢水などが良いようです。また、ステンレスに直接こすれなくても水と指の間にステンレスを入れ流すだけでも少しは軽減されます。

まずは予防が一番!→ついてしまったらまずは石鹸・洗剤などでざっと洗う(成分を除く)→ステンレスにこすって水で流す→残っている爪の間などは酢で仕上げ→最後にもう一度石鹸・洗剤などで洗う(酢の臭い取り)。

ステンレスだけでOKな場合もあるので臭いを確認しながら行いましょう。染み込んでいる時はいったん乾かしてから繰り返すと良いです。キレイな手でいたい主婦の皆さん、手を使う職業の方、石鹸だけでは取れない臭いがついてしまった時にやってみてください。

この記事をシェアする

関連記事