• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

お金ない彼氏に注意!将来結婚したいなら改善すべきポイントとは

Date:2015.01.20

shutterstock_16350094_

「お金ない」が口癖の彼氏と付き合っている方は居ませんか?お金がないと言いつつもデート代の支払いやプレゼントなど、あなたを困らせないようにお金を出してくれる彼氏であれば問題ないでしょう。

しかし、実際にお金がなくて友達や彼女であるあなたからお金を借りる彼氏の場合は、早いうちに現状を改善することをお勧めします。

今回は、付き合っている彼氏と将来結婚を考えているのなら改善しておくべきポイントを4人の女性から教えてもらいましょう。

ギャンブル好き彼氏を改善したIさん

Iさん(24歳)の彼氏は、付き合った時には既にパチスロにハマっていたと言います。結婚を考えるようになったIさんは、どんな風に彼氏を変えたのでしょうか。

「彼氏のパチスロ好きは付き合った時からだったので、特に気にしていませんでした。実際に彼氏に連れられてパチンコ店へ行くと、台の音やイルミネーションも楽しくて1万円が5万円になることもあり、楽しいしストレス発散できるので私自身もハマった時期がありました。

しかし、勝てたのは最初だけでしばらくすると負けが続き、全然楽しめなくなったので止めました。彼氏にも止めるように言ったのですが、パチスロ歴5年以上の彼氏は仕事終わりと土日にパチスロすることが日課になっていたのでダメでした。

友達からもお金を借りているようで、『勝たなきゃ返済できないだろ』と怒られてしまい、私の話は全く聞いてもらえませんでした。

彼氏といずれは結婚を考えていたので、結婚後もこんな風にパチスロ通いされたら嫌だと思い、あるデートプランを考えたのです。それは、千円で楽しめるデートです。『あと千円だけ』と惜しみなくお金を使う彼氏に、千円の大切さを知ってもらいたかったからです。

お弁当を手作りし、水筒には味噌汁を入れて、レジャーシートを持って森林浴が楽しめそうな山へ連れて行ったのです。初めは、全然乗り気ではなかったのですが、景色や空気、川のせせらぎなどを眺めながらお弁当を食べていたら、『静かでいいな』と彼氏が呟いたのです。

お弁当にかかったお金が千円であること、パチスロ場よりも自然のある場所のほうが時間はゆっくり流れていてマイナスイオンでストレス解消できることなど話すと、『そうだな』とやっと話を聞いてくれて、『今までパチスロに費やした時間とお金、無駄だったなぁ。パチスロの借金はパチスロじゃなく、働いて返すよ』とパチスロ卒業宣言をしてくれたのです。

その後は、『パチスロオープンイベントだから今日は無理』とデートを断られることも無くなり、二人でドライブや料理など普通のカップルとしてデートを楽しめるようになり、今は結婚に向けて資料集めを始めたところです」。

ポイント

ギャンブルにハマる男性は、時間とお金の大切さを気づかせよう。

おしゃれに出費を惜しまない彼氏を改善したNさん

付き合って2年になる彼氏が買い物好きで困っていたNさん(28歳)は、どんな方法で彼氏を変えたのでしょうか。

「私の彼氏はブランド好きで、時計やバッグなどボーナスが入る度に新調し、服も流行を意識していて、季節ごとに総入れ替えするほどのおしゃれ好きでした。付き合っている時は、いつもおしゃれな彼氏のことが大好きで、誰に合わせても恥ずかしくない男性でした。

しかし、あることをきっかけに彼氏のお金の使い方が気になるようになったのです。それは同棲を決めた時です。お互いに一人暮らしなので、一緒に暮らせば家賃が半額になるということで同棲するための物件探しを始めたのですが、生活費を計算している時に問題が発生したのです。

彼氏のほうが私よりもお給料が良いのに、なぜか家賃に出せるお金が少なくて、不思議に思って聞いてみると、『お給料のほとんどは服に使っている』と言われたのです。食費や光熱費も服やブランドアイテムのために我慢しているようで、一緒に暮らすと私のほうがお金の負担がかかる計算になったのです。

引っ越し費用さえ出すことが難しいというので、同棲する前にお互いに不用品を出してどれだけお金になるか査定してもらうことにしたのです。

彼氏は『俺のほうはブランドばかりだから高値になる』と言っていたのですが、1品につき数千円か数百円にしかならず、私のほうはノーブランドなのでほとんど無料で持って行ってもらう感じになりました。査定の人には、『ブランドでも服には流行があるので、その時期が終われば価値はぐっと下がる』と言われました。

