• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

定番メイクはもう古い!今女性の間で話題のおフェロ顔のやり方

Date:2015.10.04

shutterstock_298075457 - コピー

皆さんは、若さをキープするためにどんなことをしていますか?年齢を重ねても若さをキープするため、ダイエットやバランスの良い食生活など様々な工夫を行っていることでしょう。

毎朝念入りに肌ケアをして見た目を若く見せる努力をしている方も居るでしょうが、定番メイクが古いままですと見た目年齢を上げてしまうことに繋がります。今、女性の間で流行しているメイクを取り入れて簡単に若返ってみませんか?お勧めは、おフェロ顔メイクです。

今回は、今話題になっているおフェロ顔の特徴やメイクのやり方などをご紹介します。

今さら聞けない!雑誌やテレビで話題のおフェロ顔ってどんな顔?

男女から熱い支持を受けているおフェロ顔をご存知ですか?おフェロ顔を取り入れている女子のことをおフェロ女子と呼ぶほど話題になっているおフェロの意味は以下です。

おしゃれ+フェロモン=おフェロ

おフェロは、おしゃれとフェロモンという言葉が融合してできたもので、幾つかの条件があります。

おフェロ顔が成立するための条件とは?

おフェロ顔として成立させるためには2つの条件があります。

  • 血色が良いこと
  • 肌に潤いがあること

では、具体的にはどんなメイク方法をすればおフェロ顔になるのでしょうか。詳しくご紹介していきましょう。

意外と簡単!誰でも出来るおフェロ顔メイクのやり方とは?

おフェロ顔メイクにするためにはベースやパーツごとに必要な化粧品を揃えて、上手に使いこなす必要があります。おフェロ顔にするための手順をご紹介しましょう。

潤い与えるベースメイク

おフェロ顔にするためには、肌の乾燥を予防して潤いを与えることが大切です。メイクをする前に、まずは額や頬だけではなく、唇まで顔のあらゆる部分を保湿しましょう。

保湿効果を高めるためには、化粧水を十分に浸透させてから次のアイテムを使うことです。化粧品を使う順番は、以下です。

  1. 化粧水
  2. 美容液
  3. 乳液

美容液は、肌ケアの最後に使うと思っている方も居るようですが、効果を高めるためには乳液の前に使うことがポイントです。

コットンを水で濡らして軽く絞った後で化粧水を含ませて、顎や目元、額など乾燥が気になる部分に置いて部分的にパックしましょう。保湿をきちんと行った後でベースとなるカラーを肌に馴染ませていきます。

おフェロ顔にお勧めのベースカラーは、ピンク色です。ピンク色の下地は、血色を良くするだけではなく肌のくすみも目立たなくする効果があります。

肌は、年齢を重ねるにつれて透明度が失われていきますが、ピンク色のベースカラーを全体に塗ることで透き通る肌に見せることが可能です。

下地なのでつけすぎ無いように指を使って顔に馴染ませるだけでも十分ですが、パフを使うことで毛穴を隠す効果があるので、是非使ってみて下さい。下地を塗り終えたら、クマやシミなど気になる部分にコンシーラーを塗って、再びパフで馴染ませましょう。

おフェロ顔に限らず目力を左右するアイメイク

アイメイクは、チップを使わずに指で馴染ませることで自然な仕上がりになります。まずは、パール系のアイシャドウを指でまぶた全体に馴染ませて艶感を出してから、ピンクやオレンジなどの優しいカラーをまぶたににじませるように広げます。

その後、アイライナーを引きますが、おフェロ顔の場合には目尻を伸ばして目元を強調するタイプではなく、目元のラインをぼんやり見せるペンシルタイプをお勧めします。

カラーは目元の印象を強くするブラックではなく、馴染ませることで自然に見せるブラウンが良いでしょう。

まつ毛を埋めるようにアイラインを引いたら、指や綿棒を使って線をぼかしましょう。下まぶたの涙袋には、ラメを乗せて潤い感と艶感を足してもおフェロ顔に似合います。

ピュアな印象を与えるハイライト

ハイライトを入れることでピュア感がアップしますので、おフェロ顔には欠かせません。大きめの筆に適量のハイライトパウダーを取って、以下の箇所に塗っていきましょう。

  • Tゾーンや顎の下
  • 目の周り
  • 鼻の脇

ハイライトによって透明感が高まり、触れたくなる肌に見せることが出来るでしょう。

血色良く、可愛さをプラスするチークメイク

火照った印象や血色が良い健康的な印象を与えることでおフェロ顔に見えます。そこでお勧めのメイクは、チークを使うことです。チークについている筆やパフではなく指先を使うことがポイントです。

湯上りの肌を思い出していただくとわかりやすいでしょう。頬全体の血色が良くなるように、指でチークをにじませていきましょう。指を数本使うのではなく、1本だけ使って叩くように広げていくと馴染みやすいでしょう。

チークが濃いと化粧したという印象が強くなるので、これから塗るリップよりはやや控えめ程度の濃さに留めましょう。

潤いと若さ溢れるリップメイク

リップラインも肌と同様に潤いがポイントですから、リップメイクの前には必ずリップクリームを塗りましょう。乾燥が酷い時には、リップクリームを塗ってからラップを乗せてしばらくパックするという手もあります。

