• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

週末はメイクをお休み。何もしないがきれいな肌につながる理由

Date:2014.11.10

“肌断食”、美容アンテナの高いあなたなら一度は耳にしたことがある言葉のはずです。

高い美容クリーム、化粧水、まめなケアをしているはずなのに、どうもお肌の調子が悪い。

そんな時は、思い切って、週末はメイクもスキンケアもお休みして、肌をリセットする時間を作ってみるのはいかがでしょうか。

本来の力を取り戻す!何もしないがきれいな肌につながる理由

これまでのスキンケア商品は、「何を与えれば美肌になるのか」という考え方。

何もしない美肌法は、「何をやめたら肌にいいのか」を考えます。

何かを足して、肌の調子を整えるのではなく、外部からの刺激を減らし、身体本来の力を引き出すことで、ターンオーバーを促すというのが基礎理論です。

私たちの身体は、環境に順応していくもの。

常に栄養豊富なクリーム、美容液を与えていると、肌はなまける一方で、本来の再生能力を十分に発揮できない状態に。

そこで、あえて、ケアをお休みする日を作ることにより「がんばらなくちゃ」と、なまけた肌にカツを入れることが重要です。

今週末から実践を!肌断食の実践方法3ステップ

今週末からでも、肌断食に挑戦したい、という方のために、具体的な実践手順と注意点を紹介します。

肌断食の実践方法

◆ステップ1 無添加石けんで洗顔をする

肌断食を行う前日から、なるべくメイクを薄めにします。

帰宅後は、ポイントメイクだけを落とした後に、洗顔フォームを利用しないで、無添加石けんで洗ってください。

十分に泡立てた石けんを顔全体に優しくつけて、ぬるま湯もしくは水でしっかりと洗い流します。

◆ステップ2 化粧水・美容液はつけずに就寝

顔を洗った後には、化粧水や美容液、普段のケアは何もしないで、そのまま眠りにつきましょう。

はじめて挑戦するときは、ほほやあごのラインが突っ張った感じがすると思います。

我慢できる程度なら、そのまま放置で耐えてください。どうしても気になって眠れない、苦痛が強いという場合だけ、ほんの少量、クリームだけをのばします。

◆ステップ3 肌断食当日の洗顔はぬるま湯のみ

翌朝起床したら、ぬるま湯だけで汚れを浮かせ、洗顔します。

本来の肌は、汚れを表面化させ自然排出するパワーを持っているので、ぬるま湯でも十分汚れが落ちるのです。

強くこすらず、顔を横に傾けて、片側ずつ丁寧に洗います。

この日は、1日ノーメイクの日。日焼け止めも、できれば避けた方がいいと言われているので、1日自宅にこもり、読書やDVD鑑賞。趣味の時間を楽しみましょう。

きれいな肌を取り戻すまでに覚悟したいリスクと注意点

「何もしない」美容法では、肌本来の力を取り戻すため、一時的にこれまでのケアをお休み、たるんだ肌に再び活力を取り戻します。

これまで、高級美容ケア商品に頼り切っていた方ほど、肌の復活には時間がかかり、一時的にニキビや乾燥、角栓が目立つ、等の副作用が起こることがあると思います。

温室環境にあった肌を自然の荒野に戻すような荒事業なので、当然ですよね。

ごく一部ではありますが、マスクをしないと外出できない程、ひどい肌の不調に悩まされる方もいるそうです。

「どうしても効果がでるまでの期間が我慢できない」という方は、洗顔後にクリームだけは塗るようにして、その量をだんだん減らしながら、肌を慣らしていくこと。

クリームなし、お湯での洗顔でも、肌の突っ張り、トラブルを感じないようになったら、本来の回復力が戻ってきた証拠です。

肌をいたわり化粧品に依存しない生き方のススメ

私たちが化粧品に頼る気持ちの根底には「もっとキレイに」「もっと若々しく」、「もっと、もっと」という気持ちがあるものです。

女性はみんな欲張りだから、欲求不満を解消すべく、常に最新の基礎化粧品、メイクアイテムをチェック、洗面台はたくさんのケアアイテムであふれてしまいます。

ある意味「ケア依存」とも言える状況なのかもしれません。

アイテムに依存した状態では、肌本来の力は衰えていく一方。

例えば、田舎のおばあちゃん。高いメイク用品も最新美容術も使ってないけど、ツヤツヤした血色のいい顔で、見ているだけで元気をもらえるとは思いませんか。

本当に魅力的な女性になるには、自分自身が持つ身体のパワーを信じて、継続すること。

化粧品に依存しない本当の美容法、あなたもはじめてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事