• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

チョコレートを食べると脳が幸せを感じる?チョコレートの効果

Date:2015.11.09

shutterstock_162138575 - コピー

チョコレートを食べて幸せな気持ちになったことはありませんか?それは気のせいでも、甘いものが好きな人が食べるからでもありません。実は誰でもチョコレートを食べると幸せな気持ちになれるのです。

それだけではなく、チョコレートを食べることでいいことが沢山あります。チョコレートの効果を知れば、チョコレートのことをもっと好きになること間違いなしです。

恋する気持ちと同じ?チョコレートを食べて幸せな気分になる理由

チョコレートを食べると幸せな気分になるのには、ちゃんとした理由があります。その理由はチョコレートにはPEA(フェニエチルアミン)という物質が含まれているからです。

PEAの特徴

  • 恋をした瞬間に大量に分泌される
  • 気分が高揚して幸福感・陶酔感などの快感を味わえる
  • 気分を調整する重要な成分で足りなくなるとうつ状態になる可能性も

恋をした時のドキドキ感や高揚感は、このPEAの仕業なのです。そんなPEAを含むチョコレートを食べると幸せな気持ちになってしまうのも当然です。

イライラにも効果的?チョコレートの持つリラックス効果

チョコレートは幸せな気分にしてくれるだけではなく、イライラしている時に気持ちを落ち着かせてくれる効果もあります。

それはチョコレートに緊張を和らげて精神を安定させてくれる、吉草酸(きっそうさん)という物質が含まれているからです。

チョコレートを食べて幸せな気分になる理由は、このPEAと吉草酸の効果なのです。

チョコレートを食べると健康に?チョコレートの健康効果

チョコレートには他にも体に良い成分がたくさん含まれています。チョコレートに含まれる健康にいい成分のことを知れば、もっとチョコレートを食べたくなるかもしれません。

アンチエイジングの特効薬!ポリフェノール

“一日一杯の赤ワインは心臓にいい”という言葉を聞いたことはありませんか?それは赤ワインに多く含まれるというポリフェノールが心臓や身体に良いからです。

ポリフェノールの効果

  • アンチエイジング
  • がんや心臓病の予防
  • 血管拡張作用・血圧改善・冷え症改善

特に注目したいのがアンチエイジング効果です。ポリフェノールはとても強力な抗酸化物質で、体の酸化を防いでくれるのです。

酸化とは、人の身体で言うと老化です。その老化の進行を遅らせてくれる物質がチョコレートには沢山含まれていているのです。しかもチョコレートに含まれるポリフェノールの量は、赤ワインよりも多いことがわかっています。

赤ワインを毎日飲むのは難しいですが、チョコレートなら毎日食べられますよね。

身体の機能維持と調整には欠かせない!ミネラル

ココアとチョコレートにはカルシウム・マグネシウム・鉄分・亜鉛など沢山のミネラルが含まれています。

ミネラルの効果

  • 脂肪燃焼の促進と脂肪の吸収抑制
  • イライラを抑えて精神状態を安定させる
  • 肉体の疲労回復
  • 心臓病の予防
  • メラニンの代謝を促進させシミそばかすを防ぐ

ミネラルが私たちの身体に欠かせないのは言うまでもありません。

体内のバランスを正常化してくれるミネラル!カリウム

ミネラルの中でも見落とされがちな成分であるカリウムですが、実はとても重要な成分なのです。

カリウムの効果

  • 身体の余分な水分を尿と一緒に排出して体内の水分を綺麗にしてくれる
  • 高血圧の原因となる取りすぎたナトリウムを排出して正常な血圧を保つ
  • 神経や筋肉の機能のバランスを正常に保つ

カリウムが欠乏して起こる症状

  • むくみ
  • 筋力の衰えや疲労感
  • 不眠症
  • 便秘や肌荒れ
  • 慢性疲労など

実は夏バテもカリウム不足が原因だと言われています。現代の食生活には加工食品が多く、塩分を取りすぎている人がほとんどです。ナトリウム(塩分)の摂取が多いとカリウムが余分なナトリウムを排出してくれるのですが、その際にカリウムも排出されてしまいます。

食品からのカリウムの摂取量が減っているうえに、ナトリウムの取り過ぎでさらにカリウムを減らしてしまっているのです。またコーヒーやお酒の飲み過ぎ、ストレスなどもカリウムを減少させる原因となります。

チョコレートはダイエットの大敵?チョコレートは太るのか

“チョコレートはカロリーが高いから食べると太る”というのは誰もが思っていることでしょう。ですが「チョコレート=太る」というと少し違います。

チョコレートのカロリーは、よくあるタイプのクッキーやポテトチップスなどのスナック菓子と同じです。なので「チョコレートを食べるから太る」のではなく、一日の摂取カロリーが多くて消費カロリーが少ないから太るだけなのです。

むしろチョコレートの脂肪分であるカカオバターは良質な脂肪分であり、体に吸収されにくく健康にもいい効果があります。

しかし安価なチョコレート菓子には、カカオバターではなく植物油脂が使われていることが多いため他のスナック菓子の油とかわりません。

健康や美容の為のチョコレート

  • カカオ70%以上のもの
  • 植物油脂の使われていないもの
  • 一日に食べる量は50gまで

身体に良い効果があるとはいえ、砂糖と油を多く含んでいる食べ物ですから食べる際には種類と量に気を付けて下さい。

チョコレートの食べ過ぎには要注意!健康には適量が大切

チョコレートが幸せな気分にしてくれるだけではなく、健康や美容にいいからと言っていくらでも食べていいわけではありません。

それはチョコレートに限らず、ご飯や野菜だってそうです。健康にいいと言われるものでも取り過ぎると毒になりかねません。

わざわざ買いに行って食べなければいけないものではありませんが、普段スナック菓子を食べているのなら、それをチョコレートに変えてみてはどうでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事