• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

無礼講、とは言っても、飲み会でこんなことをすると仕事がやりにくくなる!

Date:2013.06.28

歓送迎会や花見、忘年会や新年会、または仕事の打ち上げなど会社で飲み会をする機会は、けっこうありますね。

会社での飲み会は気を遣うことが多いですよね。気遣いながら飲んでいても、おいしいお酒は飲めません。そうはいっても酔っぱらってしまうと何をするか不安です。

いくら上司は「今日は無礼講だ」と言っても、酔っぱらって言いたいことを言ったり、したりするのは次の日バツが悪いですよね。

酔うと本音が出る、ということもあります。酔った席のこと、ではすまされないかもしれません。会社での飲み会でしない方がいいこと。心にとめておきましょう。

口のきき方に注意

どんなに上司や先輩が「今は会社じゃないのだから、堅苦しい言葉は使わなくていいよ」と言っても、いきなりタメ口になったり、無礼な言葉づかいをしてはいけません。もちろんギャル後も控えましょう。

上司などは普段どんなことを思っているのか、考えているのか、自分に対してどんな思いを持っているのか、本音を聞き出したいという下心もあるので、飲み会の席では本音を言わせようとすることがあります。

なので、飲み会での言動や行動はその人の本音、ととられてしまうことがあるのです。タメ口をきいたり、無礼なことを言うと、「この人は普段こういう口のききかたをするのか」と思われてしまいます。

また、いくら飲み会とはいえ、毎日顔を合わせる上司や先輩です。会社を1歩出たからといって、友達になれるわけではありません。少し打ち解ける、という雰囲気は出しても、ていねいな言葉づかいは忘れないようにしましょう。

上司や先輩、仲間の悪口を言う

お酒が入ると口が軽くなってしまうことがあります。すると普段は心にとめておいたことを言葉に出してしまう恐れがあります。それがいいことなら問題ないのですが、会社や上司に対する不満や文句、悪口だったりしたら最悪です。

次の日からその上司があなたを見る目が変わるでしょう。たとえ先輩が不平不満、悪口を言っていても、それに便乗してはいけません。誰が言っていたか、なんてすぐに分かるものです。会社や上司、先輩に対する愚痴は彼や友達に言うことにしましょう。

つまらなそうな雰囲気

仕事で疲れていることもあるでしょう。早く家に帰りたい、と思うこともあるでしょう。でも、それを顔に出してはいけません。会社では付き合いの悪い人、は嫌われます。

また、会社の飲み会でつまらなそうな顔をしていると、わがままな人、自分のことしか考えていない人、協調性がない人、と見られてしまうことがあります。

プライベートな時間でも、飲み会はプライベートではないのです。そこは会社の人たちとのコミュニケーションの場。それを提供する上司の気持ちも分かってあげましょう。

飲み会で、ノリが悪い、怒ったような顔をする、携帯ばかりいじっている、会話に参加しようとしない、早く帰りたそうな雰囲気を出す、といったことは避けましょう。

遅刻をしてくる

遅刻をするというのは、その飲み会を重要視していない、飲み会を喜んでいない、ととられてしまうことがあります。

また、新入社員であれはなおのこと。先輩や上司を待たせるなんて社会人としてのマナーが分かっていない、と思われてしまいます。飲み会でも社会人としての常識を守りましょう。

羽目を外し過ぎる

お酒を飲んで酔って場を盛り上げるのは悪くないのですが、その盛り上げ方には注意しましょう。上司や先輩が困るようなことを言ったり、他のお客さんの迷惑になるような大声を張り上げたり、お店の人を困らせるような態度を取ったりしないようにしましょう。

また、あまり品のない話題で盛り上げたりするのも、品がない女性と思われてしまうので注意しましょう。男性社員の中で下ネタ話をすると、女性の先輩からは目をつけられてしまいますよ。

好きな先輩のそばにいる

入社してすぐにでも素敵な先輩がいたら好意を持ってしまうこともあるでしょう。飲み会はその先輩に近づくチャンスでもありますが、あからさまだと男性からも女性からも嫌われてしまいます。

気になる先輩の近くにばかりいたり、その先輩にばかり気を遣っていると、女性の先輩などはそれに気が付きます。あとで嫌味を言われないようにしましょうね。

色気を出す

酔うと色っぽくなる女性がいますが、飲み会の席ではあまり色気を出さない方がいいかもしれません。女性社員からは「媚びを売る女性」とレッテルを貼られてしまいます。

男性社員からもあまり近寄らないようにしよう、なんて思われてしまうかもしれません。「軽い女」なんて思われないように、飲みすぎて我を忘れないようにしましょうね。

次の日会社に遅刻する

飲み会の次の日、二日酔いで会社に遅刻するのは一番してはいけないこと、と言っても過言ではありません。前の晩いくら飲みすぎても、次の日は会社というものがあるのですから、そこは自己管理が必要です。

上司などは二日酔いで会社を休むことはほとんどありません。飲み会でどんなに楽しい時間を過ごしても、次の日遅刻したり、欠勤しては評価が下がってしまいます。

遅刻したり、体調不良で欠勤なんてことのないように、飲み会ではお酒を飲む量には注意しましょう。どんなに気分が悪くても、とりあえず出勤しましょう。

この記事をシェアする

関連記事