• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

結婚したらヤバい!お金のことで不安にさせられそうな男性の特徴

Date:2014.10.22

付き合っているときには魅力的な男性でも、結婚したら苦労させられたら困りますよね。

結婚生活で、女性が不安を感じたり苦労をしたりすることの原因のひとつは、やはり夫となる人のお金の使い方であることも多いものです。

そこで、「こんな男性と結婚したら、お金のことでいつも不安な結婚生活になりそう…」という危険な男性の特徴を挙げてみたいと思います。

お金を持っている分だけ目一杯使ってしまう男性

財布にお金を入れてきた分だけ目一杯その日のうちに使ってしまう男性や、給料や臨時収入が入ったら入った分だけ使ってしまう男性は、計画性がなく貯金が出来ないタイプであると思われます。

結婚してこのような使い方を改めてくれるのなら良いのですが、金銭感覚はなかなか変えられないものでもありますから、お付き合いしているうちに「旅行の費用をお互いに貯めない?」など何度か提案して、実行してくれるかどうかをテストしておいた方が良さそうです。

もし目的を訴えても貯めようとしてくれなければ、結婚後にマイホームの資金や子どもの教育資金などを貯めることに苦労しそうです。

パチンコ、競輪、競馬、競艇だけじゃない!株やFXも危険性が

一般的に、ギャンブルのようなものとして認識されているものといえば、パチンコや競輪、競馬、競艇があり、これらにのめり込んでいる人と結婚したいと考えるのは、誰でも危険だと分かるはずです。

その一方で、株やFXを行なっている男性に対しては、ギャンブルじゃなく投資だから…ということで、そこまで危険視はしないかもしれません。

しかし、問題なのはそのやり方で、やはり株やFX、商品先物取引なども、投機的なやり方をしていると、あっという間に損失が膨らむことは多々あります。

もし、これらの金融商品の売買を行なっていることが分かったら、「どんな投資スタイルなの?」と質問してみることをおすすめします。

借金を軽く考えている!キャッシングカードを持っていたら注意

ちょっと手持ちのお金が少なくなると、すぐにキャッシングをしてお金を調達する男性は要注意です。

最近では、審査も簡単に行なえることから、気軽にキャッシング用のカードを作って利用する人も増えているようですが、これはやはり利息もかかってくる借金なのだという自覚が足りない場合があります。

そんな自覚が少なく、簡単にお金を借りている男性は、気づいたら雪だるま式に借金がかさんでいたということが少なくありません。この場合、借りるのは簡単でも返すのは大変なことになります。

デートする際などに、キャッシングカードを持っているのを見てしまったり、あろうことかデートの最中に「お金が足りなくなったからキャッシングしてくるね」などと言う男性(実際にいます!)には、一度借金についてどのように考えているのか、聞いてみた方が良いかもしれません。

中には、結婚してしまってから借金があったことが分かる場合もあります。そのような男性は結婚してもコッソリ借金をする可能性も高く、そうなれば結婚生活が維持出来なくなる危険もありますから、付き合っている時からの見極めが大切になるのです。

また、業者相手の借金ではなくても、彼女に対して何かと「ちょっとお金貸して」と平気で言ってくるような男性も、相当厚かましいか恥知らずと思われますから、結婚してもお金で苦労させられそうです。

実家が裕福で欲しいものは何でも買ってもらえた男性

実家が比較的裕福であったり、親が甘やかしているなと感じたら、本人の生活の様子をよくチェックしてみましょう。実家が裕福でも、自分自身ではさほど経済力がないにもかかわらず、それでもなんとなく自分はお金を持っている気になってしまう人もいます。

裕福に暮らしていた子ども時代の延長で、自分の収入以上の支出もためらわず行なっている様子が見られたら要注意です。この場合、いざとなったら親に頼ればなんとかなる、と考えていることも伺えます。

このような男性は、お金で苦労をしていないためか、往々にして自分でお金を貯めていくという考えも持ちあわせていなさそうです。

結婚前はたくさんお金を使ってくれて楽しいデートが出来るかもしれませんが、長い結婚生活を送っていく上でいつまでも親に甘えたり、妻になった女性にも頼ったりして何かと不安やストレスが溜まりそうな男性です。

他力本願や依存傾向があり自分の経済力を客観的に把握出来ない

以上に挙げた男性は、いずれも自分の経済力を客観的に把握することが出来ずに、自分が稼ぐ以上にお金を使ってしまうタイプだと言えそうです。

そのような男性と結婚すれば、やはり一番身近である配偶者が様々な苦労を背負うことになってしまいますから、結婚する前にしっかりと見極めたいですね。

この記事をシェアする

関連記事