• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

”お弁当女子”はモテるって、本当?職場の男性の意見を大公開

Date:2014.06.13

女性のアピールポイントの代表格ともいえる”料理”。なかなかその腕と実力を職場に知らしめる方法というのは正直あまりない。料理が出来る女性にしてみたら、わたしは料理できるんだよ…と少しはアピールしたいですよね。

そこで、せっせと手作りのお弁当をもっていく”お弁当女子”になる女性が急増中なんです。昔よりも大人の女性用のお弁当箱などの品揃えが、どの量販店でも豊富になっています。オシャレなお弁当箱に美味しいおかずを詰めて職場へ。

そんな”お弁当女子”を職場の男性はいったいどう思っているのでしょうか。職種別に男性陣に率直な意見を聞いてみました。普段なかなか聞けない男性の本音を、ここでこっそりチェックしておきましょう。

営業職は、外食しがち…なのにお弁当という努力にポイント高し!

「営業職は、外回りが主ですから…昼食はつい外食や買い食いに頼りがちなのが現実ですね。外回りから帰って、遅めのお昼に手作りのお弁当を食べていた女性の同僚を見て、とても偉いなと感心しました。その子は、なんの変哲も無いよくあるタッパーに、ご飯やおかずをいれていただけですが…それがまた生活感があって、しっかりしてるなと感じたんです。」(30代前半・営業職男性)

昔は男ならではの職種だった営業職の世界にも女性もたくさん就職している今日この頃、ついおろそかになる昼食にしっかりとお弁当を作って持っていく女性に男性は好感を覚えているようですね。

外食や買い食いとなると、やはり塩分や糖分、カロリーが多めになってしまいます。肉体的にも精神的にも過酷な職種に勤めるなか、なんとかご飯を炊いておかずをお弁当箱に詰めるその努力を、男性はちゃんと認めてくれています。

事務職のお弁当女子は、評価が分かれる大きなポイントがあった!

「多いですよね、弁当持ってくる子。でもあれ、なぜか昼休みになると弁当持って他の課の子とかとみんなで群れて一緒に食べるのはどうにかならないのか…気になるところです。お互いの弁当同士のレベルを比べてるのか、ただおしゃべりしたいから群れてるのか、なんなのかは知らないけど…デスクで手作り弁当を一人で食べているような子の方が、自分は好きですね。」(20代前半男性・事務職)

同じようにお弁当を作って持っていっている女性でも、その食べ方で与える印象を大きく変えてしまっている職種が事務職のようです。”お昼ご飯のためにお弁当を用意している”姿勢に男性は惹かれるそう。

友人に自分のお弁当を自慢しているかのような女性のグループを見ると男性は「ゲッ…」と苦手意識を感じてしまうのです。ですから、ここはお弁当を持って毎日のように女性同士群れるのは避けた方が無難でしょう。

体力勝負!自分にも作ってもらいたくなる製造業の男性のキモチ

「わたしの職場には女性がいないんで…実際にお弁当を持ってきている女性を見かけたことがないのですが、職場にちゃんとお弁当を作って持っていくような女性、素敵だと思います。そんな女性と仲良くなって、将来お弁当とか作ってもらえたら最高に幸せです。働くと腹減りますから、ガッチリ胃袋を掴まれてお弁当で癒されてみたいですね。」(20代後半・製造業男性)

この男性は昼と深夜の勤務がまばらにある製造業で働く男性です。女性の同僚がいないそうで実際に見たことはないそうですが、お弁当女子にはとても好感を持っていました。

胃袋を掴むことが恋愛においては必須と昔から言われておりましたが、今の時代もそれはかわらないようですね。

毎日じゃなくたって、”お弁当は作るべき”という結論

毎日続けなくたっていいんです。まずは、やる気が出たときにお弁当を作ってみましょう。1品、冷凍食品でラクをしたって良いじゃないですか。作ることにまず、意味があるのです。

そして料理をするということをまず身近なことにしていきましょう。心にも体にも良い変化が表れるはずです。そして、もっと食べたいものを作りたくなったりして、料理の腕を磨きたいと感じてくるでしょう。

そうなってきたら、まさに女子力アップ!料理の腕が上がるわ、職場の男性からも「お、料理できるんだ!」とさらりとアピールすること大成功です。

この記事をシェアする

関連記事