• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

肌が綺麗になるって本当?ファンデーションをやめてみた結果報告

Date:2014.05.30

周りの肌が綺麗な友人達に聞くと、なんと半分以上の人がファンデーションを使っていないと言います。確かに美肌本などでも「ファンデーションをやめた方が美肌になる」というような言葉をよく見かけるような…。

というワケで、実際にファンデーション無しの生活を始めてみました。

ファンデーションの代わりに何を使う?

ファンデーションを使わないと言っても、ドスッピンで外を出歩くという意味ではありません。単純に「ファンデーションで肌を塞がない」という意味なので、下地やパウダーなどは使用してもOK。

特に日焼け止めは塗らないと逆に肌を痛めてしまいますので、忘れずに塗りましょう。いくら美肌を目指すとは言え、やっぱり隠したい部分もありますよね。

肌にできるだけ負担をかけずに、ファンデーション以外でうまくカバーするアイデアをいくつかご紹介しましょう。

①補正効果のある下地+コンシーラー+パウダー

血色が良く見えるような色味の下地を使い、隠したい部分をコンシーラーで整え、仕上げのパウダーを…というのが基本の形。低刺激タイプでUV効果のある下地が人気なようです。

②BBクリームやCCクリーム+パウダー

美容成分が多く含まれるBBクリームやCCクリームはファンデーションよりも低刺激。つけ心地も軽いのにある程度肌の補正をしてくれる便利なアイテムです。

基礎化粧の後に塗るだけで簡単ですし、UV効果が高いものもあるので、バタバタと忙しい朝にも助かります。

③色つきの日焼け止め+パウダー

日焼け止めの中には肌補正の効果がプラスされているものもあります。補正効果はそれ程高くありませんが、パパッと塗れるのが魅力です。肌に自信のある人は透明の日焼け止めを使っている人も。

ノーファンデーション生活の報告

パウダーはある程度しっかりと色がつくものじゃないとダメという人から透明のルースパウダーを使っている人まで様々。せっかく美肌を目指すならとことん低刺激でいこうと、まずはベビーパウダーで挑戦してみました。

一番低刺激な組み合わせだと思われるベビー用日焼け止めとベビーパウダーのコンビは、補正効果がゼロなのでさすがにスッピン感が強すぎます。色つきの日焼け止めか悩んだ末、BBクリームを使用することに。

BBクリームとベビーパウダーの組み合わせを始めてすぐ、気になっていた毛穴が少しずつ小さくなっているように思えました。そして約2ヶ月経った現在、明らかに小さくなっています!

体調によって左右されるものの、時々できていたニキビが出来にくくなり、頬の乾燥も気にならないようになりました。ファンデーションを塗っていないので、汚く化粧崩れすることがないのもありがたいです。

お祝い事などでファンデーションを使うことが数回ありましたが、久しぶりに使うとかなり厚塗り感を感じます。もちろんノーファンデにすると肌の補正力が物足りないと感じることもありますが、いつか補正のいらない肌になるかもと思えば頑張れます。

コスメを変えても肌の調子が悪いという人には、一度ノーファンデを試してみることをオススメします。

この記事をシェアする

関連記事