• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

飲み会に怒る彼氏を変えよう!彼氏を怒らせず飲み会へ行く方法

Date:2014.06.11

友達や職場の同僚との飲み会は、日頃のストレス発散の場になるのでとても楽しいものですよね。しかし、飲み会へ行くと彼氏が怒るという悩みを抱える女性は意外と多いようです。

彼氏は大事な存在ですが、怒るからという理由で飲み会を避けていると人間関係が希薄になってしまうかもしれません。今回は、彼氏を怒らせないで飲み会へ行く方法を5つご紹介します。

1 飲み会の場所や人数を伝える

飲み会へ参加すると彼氏に怒られる場合は、怒られる要素を排除しましょう。男性が居る合コンや派手なお店の場合は、参加しないか、嘘をつくかのどちらかになるでしょう。

嘘をついた場合は、万が一バレタ時に修羅場になるかもしれませんので参加しないことをお勧めします。怒られる要素が無く参加する場合は、お店の場所と連絡先、参加者、飲み会の始まりと終わり時間を予め伝えておきましょう。

ポイントは、二次会や三次会には参加しないことです。彼氏との関係を保ちつつ飲み会へも参加するためには徐々に慣らす必要がありますので、それまでは参加を控えましょう。

飲み会が無い日でも

「今日、本当は会社の飲み会があったけど○○(彼氏)と一緒に居たいから断ったの。でも来月の○日にある飲み会は参加しないと駄目かも」、「飲み会に誘われたけど○○(彼氏)と連絡が取れなかったから断ったよ。行くならちゃんと確認してからって約束だもんね」

と彼氏を大切に想っていることを伝えて、日頃から飲み会へ行きやすい環境作りをしましょう。

2 ラインやメールで逐一報告する

飲み会へ参加したいけど彼氏が怒るという時には、何が不満でそのような態度になるか考えましょう。飲み会中にどんなことをしているのかわからず、男性との接触を心配していることが多いので、逐一報告することをお勧めします。

ラインやメールなどで食べている物や飲んでいるお酒、お店の雰囲気などを伝えて心配が無いことを報告しましょう。

どんなに楽しくても「○○(彼氏)が居ないとやっぱりつまらない」、「早く会いたい」など彼氏を必要としている言葉を伝えれば、「やっぱりあいつは俺が居ないと駄目だな」と怒りが静まるだけではなく、気分も良くなることでしょう。

飲み会中に頻繁にラインやメールをしていると周りの雰囲気を壊すことがありますので、誰かの注文を伝えに行く、トイレへ立つ、予め幾つかメールを作っておくなど工夫して彼氏へ報告しましょう。

3 帰る時間を決めて必ず守る

飲み会へ行くことで怒る彼氏の場合は、約束をして守るということを繰り返すことで徐々に怒りが軽減されることもあります。

お酒が入ると飲み会から帰るタイミングを見つけられずに朝帰りなんてことにもなりますから、予め時間を設定し周囲にも伝えておきましょう。

彼氏には「○時までに必ず帰るね。家に着いたら連絡もするね」と約束し、必ずその時刻までに帰宅するということを繰り返せば信用度がアップして怒られることが無くなるかもしれません。

時間の設定はあくまでも余裕を持って行い、必ず守るようにしましょう。

4 彼氏にも出掛けてもらう

飲み会へ参加する日には、彼氏にもどこかへ出掛けてもらうこともお勧めです。

あなたが飲み会に参加している間、一人にすることで要らぬ心配をさせることになるかもしれませんが、誰かと過ごすことができればひと時でもあなたに対する心配から離れることができるでしょう。

あなただけではなく、彼氏も楽しい時間を過ごすことができれば怒られることなく、お互いに充実した時間を過ごすことができます。飲み会の日が決まったらなるべく早く伝えて、彼氏にも予定を立ててもらいましょう。

5 好きな気持ちを伝える

飲み会へ参加すると怒るという彼氏は、裏を返せばあなたのことを心配しているということです。

「変な男に声を掛けられないだろうか」、「浮気しないだろうか」など心配や不安が怒りとなっていることが多いので、出掛ける前に彼氏のことをどれだけ大切に想っているか伝えることをお勧めします。

彼氏以上の男性が居ないことや浮気の心配がないこと、誰よりも好きなことを伝えることで彼氏が安心できれば怒る必要がないとわかるでしょう。

好きな気持ちを飲み会の時だけではなく、普段から気持ちを伝えて揺るぎない信頼関係を築いておいてはいかがでしょうか。

彼氏に対して笑顔を忘れず!

飲み会へ行くと怒るという彼氏は、時にイライラすることもあるかもしれませんが、あなたが怒れば彼氏の怒りも増すだけです。

ご紹介した方法を試す際には、笑顔と穏やかな声を忘れないこともポイントです。彼氏以外の人たちと過ごす時間は、仕事や人間関係を円滑にするためには必要ですから上手に説得して人生を豊かにしましょう。

この記事をシェアする

関連記事