• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

口に入れて平気?子どもの「ぬいぐるみ」を清潔に保つには?

Date:2014.01.13

赤ちゃんって何でも口にいれますよね。プラスチックのおもちゃでも、ベタベタにしゃぶるのに、それがふわふわの綿が入ったぬいぐるみだと、汚れや雑菌が気になるママも多いのではないでしょうか。

今回は、子供のことを思うからこそ心配になる、赤ちゃん用のぬいぐるみの洗濯方法について調べてみました。

洗濯機を使う場合

・小さいぬいぐるみ

赤ちゃん用のぬいぐるみと一口に言っても、いろいろなタイプがあると思います。

1歳未満の赤ちゃんが持って遊べるような、サイズが大人の手のひら程度の小さいもので、タオル地で平べったいデザインのものなど、洗いやすいものであれば、洗濯機で衣類と一緒に洗ってしまって問題ありません(この時の洗剤については、また後ほど)。

・大きいぬいぐるみ

問題は、大ぶりのサイズのぬいぐるみです。赤ちゃんと対して大きさが変わらないような、大きなテディベアなど、プレゼントでもらったりすることも多いと思います。そういった洗いづらいぬいぐるみでも、赤ちゃんは容赦なく口に入れてしまいます。

一般的に、ある程度大きさのあるぬいぐるみを洗濯機で洗うのはためらう人が多いようですが、実は洗濯できるものもあります。

縫製がしっかりとしていて、さわり心地が柔らかめのものは、ネットに入れて丸洗いが可能です。心配な型崩れですが、柔らかいものであれば干す際に手で整えてあげることができます。もちろん、色落ちの恐れもあるので、一緒に洗うものにはご注意を。

乾燥にはぬいぐるみのサイズによりますが、完全に乾ききるまで数日は陰干しをしましょう。

手洗いする場合

やはり洗濯機で丸洗いするのは抵抗がある…という方は、手洗いで丁寧に洗ってあげましょう。汚れている部分、赤ちゃんがよく口に入れている部分だけを集中的に洗うこともできるので、乾かすのに時間がかからないところが利点です。

桶に洗剤を溶かしたぬるま湯を用意するなど、一般的な手洗いと手順は一緒です。しかし、触り心地のよい柔らかな生地を使ったぬいぐるみ類であれば、特に汚れがひどい部分は、柔らかめの歯ブラシを使って優しく擦り洗いするとよく落ちます。

洗剤が完全に流れ落ちるまで、よくすすいでください。

洗剤は何を使おう?

大人の衣類と一緒の洗剤でベビー用品を洗っている、ベビー用のものは専用のもので洗っている、家庭それぞれ、ママの考え方次第ということが多いようです。

市販の洗剤でも、肌に悪影響が出ないように試験されたものなので、赤ちゃんの産着に使って問題はありません。しかし、大人にもそれぞれ肌質があるように、赤ちゃんにも大人用洗剤では肌荒れを起こす可能性がある子もいます。

そして、事実として赤ちゃんの皮膚は、大人の皮膚と比べてとても薄く敏感にできています。そこで、より低刺激の石鹸系のベビー用洗剤をチョイスするというのはひとつの手です。

また、今回のように、赤ちゃんがしゃぶるようなぬいぐるみを洗う場合は、特に体に害のないものを選びたいですよね。赤ちゃんが口に触れても問題ない、おもちゃ用の洗剤を購入するなど、気を配ってあげたいところです。

特に、Benesse Life Smileの「植物由来のおもちゃ洗剤」は、ぬいぐるみに吹きかけて、拭き取るだけで汚れを落とし除菌してくれます。

Benesse Life Smile「植物由来のおもちゃ洗剤」
http://shop.benesse.ne.jp/shimajiro/disp/CSfLastGenGoodsPage_011.jsp?MSK_NO=5170010678010000&sid=recommendItem&scabr=hot

この記事をシェアする

関連記事