• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

のどの痛み、鼻水など風邪の症状にとてもよく効くホットドリンク

Date:2013.03.05

風邪はひき始めが肝心ですね。のどが痛い、くしゃみが出るなどの症状があったらすぐに対応するのが一番。面倒がって何もしないでいると、ひどくなって咳が出たり、熱を出してしまうことも。

でも、薬の買い置きがなかったり、忙しくかったりすると何の対応もせずに過ごしてしまうものです。それなら簡単で気軽に飲めるホットドリンクなどはいかがでしょうか?

それも風邪に効くと言われるホットドリンク。おいしくて手軽に飲めて、風邪もひどくならないですよ。旦那さんや彼にもおすすめ。風邪によく効くホットドリンクとは?

しょうが紅茶

しょうが入りの紅茶でうがいをすると、風邪をひかない、風邪の治りが早い、と言われています。それはしょうがには体を温める作用があるからです。

生のしょうがを入れた紅茶を飲むと、体中が熱くなり汗がたくさん出てきます。汗とともにだるさもとれて、スッキリしますよ。しょうが紅茶にハチミツを入れると、さらに飲みやすくなりますね。

ホットレモン

レモンにはビタミンCがたくさん入っていますね。さらにクエン酸もたっぷりですから、疲労回復にも役立ちます。レモン汁をたくさん絞って、お好みに合わせてハチミツなどを入れてもおいしいですね。

レモンの代わりにゆずもOK。レモンの酸味が苦手な人はゆずを使ってジュースにしてみましょう。体も温まって風邪対策にはもってこいです。

しょうが入り梅酒

普段に飲んでもおいしい梅酒。これが風邪にもいいんですよ。梅酒にしょうがのおろしたものを入れて、熱いお湯を入れるだけ。発汗作用が高まり、汗がたくさんでて、微熱も下がります。梅酒好きの人におすすめ。

卵酒

昔からよく風邪には卵酒、と言われていますね。風邪のひき始めによく効くそうです。卵の白身にはリゾチームという酵素が含まれているのです。これ風邪に効くのですね。

日本酒に卵を入れるだけ。簡単に作れますよ。お好みでハチミツや砂糖を入れてもいいです。また、しょうがを入れると、さらに体が熱くなりますよ。

カモミール

ハーブティーは体を温めてくる作用と心を落ち着かせてくれる作用があります。風邪には睡眠が一番大切ですから、ハーブティーでリラックスすればよく眠れますよ。

ハーブティーの中でも風邪にお勧めなのがカモミールです。カモミールは体を温めて、発汗を促す働きのあるハーブティー。お休み前にもおススメですよ。

他にも風邪に効くと言われているハーブティーは、タイムやエキナセア、エルダーフラワーなどがあります。セージなどものどの痛みにはいいそうです。

中国紅茶

風邪には中国の紅茶がいいとも言われています。それは、紅茶色素テアフラビンという成分が含まれているからなのです。テアフラビンは細菌やウィルスを撃退する働きがあり、風邪対策にはおすすめなのです。

ホットミルク

体を温める定番ともいえるホットミルク。牛乳には睡眠を誘う成分が含まれていますから、よく眠れるのです。カルシウムやミネラル、ビタミンも豊富。体がぽかぽかと温まって、心地よい眠りにつくことができますよ。よく眠れれば風邪もよくなりますね。

ホットミルクにシナモンを入れるのもありです。シナモンには体を温める承や解熱作用があり、下痢や吐き気などにも効果があると言われています。

ホットワイン

海外ではホットワインも風邪のときによく飲まれるのですよ。ワインにシナモンやオレンジ、ハチミツなどを入れると体が温まるのです。冷え症にもいいですね。ただし、飲みすぎには注意しましょうね。

この記事をシェアする

関連記事