• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

欲しい効果は美容?香りでリラックス?入浴剤はこう使い分ける!

Date:2014.03.13

バスタイムが一日の一番のリラックスタイム、という人も多いですよね。そんな時に、さらにリラックスを深めてくれるのが、入浴剤です。

入浴剤にもさまざまな種類が売られていますが、みなさんはどうやって選んでいますか?

香りでしょうか、効果でしょうか。今回は、リラックスタイムに使いたい入浴剤選びに役立つ、入浴剤の簡単な使い分けについてお伝えします。

体が冷えている時は…?

体が冷えていると、手足が冷たくてつらいだけでなく、血行不良からくる肌荒れや、肌のくすみにも繋がっていきます。

体を芯から温めたい時は、炭酸ガスが出るタイプや、スパイスが配合されているタイプがおすすめです。

炭酸ガスタイプは、クエン酸と炭酸水素Naを反応させ発砲します。これが血行を良くし、冷えた手足や内臓を温めてくれます。材料さえあれば自分で手作りすることもできます。

スパイスが配合されているものでは、唐辛子入りのものが一番手に入りやすいようです。発汗作用が高いので、汗をかいてすっきりしたい時におすすめです。

スキンケアをがんばりたい時は…?

肌の乾燥をケアしたい、ツヤやかな肌になりたいなど、とにかくスキンケアをしたい時には、やはり保湿成分が高い入浴剤を選びたいところです。

保湿タイプの入浴剤としては、液体のミルクタイプがおすすめです。入浴で体があたたまると代謝がよくなるので、保湿成分も浸透しやすくなります。

先に紹介した、炭酸ガスタイプに、保湿成分が含まれたタイプもあるので、冷えと保湿両方を叶えたい時は、保湿成分配合とされているものを選びましょう。

気分転換&リラックスなら、こんなタイプも…

いつもと違う雰囲気のバスタイムを楽しみたいのであれば、ちょっと変わった入浴剤を使うのもおすすめです。

ラグジュアリーな雰囲気で贅沢なバスタイムを楽しみたい時は、もこもこの泡の感触が楽しいバブルバスがおすすめです。ジャグジーがないバスタブでも、蛇口やシャワーでいきおいよくお湯をはることで、案外簡単にバブルバスが楽しめます。

泡は洗浄成分であることがほとんどなので、肌への保湿力は見込めませんが、アロマによるリラックスや、気分転換には抜群です。

また、最近ではお湯がゼリーのようなぷるぷるの感触になったり、ジェル状になるものも販売されています。恋人との甘いバスタイムを演出したい時にも、ちょっといたずら心のある入浴剤は効果的です。

エステゼリーフレグランス
http://store.shopping.yahoo.co.jp/frontier/15-134-11.html

この記事をシェアする

関連記事