• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

オフィスでこっそりダイエット。仕事しながらできるエクササイズ

Date:2014.11.21

いまどきの憧れボディはメリハリ。それは運動やエクササイズなしでは手に入れることはできません。健康的にダイエットしたいけれど、面倒くさい、忙しくて時間が取れないとお悩みの女性も多いのではないでしょうか。

それならオフィスにいる時間をダイエットの時間に当ててみましょう。もちろん見た目にはエクササイズをしていることはわからなければ続けることもできますよね。

それなら時間を有効活用して引き締まったボディを作ることができるかもしれませんね。その方法をいくつか紹介していきます。

腹筋、背筋を引き締めるエクササイズ

椅子の座り方がダイエットに実は大きく影響しているのです。座り方を意識するだけでエクササイズ効果が格段にアップします。オフィスでの大半をデスクワークで過ごす方は是非この方法を実践してみてください。

背もたれがついている椅子を使っていると思いますが、それに頼ってはいけません。なるべく椅子に浅く腰掛けましょう。そして背もたれとはテニスボール2つ程の距離を保ちます。この姿勢を保つことで腹筋と背筋が鍛えられるのです。ぽっこりしたお腹が気になる方は是非やってみましょう。

次に足です。椅子に座っている時、足は組んではいけません。両ひざをぴったりとくっつけた状態を保ちましょう。これは骨盤を引き締めるためです。骨盤ダイエットがブームになりましたよね。

骨盤が開くとお尻が大きく見えます。また代謝機能にも影響が出ます。両ひざをくっつけると骨盤が引き締まります。同時に太ももの筋肉が鍛えられます。

ちょっと余裕が出てきたら、足上げを実践してみましょう。床から足を少し浮かせてその状態を保ちます。そうするとさらに腹筋が使われますのでエクササイズ効果が高まります。

脚を引き締めるエクササイズ

デスクワーク中心でもオフィス内を歩く機会も出てきますよね。別の部署の方に用がある、コピーやファックスを使用する、来客の対応をするなどして少しでも歩くことがでてくるはずです。その時も絶好のエクササイズチャンスなのです。

歩き方を意識しましょう。普段は無意識に歩いていると思います。引き締め効果を意識して歩くだけでいいのです。

例えばお腹、背中、脚の筋肉を使うイメージで歩いてみましょう。それだけでもだいぶ歩き方が変わってくるはずです。わずかな時間かもしれませんがそれだけでもエクササイズの効果が得られますよ。

立っている時間も有効活用

コピーを取る、ファックスを送るとき、少しの時間立って過ごすこともありますよね。その時間も有効活用しましょう。かかとを上げる運動をやってみましょう。待っている時間にかかとを上げたり下げたりを繰り返します。お尻と足の引き締め効果が得られます。

仕事をしながら効率よくダイエットを

ダイエットエクササイズは続けることが大切です。仕事をしていると運動する時間を作るのは思った以上に大変です。運動がストレスになるのでは長続きも難しくなりますよね。オフィスでのエクササイズなら簡単でしかも効率よく実行できますよ。

この記事をシェアする

関連記事