おフェロ顔のリップラインはあまり強調せず、艶と潤いを引き出すことが大切です。おフェロ顔の定番のリップカラーはピンク色です。保湿したリップライン全体に馴染ませますが、まずは中心部にリップカラーを乗せて、指を使って全体へ広げていきましょう

中心部を濃くして徐々に薄くなるように伸ばすことでグラデーションリップを作ることも可能です。

リップカラーを綺麗に発色させたい場合には、保湿後にコンシーラーで消すという方法もあります。コンシーラーを使うことでリップカラーが取れにくくなりますので、リップラインの化粧直し回数が減るでしょう。

これさえあればおフェロ顔も簡単!メイクにオススメのアイテムとは?

おフェロ顔メイクのやり方についてご紹介しましたが、ここではおフェロメイクしやすくなるお勧めのアイテムをご紹介します。

血色アップのクリームチーク

チークと言えばパウダー状の商品が多いですが、最近ではクリーム状で柔らかいクリームチークも販売されています。クリームチークは、粉っぽくならないので潤い感を出したい時や艶々の頬感を出したい時にお勧めです。

ナチュラルに伸びるのでおフェロ顔初心者にもお勧めのアイテムのクリームチークは、内側から外側へ広げていくと上手く発色します。頬の3か所程度にクリームチークを乗せてから指で馴染ませていくと良いでしょう。

肌色を手軽に変えるコントロールカラー

おフェロ顔には、ピンク色のベースカラーをお勧めしましたが、コントロールカラーは他にもあります。例えば、ニキビの後やシミが気になる場合には、コンシーラーの前にイエローのコントロールカラーを使うことで肌色を均一にすることが出来ます。

この他にも血色が良すぎる場合には、ブルーのコントロールカラーを使うことで適度に赤みがある顔になりますし、美白効果や透明感アップ効果もあります。

特に夏場は、おフェロ顔メイクによって暑苦しさが出てしまうこともあるので、ベースカラーをピンクだけではなくブルーも併用することで涼しげなおフェロ顔にすることが出来ます。

ベースメイク時に、ブルーをTゾーンや鼻の周辺、顎に塗って、その他の部分にはピンクを塗ってみてはいかがでしょうか。

機能性抜群のクレヨンリップ

落ちにくさと書きやすさから人気が出ているクレヨンリップは、唇に潤いと鮮やかな発色を与えるアイテムです。クレヨンリップは、様々な機能を持つ優秀なアイテムでおフェロ顔に欠かせない軽い仕上がりを実現できます。クレヨンリップの主な機能は以下です。

  • リップライナー
  • グロス
  • 口紅

クレヨンリップは、その名の通りクレヨン型なので、ペン先でリップラインを描くことが出来ますし、ペン先全体を使えばあっという間にリップメイクが完成します。

おフェロ顔には、マット感ではなく艶感を出すクレヨンリップがお勧めです。名のある化粧品ブランドだけではなく100円均一のお店でも販売されていますので、おフェロ顔にお勧めのピンク色を探してみてはいかがでしょうか。

メイクだけでは完成しない!おフェロ顔に合うヘアスタイルとは?

おフェロ顔に合うヘアスタイルは、あまり手を加えていることを感じさせないことです。アイロンを使ってしっかり巻く、ジェルやスプレーで固めるなどは、ルーズ感が失われてしまうのであまりお勧めできません。

緩いウエーブや空気感が出るヘアスタイルにすることで、おフェロ顔に合う自然なヘアスタイルになるでしょう。

ショートヘアでもロングヘアでも、毛先に動きを付けて遊ばせることで自然な感じが出ますので、エアリー感が出るワックスやスプレーを使ってみてはいかがでしょうか。

また、おフェロ顔のおフェロ女子になるためには、ヘアスタイルだけではなくファッションでもポイントがあります。ボディーラインを意識して、適度に露出をすることです。フェロモンを出すためには、肩やデコルテなどを適度に出す必要があります。

可愛いだけじゃなく適度に露出があることで、おフェロ顔に合うファッションになりますので、女性らしさが出るウエストやヒップ部分を強調するパンツスタイルもお勧めです。

定番メイクからの卒業!話題のおフェロ顔で実年齢より若くなろう!

shutterstock_209698510 - コピー
おフェロ顔は、潤い重視のメイクなので保湿効果によって肌の若返りが期待できます。肌は、乾燥によって劣化しやすいので、メイク前に肌コンディションを整えることやリキッド状のコンシーラーによって潤いが保たれます

また、チークやリップをピンク色にすることでくすみが消えて血色がアップし、実年齢より肌を若々しく見せることが出来るでしょう。

定番メイクは、手慣れているでしょうから忙しい朝でも手軽に出来ますが、肌も年齢と同じく歳を重ねていくので、年齢に応じてメイクアイテムやメイク方法を変えていく必要があるでしょう。

話題のおフェロ顔を取り入れることで、新鮮な気持ちになることは心の若返りにも繋がるでしょうから、最近同じメイクばかりという方はこの機会におフェロ顔を試してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事

コメント