• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

検査より早く見つかる!乳がんを発見できるブラジャーを開発!

Date:2012.12.26

現在、世の中には様々な機能のあるブラジャーがありますが、今回驚くべきブラジャーがアメリカの企業で開発されたという記事が載っていたので紹介します。なんと、身につけるだけで乳ガンを発見することができるというのです!

その仕組みとは

一見するとスポーツブラのようなそのブラジャーのカップの中にセンサーが埋め込まれており、そのセンサーが胸の組織内の温度変化を感知して、悪性腫瘍があることを知らせてくれるシステムなのだそう。

この「First Warning System」という画期的なブラジャーを開発した企業のHPによると、12時間ブラジャーをつけると自動的に胸の組織内の温度を測定し、測定したデータはインタネット経由で会社に送られます。

送られたデータは専門のアルゴリズムで解析され、問題なし、良性の腫瘍、異常が疑われる腫瘍、またはおそらく悪性であろう腫瘍、というように結果がはじき出されます。

しかし、テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンターのTherese Bevers医師は

「腫瘍が悪性に変化する過程では、良性の腫瘍には見られない温度変化があるため、悪性腫瘍を見つけるために温度で判断するという考えは仮定としては可能です。しかしその温度変化の差は(悪性腫瘍と良性腫瘍とで)決して大きくないため、乳ガン検査として主流となるためにはまだまだ時間がかかるでしょう」

と話しています。しばらくはマンモグラフィーとの併用が望ましいということなのでしょう。しかしマンモグラフィーよりも優れている点もあるそうです。

▼参考 Therese Bevers医師について(英語サイト)

http://faculty.mdanderson.org/Therese_Bevers/

90%の正確率

開発した企業が650人の女性で試験した結果、90%の確率で正確だったとのことです。そして他の検査のように放射線を使うこともないため安心です。マンモグラフィーの正確率は70%程度と言われていますので、それより高い90%というのはかなりの正確率ですね。

従来の検査より早く発見できるメリットが

胸にしこりを感じるなどの自覚症状が出てから、またはマンモグラフィー検査などを受けてから乳がんと診断されるケースがほとんどです。しかしこの新しいブラジャーを使えば、悪性腫瘍が形成されている段階で異常を知らせてくれるため、従来よりも早く乳ガンを発見することができるといいます。

また、現在行われているマンモグラフィー検査は人によっては多少の痛みがある上に、30%程度の誤診があると言います。マンモグラフィーで異常が見つかり詳しい検査をした結果、乳ガンではなかったということもありうるわけです。

そこでこの温度変化に注目したブラジャーを使えば、不要な検査を避けられるメリットもあるそうです。

まずヨーロッパで商品化

開発した企業は既にこの「乳ガンを発見できるブラジャー」の特許を取得しており、来年にはヨーロッパで商品化する予定とのこと。アメリカでもFDA(米食品医薬品局)の認可が下りれば2014年には商品化されるとのことです。

日本ではまだのようですが、乳ガンは早期発見で90%治療できる病気だと言われていますので、早期発見につながるのであれば、女性として是非商品化を希望したいですね。

▼参考動画

この記事をシェアする

関連記事