もう着なくなった服や使わないバッグでも価値があると思っていた彼氏はとても落ち込んでいましたが、『いつか売ればお金になると思って買っていたが、そうじゃなかったのだね』と無駄遣いだったとわかってくれて、それからは長く使える物を買うようになり出費は減りました。

売ったお金は引っ越し費用へまわし、家賃も光熱費も折半になりましたが、無駄遣いをしなくなった彼氏は貯金する余裕ができたようで、半年に一度程度ですが旅行へ連れてってくれるようにもなりました」。

ポイント

流行やその時の気分で購入した物は、いずれ無価値で無駄な物になることを自覚させよう。

おごり癖のある彼氏を改善したEさん

5歳年上の彼氏と付き合っているEさん(30歳)は、飲み会好きでお給料のほとんどを飲み会に使っていたことに悩んでいたそうです。

「私より年上でそれなりに収入もあるのですが、足りなくなると消費者金融から借りていて返済はまだ滞ったことが無いと言っていましたが、そこまでしてお酒を飲んで欲しくないし将来結婚するならもう少しお金のことを考えて欲しいと思っていました。

そこでどんな風にお酒を飲んでいるのか飲み会へ参加してみたら、自分はあまり飲んでいないのですが周りにおごるという癖が原因でお金が足りなくなるとわかりました。

酔えば気分が良くなって懐が大きくなるし、年齢的にご馳走したいという気持ちはわかるのですが、自分の首を絞めてまでお金を出す必要はないと思いますし、結婚していたら家庭のために飲み会だって控えて欲しいので、結婚を話題にする良い機会だと思って将来について真剣に話し合ってみたのです。

貯金額を聞いてみると『ゼロ』と言われてしまい、結婚したら貯金は必要だし、私が育児で働けなくなったら生活費や保険料などは全て負担してもらうことなど話してみると、生活を改めると約束してくれたのです。

その後は、飲み会へ行ってもおごる回数が減り、自宅で飲むことが増えたようですが消費者金融から借りることは完全に止めてくれて、少しずつですが貯金もしてくれるようになりました」。

ポイント

将来にかかるお金や必要最低限入っておくべき保険などの話をして、貯金の必要性を理解してもらおう。

親からお金を借り続ける彼氏を改善したRさん

付き合って1年になる彼氏と付き合っているRさん(27歳)は、彼氏が親からお金を借り続けることに困っていたと言います。

「彼氏は私と同い年なのですが、公務員なのでそれなりに安定した収入がありました。でも、そのほとんどを趣味の車とバイクの手入れやカスタマイズに費やしていたのです。自分のお給料は趣味代、親からのお金は生活費と分けていました。独身で若い今はそれでも良いかもしれませんが、永久に続けることは無理ですよね。

だから、『いずれ結婚したら、親から援助を受けて生活することはおかしいし、私はそんな生活は嫌。もう養ってもらわなくちゃ生きられない子供じゃないのだから、自分の力だけで生活できるように出費を減らしたほうが良くない?』と提案してみたのです。

最初は『俺の金だから好きにしていいだろう』と聞く耳を持ってもらえませんでしたが、親に頼っていると援助が無くなった時に生活できなくなることや結婚したらそんなに趣味にお金をかけられないことなどを何度も繰り返し話しました。

すると彼氏はそのことを親に相談したらしく、『親からお前の彼女が正しいからもうお金を貸さないと言われた』と自分のお給料だけで生活すると決めてくれたのです。車は残りましたが、まずはバイクを手放してくれて趣味に割いていた時間を私へくれるようになり大満足です。

あとは結婚の話が出ればと期待していますが、今回のことで彼氏の親の私に対する評価が上がったようですし、援助が無くなっただけでも成果なので気長に待とうと思っています」。

ポイント

親の援助はいずれなくなるので、一人の大人として生きる覚悟をさせよう。

お金は収入と支出のバランスが大切!

ご紹介した通り、彼氏のお金の使い方に悩んでいた女性たちは、それぞれに合った方法によって改善させることができたようです。借金がある、常にお金に困っているなど、金銭問題を彼氏が抱えて居る場合は、その原因を特定することが解決に繋がるでしょう

お金が無くても愛さえあれば生きていけると言いたいところですが、現実的に考えれば生きるためには家賃や食費、光熱費、保険も必要です。男性は具体的な数字を見せることで現状を理解しやすいようです。

夢見がちな彼氏と結婚を考えている場合は、実際に結婚式や披露宴、新婚旅行、子供の養育費など、これから先かかる費用を見せてお金の使い方を改めてもらってはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事