• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

こうするだけで毎日のお弁当作りが楽になり時短にもなる魔法の方法

Date:2013.12.28

これさえあれば毎日のお弁当は完璧ガイドブックなど、お弁当に関する本が沢山あります。私もバリエーション豊富なお弁当を作りたいと、本を買って作ってみたりしたものです。ですが、お弁当って、毎朝作るのかなりの時間が入ります。

夜にご飯を作って朝にまた一からごはんをつくって・・・。かなりハードですよね。だけど、コンビニ弁当はダイエットには向かないし。そこで、紹介させていただきたいのが、お弁当まで意識した夜ご飯です。

夜ご飯は次の日のお弁当まで考えて作る

??つまり、お弁当は残り物というのではなく、お弁当のために夜ご飯も考えて作るということです。残り物というと聞こえが悪いですが、お弁当の分まで作るのです。例えばハンバーグなら、次の日のお昼の分も作るという感じになります。そうすると、卵焼きは?

夜は卵を使った料理を作り、お弁当の分も多めに作る

オムレツを作ったとしましょう。家族が2人なら、次の日にお弁当を持っていく人数分も合わせた数を作るのです。もちろん、夕食の量は昼食の量よりも多いというご家庭では、そのあたりの分量は臨機応変です。

ですから、揚げ物も次の日のお弁当の分まで作っておくのです。ごはんはジャーに保温しておきます。逆に、次の日にほうれん草の胡麻和えをお弁当にしたい場合は、夜にもほうれん草の胡麻和えを一品とするという感じです。

そうすると、次の日は一からお弁当の具を作る必要はなく、前日に今日の昼食のために作った食材をレンジで温めるだけで、後は盛りつけるというだけで準備完了となります。もちろん、生野菜やフルーツはその日に準備するのがいいと思います。

メインの料理とご飯は前日に準備

メインとなるおかずは前日に準備するという感じになります。朝に、揚げ物やフライパンを使わないということになります。前日に揚げ物をした場合は、お弁当につめる直前に、アルミシートをオーブントースターにしいて温めれば、サクサク感がまたでてきます。

そうすることで、準備の時間と、洗い物の時間が省けます。メインの食材はお弁当箱につめる直前に電子レンジで温めていれましょう。

いかがですか?最近はお弁当の宅配サービスが流行りつつあります。これを応用して、少しでもお弁当の手間を省くための参考となれば・・ぜひお試しくださいね。

この記事をシェアする

関連記事