• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

オイルプリング専用オイルも続々!オイルうがいの効果とは

Date:2016.05.01

shutterstock_149059487ハリウッド女優やトップモデルが美容法として紹介したことで、一躍有名になった「オイルプリング」。

ごま油やココナッツオイルなどの植物系オイルを口に含みうがいをする「オイルうがい」のことですが、ゴマ油によるうがいは3000年も昔からインドで行われていた美容・健康法。

安全で確かな効果があることから、一過性の流行でなく継続して生活に取り入れる人も。

オイルプリング専用のオイルも登場し、ますます取り入れやすくなったオイルプリングを改めて紹介します。

美容・健康効果がいっぱい!オイルプリングとは

古代インドでは「ガンドゥーシャ」と呼ばれていたオイルプリング。オイルを口に含んでブクブクうがいするだけの、簡単・安全な美容・健康法です。

オイルプリングのやり方

ゴマ油やココナッツオイルなどの植物系オイルを使用します。

植物系オイルならなんでもよいそうなのですが、香りやベットリ感などがうがいに向かないものもあります。人気のごま油、ココナッツオイルが無難です。

【オイルプリングのやり方】

  1. 唾液が出やすくなるように、水を飲んでおきます
  2. 小さじ1杯~大さじ1杯程度のオイルを口に含みます
  3. しばらくはブクブクせず、口の中にまんべんなく行き渡らせます
  4. 唾液が出てきたら、歯の裏側、隙間、歯肉、咽頭などにオイルをしっかり浸透させるようにブクブクうがいをします
  5. 最後は、オイルをティッシュ等に吐きだしてください。そのまま流してしまうと配管がつまることがあります
  6. 水やお湯でうがいをして終了です。口の中が気持ち悪い人は塩水でうがいをしてもよいでしょう

うがいは15~20分程度できるようになると効果も出やすいようですが、最初は短い時間から。徐々に延ばして行くとよいでしょう。

できれば朝起きてすぐ。空腹の状態で行ってください。うがい後のオイルは汚れがいっぱいなので決して飲み込まないでくださいね。

オイルプリングの効果・効能

オイルプリングの効果は使うオイルにもよりますが、

  • 歯の老化防止
  • 歯周病予防・歯茎の強化
  • 口内炎
  • 口臭予防・改善
  • 歯のホワイトニング効果
  • 顔の皺予防・リフトアップ
  • 免疫力の向上
  • デトックス効果

など。

アーユルヴェーダでは、睡眠中に皮膚や口腔内に体内の老廃物が出てくると考えられているそうです。

朝一番にオイルプリングをすることで、老廃物をきれいに流し去る効果が期待できます。

また、ゴマ油などのオイルは、経口摂取よりも舌の裏や口の中の粘膜から経皮摂取する方が吸収力が高いという話も。口の中の粘膜からオイルが入り込むことで、毒素の排出を促してくれる効果があるそうです。

口の中への働きかけ、口の中の粘膜から全身への働きかけで、さまざまな効果を発揮するオイルプリング。

  • 美肌効果
  • 花粉・喘息などアレルギー症状改善効果
  • 白髪・薄毛などの予防・改善効果
  • 鼻づまり・副鼻腔炎の症状改善効果

などの声もあります。

オイルプリングの好転反応について

体によい効果だらけのオイルプリングですが、その効果の表れ方は人によってさまざまです。

すんなり体中が良い方向に向かう人もいれば、「好転反応」といって、いったんは良いとは思えない症状が現れたりすることもあります。

  • だるさ・眠気
  • ほてり
  • 発熱
  • 湿疹・吹き出物
  • 下痢
  • 口内炎
  • 吐き気
  • かゆみ

人それぞれ、体の弱い部分に反応が出るようですが、それが好転反応であれば一時的なもの。症状が収まると体が良い方向に動き始めます。

ただ、好転反応なのか、そうでない(たとえば使用しているオイルが体質に合わないなど)のか、判断が難しいところです。

数日経っても症状に変化がない場合、症状が辛すぎる場合は、念のため中断することをおすすめします。

オイルプリングにごま油を使用する場合の注意事項

オイルプリングに使うごま油は、普段調理に使う茶色いごま油ではありません。「白ごま油」を使います。

また、ごま油は使用前に、キュアリング(加熱処理)を行うことをおすすめします。

ごま油には抗酸化物質として注目されているゴマリグナン(セサミン・セサモール・セサモリン・セサミノール)が含まれていますが、このうち、セサモリンが変化したセサモールという物質は加熱することで含有量が増えます。

