• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

お金が貯まらないと嘆く人は貯める方法を今すぐ見直そう!

Date:2013.04.24

「節約しているつもりだけれどお金が貯まらない・・・」という方は居ませんか。もしかしたら貯める方法が間違っているかもしれませんよ。今回は出費を抑えて貯金する方法をご紹介します。

出費の原因を明らかにする

まずは出費の原因を明らかにしましょう。光熱費の中でもガス代が高い場合は、湯船に入る回数を減らしシャワー時間も短縮する。

服や靴など身の回りの物の出費が多い場合には、必要な場合のみ購入する。外食や飲み会などが多くて食費が高い場合は、家で料理する日やお弁当を持って行く日を作る。この他にも見直してみると意外とお金をかけていることを発見することが出来るはずです。

毎朝何気なく購入するコーヒーも、月単位で計算すると意外と出費していることに気づくでしょう。何に出費しているのかわからない場合は、出費を把握する為にお勧めの方法は家計簿をつけることをお勧めします。

項目ごとに記入し、支出が明らかになったら不要な物を削って節約を目指しましょう。

お給料日を貯金日に決める

貯金をする際、一カ月生活して残った分をまわすという方が多いようですが、この方法は残らない場合にはその月の貯金額が0円になってしまいます。

貯金する日はお給料日と決めておいて、その日のうちに貯金専用の通帳へ入金しましょう。初めから多めに入金せず、無理のない金額から始めることが長続きさせるコツです。

目標を決めてお金を貯める

お金を貯めるなら何か願い事を託してみてはいかがでしょうか。「あと○○円に貯まったらブランドのバッグを買う」など出費する目標を立てると、貯金額が減少してしまいます。

ですから、「あと○○円貯まったら痩せますように」「あと○○円貯まったら素敵な出逢いがありますように」など願かけしてみましょう。願いが叶わなくてもお金は確実に貯まるので是非お試しください。

足りないのなら働く

支出を見直し、節約しても貯金出来るお金が無いという場合は、現在の収入では足りないことが考えられます。可能なら転職や副業などして働いてお金を稼ぎましょう。

働く余裕が無い方は、家にある物で売れそうな服やバッグをネットオークションへ出す方法があります。手続きや写真のアップ、商品説明など面倒なことがありますが、ブランド物や珍しい物であれば高く売れるかもしれません。

未来を夢見る貯金が苦に?!

最近、子供の将来や老後を考えて貯金する方が増えています。未来を優先するあまり今が疎かになってしまう可能性もありますので、自分や家族を苦しめる節約や現実的ではない目標額の貯金などにはお気をつけください。

この記事をシェアする

関連記事