• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ノロウイルスって何?吐いちゃった時にはどうしたらいいの?

Date:2013.12.07

毎年、冬になると騒がれるようになってきたのが「ノロウイルス」です。これに感染すると随分とひどい目にあうらしい……ということで名前は聞いたことがあるし、気をつけるべき・怖いウイルスだと言うことは知っている方も多いかと思います。

しかし、改めて「どんなウイルスなのか」と聞かれると、実はよくわからない、という人も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、ノロウイルスとはどんなものなのか、また嘔吐してしまった場合にはどのように処理するのがよいのか、ご紹介してみたいと思います。

ノロウイルスってどんなウイルスなの?・1;概要

ノロウイルスは、冬になるとよく聞くウイルスの名前ですね。実際、ノロウイルスの感染が多く見られるようになるのは、おおよそ11月以降の、冬の寒い間のことです。ただし、暖かい季節は大丈夫、ということではなく、1年中で感染者は発生しているようです。

またこのウイルスに感染する人間には、年齢や性別は関係ありません。小さな赤ちゃんから高齢の方にまで感染するウイルスなのです。

ノロウイルスってどんなウイルスなの?・2;症状と特徴

ノロウイルスは「お腹の調子が悪くなる」ウイルスですが、下痢ではなく、吐いてしまうことが多いのが特徴です。

吐いてしまったものの中にはもちろん多量のウイルスが含まれているため、処理が甘ければその場所から感染は広がりますし、また吐いたものを処理した人や、吐いた時に近くにいた人にも感染の可能性がある、ということになります。

ノロウイルスの特徴として、他のウイルスに比べても「消毒薬に負けない強さを持っている」というものも挙げられます。

他のウイルスであればアルコール消毒をしたり、乾燥させたりといった手段をとることでウイルスを殺すことができますが、ノロウイルスではそうはいきません。

水の中でも生きていけるため、洗い流すことも困難なのです。そのため、非常に多くの人に感染してしまうのです。なんとも厄介なウイルスです。

ノロウイルスってどんなウイルスなの?・3;感染経路

感染経路に関しては、「経口感染である」と覚えていられればよいかと思います。つまり、口からウイルスが入って来てしまう、ということです。

この「口にウイルスが入ってしまう」パターンで一番多いと言われているのが「料理を作る・食材を扱う人が感染していて、その人の扱った食事を食べてしまうことで感染する」ケースです。

貝はウイルスを持ちやすいため、「貝料理を生や、必要なだけ加熱することなく食べた」というケースも多くあります。1つめのケースとの合わせ技、ということも十分にあり得ますね。

その他には「感染した人の吐いたもの・(トイレなどで)排出したものから感染する」というケースも多く、家庭や職場などでの感染の場合は多くはこのパターンかと思います。

吐いてしまった人がいる!そんな時、どうやって処理したらいいの?

さて、特に冬の職場や家で、誰かが吐いてしまったとします。当然ノロウイルスの可能性があります。何らかの処置をしなければなりませんが、ノロウイルスにはアルコールも普通の消毒液もききません。私たちは、どのように対処したらよいのでしょうか。

……そんな疑問に答えてくれた人たちがいました。某県の保健所の職員さんたちです。身近にあるものだけで対処できるよう考案されたその方法はTwitterなどで拡散され、多くの人に参考にされました。

それを今一度、簡単にまとめてみます。必要なものは「タオル2枚」「ペットシーツ」「遠足シート」「家庭用塩素系漂白剤を水で薄めたもの(床・家具・トイレ・洋服などの場合は0,1%、おもちゃや調理器具の場合は0,02%)」「雑巾」「お湯」のみです。

まず「家庭用塩素系漂白剤」と「雑巾」で、吐いてしまったものを片付けます。この雑巾は、ハイターなどで消毒してくださいね。

その後、吐いた物を片付けたその場所に、「ペットシーツ」を敷いてください。向きとしては、“しみこむ方”が上になります。その上から、「お湯」を注ぎます。これは沸騰したお湯ですよ。

お湯をかけたら、その上から今度は「遠足シート」を、そしてそのさらに上から「タオル」を被せてください。この状態のまま、10分間、放っておきます。……なんと必要な手順は、以上なのです。

専門的な薬や道具は必要ないのですね。この方法は知っておいて損はなさそうです。ただし、消毒液を作る際や、シートなどを片付ける際には十分に注意してくださいね。

また作った消毒液は長持ちはしませんので、使い切るか、ある程度の日数が経ったら処分するようにしてください。

以上、いかがでしたでしょうか。これらのものを準備しておくだけで、冬もより安心して過ごせそうですね。いざという時が訪れてしまった際には、ぜひ皆さま、参考にしてみて下さいませ!

この記事をシェアする

関連記事