セサモールをしっかり増やし、皮膚から吸収しやすくするために、キュアリングは必要なのです。

効果面だけではありません。

キュアリングを行えば、ゴマ特有のにおいはほとんどなくなり、サラッとした使用感になるため、オイルプリングに使いやすいオイルになるのです。

【キュアリングのやり方】

  1. お鍋に移した白ごま油を火にかけます(蓋はしないように!)
  2. かき混ぜながらムラなく加熱します
  3. 温度計で確認しながら加熱し、100℃くらいになったら火からおろします
  4. オイルをよく冷ましてから、密閉ボトルに移します

火からおろした油は余熱で温度が上がります。120℃以上になると有害な物質が生成されるため、温度に気をつけてください。

オイルプリング専用のオイルがおすすめ!

オイルプリングに使用するオイルは植物系オイルならなんでもよいという風に言われていますが、それでも口に含んでオイル臭かったり、ベトベト感が気持ち悪くて「オエッ」となってしまっては長く続けることができません。

オイルの中で人気なのは「バージンココナッツオイル」や「白ごま油」ですが、最近ではオイルプリング専用のオイルが使いやすいと評判です。

オイル臭さが苦手な人におすすめ!シムシム セサミオイルプリング

シムシムのセサミオイルプリングは、国内の老舗ごま油メーカーにおいて低温圧搾法でじっくり抽出。

その後、キュアリング加工もされているため、オイル独特のベタベタ感もなく、サラッと口に含みやすくなっています。

また、ペパーミント・ティーツリー油・ユーカリ油を加えているため、スーッとしたさわやかな香りが口の中に広がり、気持ちよくうがいを続けることができます。

うがいに必要なオイルも5mlと少量。

うがい時間も3分程度でいいため、日々の負担になることなく、オイルプリングを継続することができます!
オイルプリングシムシムの商品画像

「オイルプリング – シムシムジャパン」
http://www.simsimjapan.com/fs/sesameoil/c/oilpulling

使い切りのパッケージも登場!

毎回、新鮮なオイルでどこでも簡単にオイルプリングできるように、使い切りサイズの商品が登場しています。

○「レイナチュ ココナッツオイルプリング」

国際的な認証機関で認定を受けたオーガニックバージンココナッツオイル100%!

科学的な精製を行うことなく、油分が酸化しにくい低温圧搾法にて抽出し、1回分ずつパッキングしています。

アルミニウム製のパッケージは、光・空気を遮断!防腐剤無添加でも工場出荷時の状態を長期間キープします。
ココナッツオイルプリングの商品画像

「ココナッツオイルプリング – レイナチュSHOP」
http://www.reinachu.jp/shopdetail/000000000049/

○ココホワイト (COCOWHITE) Assorted Flavours

使用オイルはもちろん100%天然成分。こちらも一回使い切りサイズですが、14袋セットでの購入になります。

ただ、味がミント、レモン、バニラと3種類(ミント×5、レモン×5、バニラ×4のセット)!ココナッツオイルの苦味を抑え、美味しさを求めたオイルプリングが登場しました。

「今日はどの味にしよう」と楽しく続けられるオイルです。
ココホワイトの商品画像

「ココホワイト (COCOWHITE) Assorted Flavours 14袋入 健康 デンタルケア デンタルリンス オイルプリング ホワイトニング – Beauty Studio VOGA」
http://item.rakuten.co.jp/beautystudiovoga/10001175/

使いきりサイズは、冬場など寒さでオイルが固まってしまっても、パッケージごと湯煎ができるため便利です!

まずくないオイルの登場で挑戦する人も増えそう!

「オイルを口に含んだままブクブクうがい」を想像しただけでオエッとなってしまって、美容・健康にいいと聞いても、なかなか挑戦できずにいた人もたくさんいるのではないでしょうか。

かくいう私もそうなのですが、オイルプリング専用のオイルが登場したことで、「まずくなさそう!」「これなら私も続けられそう!」と一気にやりたい気持ちが増してきました!

歯を白くしたり、体質を変えたりすることは、今日やって明日結果の出るようなものではないため、とにかく長期間続けられるかどうかが重要です。

オイルに苦手意識がある人も、専用オイルなら続けられるかもしれません!

毎日歯を磨くように、オイルプリングを日常化して、美しさと健康を手に入れましょう!

この記事をシェアする

関連記事

コメント