• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ブラの締め付けが苦手で辛いならノンワイヤーブラは試す価値あり

Date:2014.12.05

女性にとって、ブラジャーは必須アイテムですが、実はあの締め付け感が苦手・・・と感じている人は多いものです。

私自身、外出から帰ったらすぐに、まずはブラジャーを外してスッキリ!という生活を送っていました。

しかし、若いうちはそれでも良いかもしれませんが、これからのことを考えると、ノーブラの時間が長いのはバストの垂れ下がりが気になるところです。

そこで、ワイヤー入りのブラジャーよりも締め付け感が少ないノンワイヤーブラを試してみました。

ブラジャーデビューはノンワイヤーだったのに・・・

考えてみれば、思春期の頃、胸が膨らみ始めた頃に初めて着けたのは、ノンワイヤーのブラジャーでした。

それがいつしか、ワイヤー入りでないとバストの形が崩れるという情報を得るようになり、ワイヤー入りのブラジャーを選ぶようになっていました。

また、お店でも、圧倒的にワイヤー入りのブラジャーの方が多く売られていましたので、必然的にこちらを選ぶようになっていたと思います。

私と同じような経過を辿った女性も多いのではないでしょうか?

ブラジャーのワイヤーは本当にバストが垂れるのを防いでくれる?

では、ワイヤー入りのブラは、本当にバストが垂れるのを防いでくれるのかというと、必ずしもそうとも言えないようです。

身体に合わないものを身に着け続けることにより、かえって悪影響をもたらしてしまいます。

使っているうちに、洗濯などで発生してしまったワイヤーの歪みに気付かずに使い続けることで、アンダーバスト辺りの骨が痛かったり、また、横隔膜を締め付けて呼吸がしにくいなどの弊害も発生しています。

身体に合ったノンワイヤーブラを

ある時、ワイヤー入りのブラジャーを着けていることによるストレスが限界になってきたので、お店でノンワイヤーブラを探してみました。

すると、大人の女性用も意外と以前よりもかなり多く販売されていて、デザインも豊富になっていました。

これは、最近ブラトップが流行っている影響もあるのかもしれません。

ワイヤー入りブラジャーで、苦しい思いをし続けるくらいなら、サポート力がしっかりしているノンワイヤーブラを探して身に着ける方が良さそうです。

心配な脇肉への流れも、ワイヤーなしでもサポート力があるブラジャーなら、これを防いでくれます。

これから購入をするなら、今一度、お店で自分のサイズを測り直してもらい、着け方のアドバイスも受けると良いでしょう。

さらなるつけ心地を求めるなら、コットンやシルク100%を!

ブラジャーを着けていて、不快に感じるのは、締め付けの他にかゆみを感じるなども多いようです。

もしそういった不快感も一緒に解消してしまいたいなら、やはり自然素材のものを買い求めるのがおすすめです。

コットンやシルク100%素材のものなら、今までの不快感が驚くほどに解消されるかもしれません。

また、肌に当たる部分は、レースなどかゆみを発生させそうな余分な装飾がないものを選ぶのもポイントです。

外出もOK!お洗濯もラクラク♪

ノンワイヤーブラに不安を感じるなら、始めのうちは、まずはホームウェアとして、家にいる時だけ使用してみるのも良いと思います。

慣れてくると、このまま外出しても問題ないと感じられるようになると思います。

ワイヤー入りのブラの場合は、優しく手洗いをするなど、お洗濯にも気を遣わなければなりませんでしたが、ノンワイヤーブラなら、洗濯機の手洗いコースで洗うことも可能で、ラクになりますよ。

この記事をシェアする

関連記事